FP3級に合格!次はAFPを目指します!

先日、予定通りファイナンシャルプランナー3級の試験を受験して来ました。僕は大阪での受験で試験会場は大阪大学の豊中キャンパスでした。

ファイナンシャルプランナー3級を受験しました

会場で最初に思ったことはとにかく若い受験者が多いです。ざっと見た感じでも80%近くが大学生のようで男女比率は半々くらいでした。

試験の内容についてはインターネットや本で過去問題が公開されているので、ほぼ想定通りで難易度も高くなかったです。

不動産経営とファイナンシャルプランナーの繋がりについて
最近よく「ファイナンシャルプランナー」と言う肩書きの方とお話しする機会が増えてきています。個人的にもどのような業務内容なのか興味があり少し調...

一日を通して、午前中は学科、午後から実技の試験で、昼休みはみんな試験会場前の広場で最後の追い込み(最終確認)をしたり、午前の試験についておしゃべりしてました。

※学科と実技を別日程で受けることも可能です。

公開されている合格率はかなり高めですが、意外と苦戦している人がいたように思います。

特に「実技は大丈夫と思うけど、学科が微妙だねぇ…」と言う声が多く聞こえ、僕も内心そう思いました。実技に関しては、受検中に合格を確信しましたが、学科は結構悩まされました。

当日の17:30にはインターネットで模範解答が発表されるので、食いつくように答え合わせです。

結果、実技試験は満点。学科試験に関しては多分75%程の正解率でした。正式な結果が出るまで安心できませんが、良い結果が出そうです。

試験全体を通して、やはり良い試験だと思います。2級や上位の資格を目指すつもりはありませんが、浅く広く内容が網羅されているので、今回購入した参考書は今後も何度も読み返すことになるはずです。

また、試験勉強していると他分野(特に専門性の高いIT系とか?)では「この知識、絶対覚える必要ないだろー。Googleで検索すれば良いだけじゃん…」っと思える無駄に根性をつぎ込むような質の低い暗記モノってありますよね。だけどこの試験に関してはそのようなゴミ問題はかなり少なかったです。なので興味の低い分野(保険・相続)はあったものの、ほとんどストレスなく学習を続けられました。

難易度からして就職などにはそれ程役に立たないかもしれませんが、社会保障や税金など絶対に覚えておくべき内容が沢山あります。肩書きではなく自己啓発で学ぶのであれば、悪くない内容だと思います。

AFPの取得を目指します

その後、日本FP協会主催の「3級からのステップアップ無料ガイダンス」に参加しました。他のファイナンシャル系の勉強会に比べると若い方や女性も多かったです。
簡単な流れとしては、FP関連の資格概要の説明から始ましました。
3級取得後のステップアップとしては、引き続き2級、1級と取得を目指す以外に、日本FP協会が独自に認定している資格、「AFP」と「CFP」取得を目指す人も多いそうです。
AFPは国内ライセンスなのに対して、CFPは国際的に通用する資格です。


講師の方が「FPとして独立するのであればCFPくらい取得してた方が良いでしょうね」と話していましたが、それぞれの分野ごと(不動産や金融など)に資格に合格する必要があり、信頼はあるもののかなり取得が難しそうです。
一方、AFPはFP2級の取得に加え、日本FP協会の認定機関によるAFP認定研修を受講・修了すれば取得できます。
上記の資格取得者は、日本FP協会への会員登録を行えば、定期的な情報発信を受けたり、会員限定のセミナーや交流会でFP同士での人脈づくりの機会もあるそうです。こういう交流会ってどうなんでしょうね。。
ちなみに会員登録には入会金と年会費が必要です。また資格を保持し続けるには継続的な学習が必要で、期間ごとに一定単位を取得しないといけないそうです。継続的な教育を義務付けることで、資格の価値(ブランド)を保ち続けるそうです。確かにごもっともですね。
だけど、個人的には不動産投資をする上でも税金面なども含め、あまり有識者に恵まれていないので(笑)、少し楽しそうかなと思ってしまいました。。。っと言うことでとりあえずはFP2級の取得を目指してみます。イキオイで受験手続きもしました。FP2級はFP3級と比べ、範囲は大きく変わらないが、ある程度深い知識が必要のようです。不動産・税金関連で引き続き備忘録聞いていきたいです。今度はちゃんとしたの書きたいです…
ガイダンス後半には、資格取得を支援するFP専門校や通信講座受講を呼びかける宣伝のオンパレードです。大好評のようですが、とりあえず僕は独学で頑張ろうと思います。受講費高いしね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告