FP3級の備忘録 ~金融資産運用~

再来週末の試験までいよいよ2週間を切りました。そろそろ真面目に勉強します(汗)
FP3級の試験は大きく6分野に分かれていて、今日は金融資産運用を勉強しています。
金融資産運用では国内総生産(GDP)や金融政策など、ニュースでよく取り上げられるキーワードや、株式・債権・投資信託など比較的、普段の生活の中でも聞き馴染みのある(?)内容が多いです。なのでFPとして専門性の高い用語は割と少なく、ちょっと投資に興味のある方なら、一番取り掛かり易い分野だと感じます。この辺りの内容がある程度理解出来ればニュースや経済新聞を見るのも少し楽しくなるんでしょうね。

不動産経営とファイナンシャルプランナーの繋がりについて
最近よく「ファイナンシャルプランナー」と言う肩書きの方とお話しする機会が増えてきています。個人的にもどのような業務内容なのか興味があり少し調...

その他にも需要と供給の考え方やアベノミクスでもよく使われるインフレ(インフレーション)、円安・円高などなど…多くの人が覚えておきたい経済基礎知識の他、固定金利と変動金利の違いや金融商品の関連法案など、これから何か始めたい(購入したい)人にも知っていて得する情報も多いです。
中でも投資信託のしくみについては意外と細かく丁寧な解説が載っていたので少し驚きました。それだけ投信が普及してるってことなんですかね?
せっかくの機会なので、ここは取りこぼしをしないように頑張ります…。。ってかこんなペースで間に合うんだろうかぁ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告