建築基準法

老朽化対策

容積率オーバー物件の問題点は?罰則と融資への影響を徹底解説!

建築基準法では、敷地面積に対する建築面積(建ぺい率)や延べ床面積(容積率)の上限値が定められています。建ぺい率と容積率の仕組みや容積率オーバーの物件の特徴について解説します。
老朽化対策

地震保険は加入する意味無し?出費を防いで大切な資産を守るには?

日本に住んでいる以上、地震の脅威から逃れることはできません。 過去10年間だけでも東日本大震災(2011年3月11日)や熊本地震(2016年4月14日)のような大規模な地震が立て続けに発生しています。 地震から建物を守るには 日本はこれまで...
住宅全般

やっぱり難易度が高い?投資対象としてのシェアハウスについて考えてみました

今年(2018年)に「かぼちゃの馬車」の問題で話題になったシェアハウスについて調べてみました。投資対象としての面白さや考えられるメリットやデメリットなどをまとめています。
雑記

FP試験を受ける上で必要となる不動産の基礎知識

不動産の分野では不動産登記の仕組みつかみ不動産の価格を整理する必要があります。 また建築基準法を中心にその他の法令を理解し、各種税金についてもしっかり把握しなければいけません。 不動産の見方 不動産とは「土地およびその定義物のこと」です。定...
雑記

ファイナンシャルプランナー3級は簡単?試験範囲と難易度を徹底解説

先日、予定通りファイナンシャルプランナー3級の試験を受験して来ました。僕は大阪での受験で試験会場は大阪大学の豊中キャンパスでした。 そもそもファイナンシャルプランナーとは ファイナンシャルプランナーとは、顧客(相談者)の方のライフプラン上の...
雑記

初心者が独学で日本FP協会国内ライセンスのAFPを取得するまで

先日、日本FP協会の国内ライセンスAFPを取得しました。 これまでファイナンシャルプランナーについて勉強しようと思った経緯や試験対策などについて簡単にまとめてみたいと思います。 そもそもファイナンシャルプランナーとは ファイナンシャルプラン...
老朽化対策

旧耐震基準と新耐震基準の違いは?特徴を理解して安定した賃貸経営を目指そう

日本は世界の中でも有名な地震大国です。 そのため「ある程度の規模の地震にも耐えられるような物件」を所有することが大切です。 「建物がどの程度の地震にまで耐えられるのか?」を判断する上で重要なのが「耐震基準」です。 この記事では建物の耐久性を...
老朽化対策

建築中だからこそできる住宅の品質チェック項目

注文住宅を建てる時や中古物件でも気になる住宅を見極める際は施工精度や品質チェックを行う必要があります。 不動産業に精通していない素人では中々どこを見れば良いか難しいと思いますが、 物件の品質を見極める観点はそこまで多くはありません。 中でも...
融資戦略

金融機関から紹介された物件を安易に購入してはいけない理由

投資用物件を購入するにはさまざまなハードルを乗り越えなければいけませんが、中でも大きなポイントになるのが「金融機関からの融資」の問題です。 優れた投資用物件を見つけることは「安定した賃貸経営を継続させる」ためにはとても重要なことであり、賃貸...
不動産会社

レントロールの重要性?一棟アパート購入前のチェック項目とは?

一棟アパートや一棟マンションでの賃貸経営では、区分マンションと比べて、投資の規模も販売価格も大きくなります。 区分マンションを購入する場合なら購入対象となる部屋の情報を中心に検討を進めることになりますが、一棟物件の場合、小規模な物件でも3戸...
老朽化対策

耐震?制震?免震?地震対策の構造形式の違いを解説します!

日本は地震大国と言われています。 これまでも大規模な地震が発生するたびに耐震基準が見直されてきてきました。 1995年に発生した阪神淡路大震災では新建築基準で建てられた建物は被害が少なかったため「新耐震基準の建物は安全だ」と考えれていました...
老朽化対策

液状化現象の仕組みと被害に遭わないための備えについて

液状化現象とは地震の揺れにより地面が液体状になってしまう現象のことです。地下水位が浅く地盤が緩い地域で発生することが多く、建物の資産価値や安全性に大きな影響を与えます。