住宅ローン減税とすまい給付金で負担を減らす

2014年4月より消費税が5%から8%に引き上げられます。
住宅を購入する場合も購入金額が高くなると思われますが、場合によっては得するケースもあるようです。
その主な理由は「住宅ローン減税」「すまい給付金」の二つの住宅政策です。

住宅ローン減税とは

住宅ローン減税とは銀行などの金融機関から住宅ローンを利用し自身の入居用としての住宅を購入する場合に負担を軽減してくれる制度です。

具体的には年末時点でのローン残高に対して1%分を10年間納めた税金(所得税および住民税)から控除してくれます。そして、この制度は新築物件だけではなく中古物件にも適応されますし、規模によってはリフォームなどの場合にも適応されます。

住宅ローン減税が適応されるかについてはかなり細かい判断基準がありますが、新築や比較的築浅の物件購入であれば基本的には適応されるはずです。

全て把握するのは大変ですが、主なポイントはこんな感じです。

  • 年間合計所得が3,000万円以下
  • 住宅ローンを10年以上借入れる
  • 床面積が50㎡以上
  • 木造は築20年まで
  • コンクリート造は築25年まで
  • リフォームは増改築費用が100万円以上
  • 物件購入の上限額は4,000万円まで

住宅ローン減税が適応されるのは償還期間が10年以上のローンを組み、所有面積がある程度広い(50㎡以上)の物件であるなど一定の条件があります。


築年数によっては中古物件でも減税対象となりますが、居住用の物件が前提であるため投資用物件は対象外です。
その住宅ローン減税は現在、2,000万円を上限としたローン残高に対し1%(×10年)の減税が行われますが、2014年4月以降はローン残高の上限が4,000万円となります。よって今まで最大で200万円の減税に対し、2014年4月以降は最大400万円もの減税がされます。
購入物件や年収によってはあまり効果を得られない事もありますが、知っておいて損は無い政策だと思います。

すまい給付金とは

また、すまい給付金は年収に応じて、最大で30万円が給付金としてもらう事が出来ます。

目安としては年収が425万円以下の場合は30万円、510万円以下の場合は10万円程の給付金となります。

一方、新築のマンション価格の内訳りとしては土地代と建物代に分けられますが、消費税が掛けられるのは建物代のみであり、土地代には掛りません。

なので例え3,000万円のマンションを購入しても3,000万円に対して増税(3%)分の90万円が値上がりするのではなく、あくまで建物部分(その他、事務手数料など)に対して消費税が適応されます。

こう考えると「住宅ローン減税+すまい給付金」を上手く利用する事で消費税の負担増をカバー出来ます。

年収や借入額によっては消費増税後の方がむしろお得の場合もあるかもしれません。

だったら、残り少ない増税前の期間に慌てて購入するのではなく、じっくり考えて購入する方が無難かもしれませんね。

今のところ住宅ローン減税の拡充は2017年12月頃まで続く予定です。今後さらなる消費税増税の可能性もありますが、それぞれのタイミング・購入プランに合わせて自分にあった返済計画を探していく事も、住宅を購入する楽しみの一つに出来ると思いますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告