愕然…ローン審査に落ちてしまいました

住宅ローン金利

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 33 秒です。

オリックス銀行の不動産担保ローンに落ちてしまいました。

今年の中旬に1,400万円の物件に対して、300万円ほどの手付金を支払い、1,100万円ほどの融資を希望していました。

僕の今の経済状況としては、年収(支払金額)が420万円ほど。手取りで言うと350万円ほどです。

ただし、去年購入した物件のローン残高が1,000万円ほど残っています。

金融機関の融資基準はさまざまなようですが、不動産販売会社の営業さんにローン審査に落ちた理由を営業担当に聞いてみました。

スポンサーリンク

返済中の返済期間が短い

去年、購入した物件の返済期間を無理を言って35年ではなく、20年にしてもらいました。

ですが、返ってこれが裏目に出てしまいました。

仮に35年だったとしても多分無理でしたが、月々の返済が多くなるため、マイナス要因の一つには十分なりえます。

ちなみに、35年返済の場合は家賃収入と相殺して、プラス収支となりますが、20年返済の場合は、期間が短い分、月々の返済金額が増えるため、家賃収入と相殺した結果、10,000円程のマイナス収支となります。

スポンサーリンク

投資経験が浅い

これが一番大きなポイントだと言われました。1年の間に素人(?)がいくつも物件を購入するのは、やはり融資元の銀行としても心配ですよね。

この「経験」の部分がもっと充実していると、その他の経済的要因が少し劣っていても、融資は下りたかもしれませんね。

スポンサーリンク

今年度のお給料が確定していない

今のところ、去年の給料額を少しだけ上回る「見込み」ですが、やはり今年分が確定してから決断したいそうです。

僕は不動産販売会社の営業に対して「もっと早く融資が下りるように調整して下さい」と何度か依頼しましたが、営業としても、やはりしっかり収入が上がっているってことをアピール材料にしたいようで。

「収入が上がる」≒「今後も安定」と考えられるそうです。当然かもしれませんが。

落ちた理由の真意はともかく…2014年10月のタイミングで、僕は一度、ローンの審査に落ちました。なので次に目指すのは、今年度の収入が確定した上で、今度こそ審査に通ることです。

そしてそのためには以下の2点を考慮してみようと思います。

  • 会社員としての給料を去年より増やす
  • 保有資産(貯金や株式・投資信託等)を増やしてアピールする

そもそも、経験やお給料なんてそんなすぐには上がりません。

なのでわずか数ヶ月の間で「気合で融資を勝ち取る」こと自体、おかしな話ですが、あえて挙げるとしたら、まずは少しでも2014年度のお給料を増やすことです。

営業にも「少しでも残業してお給料を上げといて下さい」っと言われています。

そして、その他に少しでも信頼を得るために、保有資産をアピールできることです。

正直知らなかったのですが、資産は持っているだけでも「信頼」には繋がるそうです。

僕は最初、保有資産を頭金の一部として組み入れることで信頼が得れるのかと考えていましたが、別に頭金に当てなくても、持っているだけでも意外と信頼に繋がるとのこと。

勿論、初期投資額として追加出資した方がローン残高も減りますし、なお良いでしょうね。

残業でお給料を増やすのは限界があります。っと言うか余りしたくありません。せめて今年いっぱいは無駄遣いをしないように頑張ります。

本業以外で何か収入を得られるようなネタがあれば頼もしいのですが、この短期間じゃ難しいです。

金融機関の融資基準と評価方法を理解する
先日、不動産コンサルタントの岡本公男さんのセミナーに参加しました。 主に不動産物件に伴う融資に伴う借入についてのお話です。 元々、某メガバンクにお勤めで、その後、不動産開発の運営会社にてマネジメント責任者をされており、自身でも不...
プロフィール

楽待新聞&不動産投資Libraryのコラムニストをしています。
普段、不動産投資家として考えていることや体験談などを掲載しています。
これから不動産投資を始めたい方や、賃貸経営初心者の方に対して、分かりやすい内容を心掛けています。

西本 豪をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
住宅ローン金利
スポンサーリンク
不動産投資ライフ

コメント