FP試験を受ける上で必要となるタックスプランニングの基礎知識

タックスプランニングは主に所得税のしくみが中心になります。

所得税の計算の基本的な流れを把握し所得税が課されない非課税所得、総合課税および分離課税の計算方法、申告から納税までについての一連の流れを理解する必要があります。

所得税の仕組み

所得税は個人が1年間に得た所得に対して課税されるものです。

所得税の特徴として次のような点があげられます。

暦年単位課税

個人の1月1日から12月31日までの1暦年間の所得に対して課税される。

所得の分類

所得の種類(10種類)によって計算方法が異なる。

総合課税と分離課税

10種類に区分した所得を総合して課税される総合課税と一定所得は他の所得と総合しないで課税される分離課税に分けられます。

所得控除

個人的な事情を考慮した課税が行われる。

超過累進税率

所得が大きくなるに従い課税される税率が高くなる制度を採用している。

超過累進税率による所得税の速算表
課税対象額税率控除額
~195万円以下5%0円
195万円超~330万円以下10%97,500円
330万円超~695万円以下20%427,500円
695万円超~900万円以下23%636,000円
900万円超~1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円超~40%2,796,000円

※復興特別所得税として平成25年から平成49年までの間は所得税額の2.1%が追加的に課税されます。

申告納税制度

翌年2月16日から3月15日の期間に申告・納税を行う。

源泉徴収制度

一定の所得の支払をする際に支払者(源泉徴収義務者)が税金を天引きし納税者に変わって納付する。

非課税所得

所得の性格や担税力、社会政策的立場や課税技術上の要請から課税対象としない所得を設定。

非課税所得には次のようなものが含まれます。

  • 出張等にともなって支給される旅費で通常必要であるもの
  • 通勤手当のうち一定額までの金額
  • 職務上必要な制服等の現物給与
  • 強制換価手続き等による資産の譲渡による所得
  • 遺族の受ける恩給および年金
  • 損害賠償金、慰謝料
  • 宝くじの当せん金

所得税の計算手順

課税所得金額については次のような流れで計算されます。

各種所得の金額の計算

まずは各種所得の金額を計算します。

実は所得の種類は全部で10種類あります。なのでまずはそれぞれの所得の内容を整理し10種類の所得金額がどのように計算されているのかを把握する必要があります。

利子所得

利子所得とは主に銀行に預けている預貯金や公社債(国債、地方債、社債)などに係る所得のことで利子支払いの歳に金融機関が15%の所得税と5%の住民税の合計20%を源泉徴収することで課税し納税が終了します。

最近の銀行の金利は本当に低いのであって無いようなものですね。

配当所得

配当所得とは株式売買による配当や投資信託などによる収益のことです。

配当所得は一律で20.315%(所得税及び復興特別所得税15.315%、地方税5%)の税金が掛かりますが、2014年からはNISA(少額投資非課税制度)を利用することで税金を免除できますし、2018年からはつみたてNISAが開始される予定です。

2014年から開始されるNISA制度の魅力についてを詳しくまとめてみました
2014年1月からNISA(少額投資非課税制度)が開始されます。本来、株式投資や投資信託で得た収益には20.315%の配当所得が課せられますが、NISAを利用することで年間120万円までが非課税となります。
つみたてNISAをきっかけに積立投資を始めよう
2018年1月から積み立て型の少額投資非課税制度「つみたてNISA」が開始されます。また、それに先立ち2017年10月より口座開設が...

配当所得の課税方法は以下の3パターンより選択が可能です。

  • 総合課税
  • 申告分離課税
  • 申告不要

総合課税を選択した場合は超過累進税率が適応されるためその他の所得金額によって税率が変わります。

配当所得を含めた課税所得が695万円以下の場合は超過累進課税を適応した方が税率を低く抑えられますが、配当所得を含めた課税所得が695万円以上の場合は申告分離課税を選択した方が税率を低く抑えられます。

また、申告不要制度を適用することで配当金支払い時に源泉徴収されるため確定申告しない場合はこれで課税関係が終了します。

配当所得の課税方法についてはこちらのサイトにとても分かりやすく解説されていました。

不動産所得

不動産所得とは不動産の賃貸により得られる所得のことです。

不動産所得の金額の計算方法は次の通りです。

  • 不動産所得の金額=総収入金額ー必要経費

また必要経費には次のようなものが含まれます。

  • 貸付不動産等の修繕費
  • 租税公課(税金と各種賦課金の総称)
  • 管理費
  • 損害保険料
  • 減価償却費
  • 仲介手数料
  • 借入金利子

不動産所得の金額は総合課税され総所得金額に含まれます。

事業所得

事業所得とは会社員以外のフリーランスや個人事業主が得る収入のことです。

事業所得の金額の計算方法

  • 事業所得の金額=総収入金額ー必要経費

収入金額の計上時期は収入すべき日、原則として商品を販売した日となります。

必要経費には次のようなものが含まれます。

  • 保険料
  • 減価償却費
  • 商品の売上原価
  • 製品の製造原価
  • 租税公課
  • 水道光熱費
  • 旅費交際費
  • 通信費
  • 修繕費
  • 広告宣伝費
  • 交際費
  • 福利厚生費
  • 賃金給料
  • 地代家賃

家事関連費(一つの支出が家事上と業務上の両方にかかわりがある費用)のうち必要経費となるのは主たる部分が業務の遂行上必要であり、かつ業務に必要である部分を明らかに区分することができる場合のその区別できる金額です。

事業所得の金額は総合課税され総所得金額に含まれます。

自宅兼事務所の費用を経費計上し税金負担を軽減する時の注意点
自宅の一部を事業所として使用している場合、その部分の家賃や管理費、その他の公共料金(光熱費)などを経費として計上することができます。 ...

給与所得

給与所得とは会社員の給与や賞与などのことです。

また給与所得は源泉徴収の対象となります。

給与所得の金額の計算方法

  • 給与所得の金額=収入金額ー給与所得控除
給与所得控除速算表(平成25年分以降)
給与等の収入金額給与所得控除額
~180万円以下収入金額×40%(最低65万円)
180万円超~360万円収入金額×30%+18万円
360万円超~660万円収入金額×20%+54万円
660万円超~1,000万円収入金額×10%+120万円
1,000万円超~1,500万円収入金額×5%+170万円
1,500万円超~245万(上限)

給与所得は総合課税の対象となりますが給与の支払いのつど所得税が源泉徴収されます。

※全ての給与所得者、納税税者本人が所得税を計算し申告・納付をすることは現実的に不可能なので申告手続きが簡略化されています。

会社員などの給与所得者については給与所得以外の所得が無い場合、源泉徴収税額のみで納税を終了させ、年末に年末調整(正しい所得税額と源泉徴収額の精算手続き)を行います。

譲渡所得

譲渡所得とは資産の譲渡による所得で次のようなものが含まれます。

  • 土地・建物等の資産の譲渡による所得
  • 土地・建物等以外の資産(貴金属、ゴルフ会員権など)の譲渡による所得

譲渡所得の計算は譲渡した資産を次のように短期譲渡所得と長期譲渡所得に区別して行います。

譲渡所得(譲渡区分と長期・短期の区分)
譲渡所得所有期間課税区分
土地・建物等の資産の譲渡所有期間5年以下分離短期譲渡所得
所有期間5年超分離長期譲渡所得
土地・建物等以外の資産の譲渡所有期間5年以下総合短期譲渡所得
所有期間5年超総合長期譲渡所得

譲渡所得は土地・建物等の譲渡と土地・建物以外の譲渡で計算方法が異なります。

土地・譲渡等以外の譲渡所得の金額の計算方法

  • 譲渡益=短期譲渡所得の総収入金額(所得費+譲渡費用)+長期譲渡所得の総収入金額(所得費+譲渡費用)
  • 譲渡所得の金額=譲渡益ー特別控除額(最高50万円)

当区別控除額は50万円でまず先に短期譲渡所得の譲渡益から控除します。土地や建物以外の資産を譲渡したことによる所得は他の所得と合計して総所得金額に含めて計算します。

なお合計する金額は短期譲渡所得は全額ですが、長期譲渡所得の見学はその2分の1に相当する金額です。

土地・建物等の譲渡による譲渡所得の金額は次のように計算します。

  • 課税譲渡所得金額=収入金額ー(取得費+譲渡費用)ー特別控除額

土地や建物の譲渡による所得は他の所得とは合計せず分離して課税する分離課税制度が採用されています。

取得費は取得に要した金額に設備費や改良費を加えて計算します。建物や車など原価する資産はさらに減価償却累計額・減価額を控除して計算します。

また譲渡費用とは資産の譲渡に要した費用(仲介手数料や運搬費用など)です。

一時所得

一時所得には以下のようなものが含まれます。

  • 懸賞の賞金品、福引の当選金品
  • 競馬の馬券の払戻金、競輪の車券の払戻金
  • 生命保険契約に基づく一時金
  • 損害保険契約に基づく満期返戻金
  • 法人からの贈与により取得する金額

一時所得の金額の計算方法は次の通りです。

  • 一時所得金額=総収入金額ー収入を得るために支出した金額ー特別控除額

特別控除額として最高50万円を控除することができます。

一時所得の金額は総合課税され一時所得の金額の2分の1が総所得金額に含まれます。

雑所得

雑所得は「公的年金」と「公的年金以外」に分類されます。

公的年金の雑所得には次のようなものが含まれます。

  • 過去の勤務先から支給される年金、恩給
  • 公的年金(国民年金、厚生年金保険等)
  • 適格退職年金契約に基づく年金
  • 確定拠出年金の年金払いの老齢給付
  • 公的年金等以外の雑所得には次のようなものが含まれます。
  • 生命保険契約に基づく年金
  • 損害保険契約に基づく年金
  • 公社債の償還差益

雑所得の計算方法は次の通りです。

  • 雑所得の金額=(公的年金等の雑所得の収入金額ー公的年金控除額)+(公的年金等以外の雑所得の総収入金額ー必要経費)
公的年金控除額速算表(65歳以上)
公的年金等の収入金額公的年金等控除額
330万円未満120万円
330万円以上 410万円未満収入金額✕25%+37.5万円
410万円以上 770万円未満収入金額✕15%+78.5万円
770万円以上収入金額✕5%+155.5万円
公的年金控除額速算表(65歳未満)
公的年金等の収入金額公的年金等控除額
130万円未満70万円
130万円以上 410万円未満収入金額✕25%+37.5万円
410万円以上 770万円未満収入金額✕15%+78.5万円
770万円以上収入金額✕5%+155.5万円

雑所得の金額は原則として総合課税され総所得金額に含まれます。

退職所得

退職所得は退職により受け取る給与(退職手当)のことをいいます。

退職所得の金額の計算方法は次の通りです。

  • 退職所得の金額=(収入金額ー退職所得控除)✕1/2

退職所得控除は退職手当等を取得した者の勤続年数を基礎として次の計算式によって計算されます。

  • 勤続年数20年以下の場合:40万✕勤続年数(最低80万円)
  • 勤続年数20年以上の場合:800万+70万✕(金属年数ー20年)

退職所得の金額は分離課税され退職所得金額に区分されます。

一般に退職所得はその支給時に所得税、住民税が源泉徴収されて納税が完了します。

山林所得

山林所得とは(保有期間が5年以上の)山林の伐採または譲渡による所得です。

※保有期間が5年以下の山林の伐採・譲渡については事業所得または雑所得に分類されます。

山林所得の金額の計算方法

  • 山林所得の金額=総収入金額ー必要経費ー特別控除額

山林の譲渡による所得は過去の累積費用が必要経費となり特別控除枠として最高50万円を控除することができます。

山林所得の金額は分離課税され山林所得に区分されます。

損益通算・損失の繰越控除

損益通算は一定の所得に損失が生じた場合、その損失分を他の所得の黒字から他の特定の所得の赤字とを一定の順序に従って差し引きしして計算することです。

「不動産所得」「事業所得」「山林所得」「譲渡所得」の損失が対象となります。

また損益通算を行っても残ってしまった損失のことを純損失と言います。

純損失の金額は特定の場合に限り翌年以降3年間繰り越して、その年の所得金額から控除することができます。これを純損失の繰越控除といいます。

不動産投資による赤字で課税対象額を削減できる
前回の記事で課税対象額と所得税について触れましたが、今回は不動産投資により赤字収益(家賃収入より必要経費の方が多いこと)になった場合の課税対...

所得の合算・課税標準の算出

総合課税金額(総合課税される所得を合算)と分離課税のそれぞれの金額を算出します。

総合課税については総所得金額を計算します。
利子所得+配当所得+不動産所得+事業所得+給与所得+総合短期譲渡所得+雑所得+
(総合長期譲渡所得+一時所得)✕1/2

分離課税については総合課税されるものと別に計算します。

  • 分離短期譲渡所得
  • 分離長期譲渡所得
  • 株式等に係る譲渡所得
  • 山林所得
  • 退職所得

所得控除・課税所得金額の算出

所得控除とは各所得の金書きでは考慮されない個人の生活上の支出を考慮したものです。

所得控除の控除額は課税標準から控除され控除した後の金額が課税所得金額となります。

所得控除には次のようなものが含まれれます。

雑損控除

雑損控除とは納税者または納税者と同一生計の親族で総所得金額等が38万円以下の者の有する資産について災害または盗難等により損失を受けた場合に一定額が控除できるものです。

医療費控除

医療費控除とは納税者本人または配偶者、その他同一生計の親族の医療費を支払った場合一定額が控除されるものです。

医療費控除として控除される金額は次のように計算されます。

  • 控除額=(医療費ー保険金等で補填される金額)ー10万円

通常10万円を超える部分が対象となりますが、その控除額が200万円を超える場合は200万円が限度となります。

社会保険料控除

社会保険料控除とは納税者が各年において事故または自己と同一生計の親族の負担すべき社会保険料を支払った場合や給与から控除された場合に支払った金額または控除された金額(全額)を控除するものです。

控除の対象となる社会保険料には次のようなものがあります。

  • 健康保険の保険料
  • 国民健康保険の保険料
  • 国民年金の保険料
  • 厚生年金保険の保険料
  • 雇用保険の保険料

小規模企業共済等掛金控除

小規模企業共済等掛金控除とは納税者が各年において小規模企業共済等の掛け金を支払った場合に支払った金額(全額)を控除するものです。小規模企業共済契約、心身障害者不要共済の掛金に基づく掛金のことを言います。

生命保険料控除

生命保険料控除とは納税者が各年において生命保険契約等に係る保険料または掛け金を支払った場合に一定額が控除されるものです。

地震保険料控除

地震保険料控除とは納税者が各年において地震保険等に係る保険料等を支払った場合に一定額が控除されるものです。

寄附金控除

寄付金控除とは納税者が各年において特別寄付金を支出した場合に一定額を控除するものです。

障害者控除

障害者控除とは納税者が障害者である場合、もしくは障害者である控除対象配偶者または扶養親族を有する場合、一定額を控除するものです。

障害者控除の金額は次の通りです。

  • 一般の障害者:27万円
  • 特別障害者:40万円

寡婦(夫)控除

障害者とは一定以上の精神または身体に障害がある者等をいいます。特別障害者とは障害者のうち精神または身体に重度の障害が有るものをいいます。

寡婦(夫)控除とは納税者が寡婦または寡夫(夫を無くした妻、または妻をなくした夫)である場合に一定額を控除するものです。

寡婦控除の金額は次の通りです。

  • 寡婦または寡夫:27万円
  • 特定の寡婦:35万円

勤労学生控除

勤労学生控除とは納税者が勤労学生である場合に一定額を控除するものです。

配偶者控除

配偶者控除とは納税者が控除対象配偶者を有する場合に一定額が控除されるものです。控除対象配偶者には一般控除対象配偶者と老人控除対象配偶者があります。控除対象外配偶者とは生計を一にする配偶者のうち合計所得金額が38万円以下の者かつ原則として青色申告の事業専従者として給与の支払いを受けていないこと、または白色事業専従者でないことが要件です。

老人控除対象配偶者とは控除対象配偶者のうち年齢が70歳以上である者をいいます。

配偶者控除の金額は次の通りです。

  • 一般の控除対象配偶者:38万円
  • 老人控除対象配偶者:48万円

配偶者特別控除

配偶者特別控除とは納税者と同一生計の配偶者でその年分の合計所得金額が76万円未満である者を有する場合に一定額(最高38万円)が控除されるものです。ただし同一生計の配偶者が控除対象配偶者に該当する場合は適応されません。

配偶者特別控除は納税者本人の合計所得金額が1,000万円以下でなければ適用を受けることができません。

扶養控除

扶養控除とは納税者が扶養親族を有する場合に一定額を控除するものです。扶養控除の対象となる扶養親族は扶養親族の合計所得金額が38万円以下のものかつ青色事業専従者でないこと等が要件です。

基礎控除

基礎控除とは納税者であれば一定額(38万円)が控除されるものです。

税額控除

税額控除は算出税額から一定額を控除するもので次のようなものが含まれます。

  • 配当控除
  • 住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)
  • 認定NPO法人寄附金特別控除
  • 公益社団法人等寄付金特別控除
住宅ローン減税とすまい給付金で負担を減らす
2014年4月より消費税が5%から8%に引き上げられます。 住宅を購入する場合も購入金額が高くなると思われますが、場合によっては得するケー...

源泉徴収

一定の所得の支払者はその支払の際に所定の所得税を徴収しその徴収の日の翌月10日までに
国に納付しなければなりません。この一定の所得の支払者を厳選徴収義務者といいます。

給与、報酬、利子、配当などの支払者は支払先の住所、氏名、支払金額などを記載した書類を所轄税務署に提出しなければなりません。

この書類を法定調書といいます。法定調書の主なものに支払調書、源泉徴収票があります。

【実績値公開】一昨年の源泉徴収票を読み返してみました
新年と言う事で少し気が早いですが、確定申告の準備をしないとなぁ…と思いつつ去年の申告内容を見返していました。 去年は不動産会社の方に作...

所得税の申告と納付

所得税の納付義務は原則として1年の終了時に確定します。

ただしその時点ではまだ具体的な納付税額は決定していません。

実際に納付すべき所得税の金額、または還付を受けるべき所得税の金額を確定する手続きが確定申告です。

確定申告

翌年2月16日から3月15日までの間に確定申告を行い、所得税を納付することになっています。

会社員等の確定申告

給与所得者は通常、年末調整により税額が精算されます。

ただし次の場合などには給与所得者も確定申告が必要になります。

  • 給与等の金額が2,000万円を超える場合
  • 給与所得および退職所得以外の所得の合計額が20万円を超える場合

電子申告(e-Tax)

所得税の確定申告を電子申告により行う場合は医療費の領収書や源泉徴収票等はその記載内容を入力して送信することにより提出または提示を省略できます。

※確定申告期限から5年間は税務署から書類の提出または提示を求められる場合があります。

青色申告

青色申告制度とは納税者に正しい申告を行わせるため記帳習慣を確立させることを目的とする制度です。青色申告には次のような特典が認められています。

  • 青色申告特別控除
  • 青色事業専従者給与
  • 各種引当金繰入
  • 純損失の繰越控除または繰戻還付

青色申告特別控除とは不動産所得、事業所得または山林所得の金額から10万円または65万円が控除できる制度です。10万円の控除は青色申告者であれば誰でも適用されますが65万円の控除は一定の要件を満たしている必要があります。

【実績値公開】去年提出した確定申告書を読み返してみました
前回の収支内訳書に続き、今回は2015年に提出した(2014年度)の確定申告書をもとに内容を振り返ります。 確定申告書の見方 全ての項目...
確定申告を提出してきました!
今日は確定申告を税務署に提出してきました。不動産所得に伴う白色申告です。今回、税務署へ提出した書類は大きく分けて以下の3種類です。 ...
不動産投資で青色申告をする場合にも開業届けは必要です
不動産経営に問わず、事業を開始する際は開業届を提出することでさまざまなメリットがあります。 開業届けを出し忘れてました 必ず提出する必要...

個人住民税

住民税とは道府県民税と市町村民税の両方を合わせた税金のことをいいます。道府県民税には都民税が市町村民税には特別区民税が含まれます。

住民税の特徴

住民税には次のような特徴があります。

前年所得課税

前年の所得をもとに課税される。前年の所得に対して当年度に税額を支払う。

利子割、所得割、均等割

個人引退する住民税には、利子割、所得割、均等割などがある

  • 均等割:所得の大小に関係なく均一に課される
  • 所得割:前年の所得金額を基礎として計算される
  • 利子割:預貯金の利子の支払の際に特別徴収される5%の住民税のこと。

賦課課税方式

住民税は賦課課税方式を採用(原則として納税者本人が申告する必要はない)

住民税の計算

住民の所得金額の計算では前年分の所得税における所得金額が使用され、ほぼその金額が住民税の所得金額となります。

住民税における所得控除も所得税と同じようにあります。所得控除は所得税と同じ扱いをするものと異なる扱いをするものとがあります。また住民税においても税額控除、外国税額控除などがあります。

住民税の納付

住民税の納付方法には「普通徴収」と「特別徴収」があります。普通徴収は原則として6月、8月、10月、翌年1月の4回に分割納付する方法です。特別徴収は給与所得者については12回に分割し毎月の給与から徴収していくという方法です。

さまざまな分野と関わりをもつ税金の知識

タックスプランニングはライフプランニングと同様にその他の分野(リスク管理、金融資産運用、、相続・事業継承)と親密に関わりのある分野です。

また自分で事業を行う際には所得税の計算や確定申告は必ず必要となる事務処理なので、ファイナンシャルプランナーの資格を目指さなくても持っていて損の無いとても重要な知識になります。

自分の大切な資産を守るためにもしっかり理解したいと思います。

FP試験を受ける上で必要となるライフプランニングの基礎知識
ライフプランニングとはライフデザインに基づいた生涯の生活設計を立てることです。 ライフデザインとは各個人の自分の価値観に基づく...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告