老朽化対策

老朽化対策

インスペクション説明の義務化で中古物件市場はどう変わる?

ここ数年間、不動産投資家として新しい物件を購入できていませんでしたが、今年、2019年は新しい中古物件を購入したいと考えています。 今回は中古物件の購入を検討する上で重要になる「インスペクション説明の義務化」についてまとめてみました。...
老朽化対策

大規模修繕工事を成功させるには?劣化調査の重要性について

大規模修繕工事を成功させるためにはたくさんの課題があります。 適切に対応しないと予想以上にコストが掛かってしまったり、工事期間が長くなってしまいます。 大規模修繕工事の実施を左右する劣化調査 大規模修繕工事を実施するには建物の劣化...
老朽化対策

どう防げば良い?大規模修繕工事の7つの問題点と対策について

大規模修繕工事には「工事価格の高騰」「品質・技術の低下」「工事期間の長期化」などの大きな問題がたくさん潜んでいます。それぞれの問題点を理解し対策することで被害を防ぐことができます。
老朽化対策

大規模修繕工事の4つのステップ!建物が劣化する仕組みについて

「大規模修繕工事を必ず成功させる本」の内容をもとに大規模修繕工事の必要性や考え方を纏めました。具体的な対応方法や工事以外の回避策についても解説しています。
老朽化対策

修繕費と資本的支出との違いを理解して効果的な節税対策をしよう

修繕費と資本的支出の違いについて、正しく理解できていますか?これらの違いについては、一見、どちらでも良いような気もしますが、実は経費の計上に仕方に大きな違いが出てきます。
老朽化対策

設備対策は万全?エアコン故障時の出費は準備次第で安くできる!

不動産経営において大切なことは空室対策により安定した家賃収入を得つつ、その後も満室経営を継続させることです。 それは言い換えると今住んで下さっている入居者に対して少しでも快適な生活を送ってもらえるよう充実した設備を維持することだったり...
老朽化対策

既存住宅売買瑕疵保険で中古物件でも安心して購入できる

投資用物件を購入する時の基準の一つに新築物件を購入するかそれとも中古物件を購入するかがあります。 中古物件は値段が抑えられるため当然その分、運用利回りは高くなります。その一方、中古物件には物件自体の品質に対するリスクは新築より...
老朽化対策

手抜き工事されないための塗装仕様書の見方とポイント

外観塗装は美観を良くするため、空室対策や入居率UPに繋がるとイメージされるかもしれませんが、最も重要な役割は雨水が建物内に入り込まないようにすることです。 所有物件を守るために大切なこと もし防水の機能が正しく働いていなかった場合、雨漏...
老朽化対策

建築中だからこそできる住宅の品質チェック項目

注文住宅を建てる時や中古物件でも気になる住宅を見極める際は施工精度や品質チェックを行う必要があります。 不動産業に精通していない素人では中々どこを見れば良いか難しいと思いますが、 物件の品質を見極める観点はそこまで多くはありません。...
老朽化対策

容積率オーバーの物件は何が問題?意外と存在しているその理由とは?

これから投資用物件を購入しようとしている方は、「建ぺい率」や「容積率」という言葉をご存知ですか? 実は、建ぺい率や容積率のルールは建築基準法で定められています。 今回は容積率オーバーの物件が建てられる背景や、違反してしまった場合...
老朽化対策

どうしても気になる掘り出し物件は住宅診断士に診断依頼を

投資用物件、住居用物件に問わず購入対象の住宅が良い物件かの判断は難しいと思います。 設備や間取り、立地などから良さそうな物件かどうかの判断は出来るかもしれませんが、それ以上に大切なのは悪い物件では無いかどうかです。 住宅診断士の役割...
老朽化対策

高齢入居者のリスクを軽減する新しい家賃保証保険!

日本の少子高齢化に伴い様々なビジネスが立ち上がっています。不動産業界も少子高齢化社会による影響が大きい業界で、特に人口減少による影響は他の業界以上に大きなインパクトがあります。そんな中、高齢化社会のリスクを軽減できる家賃保証保険に少しずつ注...
老朽化対策

入居者目線で考える退去時の修繕費請求のポイントについて

賃貸住宅を借り、退去する場合、退去時の状態によっては修繕費用を請求されることがあります。 でも、できれば無駄なお金は支払いたくないですよね? 今回は退去する際の修繕費用についての考え方について簡単に纏めてみました。 無駄な支出...
老朽化対策

退去時にトラブルにならないように知っておきたい 〜敷金返還に伴う国土交通省ガイドライン〜

賃貸契約を解約し住んでいた部屋を明け渡しをする時には基本的には敷金が返還されます。 契約時に支払ったお金とは言えお金が戻ってくるのは嬉しい限りです。 そもそも敷金ってどんなお金なのか? 賃貸住宅を契約する場合、主に以下の2つの言葉...
老朽化対策

耐震?制震?免震?地震対策の構造形式の違いを解説します!

日本は地震大国と言われています。 これまでも大規模な地震が発生するたびに耐震基準が見直されてきてきました。 1995年に発生した阪神淡路大震災では新建築基準で建てられた建物は被害が少なかったため「新耐震基準の建物は安全だ」と考え...
老朽化対策

液状化現象の仕組みと被害に遭わないための備えについて

液状化現象とは地震の揺れにより地面が液体状になってしまう現象のことです。地下水位が浅く地盤が緩い地域で発生することが多く、建物の資産価値や安全性に大きな影響を与えます。
老朽化対策

新耐震基準は安全?耐えられる?南海トラフへの備え方について

日本は世界の中でも有名な地震大国です。そのため中古物件の築年数を評価する場合、「新耐震基準」が建てられているかが大きなポイントになります。 耐震基準改定の流れ 日本で初めて建築法規ができたのが1920年(大正9年)の市街地建築物...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました