不動産経営

住宅ローン金利

賃貸経営で最も有名な4大金融機関の特徴について

賃貸経営の世界で最も有名な金融機関と呼ばれる3つの金融機関「スルガ銀行」「静岡銀行」「オリックス銀行」と、公的機関である「日本政策金融公庫」の特徴について詳しく説明します。
空室対策

退去連絡から新規入居者獲得までの流れ

昨日のコラム「繁忙期を過ぎた後に退去者が出でしまいました…」で賃貸管理会社から退去希望の連絡があったことをお話をしましたが、今回はその後、新しい入居者が決まるまでの流れをお話したいと思います。 次の入居者は意外にもすぐに見つかる 3月に...
空室対策

家主としての一番の恐怖?繁忙期後に退去者が出でしまいました…

先日、所有マンションの賃貸管理を委託している管理会社から電話がありました。 普段、賃貸管理会社から電話が掛かってくることはほとんど無いため若干戸惑いながら電話にでましたが…嫌な予感が的中です。 「退去希望の連絡があった」とのこと...
保険契約

心理的側面から考える不動産売却時の注意点

不動産を売却する場合、少しでも高く売れるようにいろいろと考えると思います。ただし良かれと思って決めたことが実は逆効果であることも意外とあります。今回は心理学をもとにこの辺りをご説明したいと思います。
不動産市場

やっぱり難易度が高い?投資対象としてのシェアハウスについて考えてみました

今年(2018年)に「かぼちゃの馬車」の問題で話題になったシェアハウスについて調べてみました。投資対象としての面白さや考えられるメリットやデメリットなどをまとめています。
住宅ローン金利

デッドクロスになってはいけない?〜仕組みを理解して備えることが大切です〜

不動産経営の話をしているとたまにデッドクロスと言う言葉を聞くことがあります。とても怖い印象の言葉ですね。 ちなみに株式投資で使われるデッドクロスと言う言葉は「株価の上昇が止まってしまい下降トレンドに入った」ことを意味しますが、不動産投...
老朽化対策

修繕費と資本的支出との違いを理解して効果的な節税対策をしよう

修繕費と資本的支出の違いについて、正しく理解できていますか?これらの違いについては、一見、どちらでも良いような気もしますが、実は経費の計上に仕方に大きな違いが出てきます。
老朽化対策

エアコン故障時の出費は準備次第で安くできる

不動産経営において大切なことは空室対策により安定した家賃収入を得つつ、その後も満室経営を継続させることです。 それは言い換えると今住んで下さっている入居者に対して少しでも快適な生活を送ってもらえるよう充実した設備を維持することだったり...
不動産市場

不動産経営で自己破産するとどうなるのか調べてみました

自己破産という言葉を良く聞きますが、実際に自己破産をするとどのようになってしまうのかがイマイチ分からない方も多いと思います。今回は不動産経営を中心とした自己破産について簡単にまとめてみました。
利回り

「かぼちゃの馬車」問題で考える 〜不動産物件購入後に考えられる対策〜

今話題になっている「かぼちゃの馬車」の問題を受けて「物件の購入後、もしも想定外の自体が起こり正常な不動産経営を継続できない場合、どのような対策があるか?」について考えてみました。
販売会社

「かぼちゃの馬車」問題で考える 〜甘い言葉の罠に騙されない最低限の知識〜

今年(2018年)に話題になった「かぼちゃの馬車」問題をうけて自分の投資判断や被害に遭わないための考え方を見つめ直してみました。今後、賃貸経営を検討している人にも役に立つ情報です。
不動産市場

「投資の良いタイミング」は自分にあったタイミングで

株式投資にしても不動産経営にしても一般的に「良い買い時」と言うのはあるのかもしれません。 ただ「良い買い時」の定義は意外と奥深いものでそれぞれの都合によって大きく変わりますよね。 「今買うべき」とか「今は買うな」と言うつ...
不動産市場

破綻リスクは誰にでもある 〜住宅ローンで破綻しないための注意点について〜

数年前から賃貸物件の供給戸数がずっと増え続けていましたが、ここ最近は少しずつ減少傾向になってきています。 さらに、今後も着工数は減少傾向になると予想されています。 また賃貸物件に限らず一般の不動産の含め販売価格の少しずつ下降傾向...
保険契約

競売で格安物件を購入する魅力とリスクについて

競売物件とは購入者が住宅ローンの返済が困難になり裁判所により差し押さえられた物件をオークション形式で一般流通物件と比較して3割〜5割程の価格で購入できる物件の事です。ここでは入札から落札までの流れや想定されるリスクなどについて簡単に纏めてみました。
利回り

ローン定数(K%)とレバレッジの関係性について

不動産を利用した賃貸経営をする場合、その運用状況を評価する指数に「利回り」があります。 不動産投資の利回りの種類 不動産投資の利回りには次のようなものがあります。 表面利回り(グロス利回り) 表面利回りの計算方法は次の通りで...
保険契約

内装修繕工事の明細書をもとに入居者の入れ替わりに必要となる費用を纏めてみました

今年度は4月以降になってから入居者の方の退去が立て続けに発生し、次の入居者募集に掛けて賃貸管理会社にいろいろ対応してもらっていました。 退去の時期が後2月程早ければ、入居者獲得にもほとんど苦労せずに済んだのですが、今回はタイミング的に...
空室対策

家賃設定と仲介手数料の重要性

今年の4月から5月頃に掛けて退去の問い合わせが立て続けに入りました。 引っ越しがピークとなる時期は年度が変わる少し前の2月〜3月頃になるので、この時期の退去連絡は正直つらいものです。 基本的に物件はワンルームマンションなので一件...
利回り

イールドギャップの考え方と自分にあった資産運用

不動産投資用の物件購入を判断する時の指数として表面利回りや実質利回りなどがありますが、同じような指数の一つにイールドギャップと呼ばれるものがあります。 イールドギャップの計算方法はとてもシンプルで金融機関から融資を受けた場合の借入金利...
空室対策

退去者発生時の対応手続きと必要となる費用について

先日、賃貸管理会社から僕の所有する区分マンションの一室にて退去希望者が出てしまったとの連絡がありました。 賃貸管理会社からの電話は僕の中で最も出たく無い電話の一つです。普段、この時期に賃貸管理会社から電話が掛かってくることはほとんど無...
老朽化対策

既存住宅売買瑕疵保険で中古物件でも安心して購入できる

投資用物件を購入する時の基準の一つに新築物件を購入するかそれとも中古物件を購入するかがあります。 中古物件は値段が抑えられるため当然その分、運用利回りは高くなります。その一方、中古物件には物件自体の品質に対するリスクは新築より...
販売会社

サブリース契約時の減額説明を義務付け

2016年9月より国土交通省が賃貸住宅管理業者登録制度に参加する3735社に対してサブリース契約時の減額説明を義務付けるようルールを改正しました。 家賃が下がる可能性を伝えなければいけない 登録制度に登録する企業はサブリ...
不動産市場

インスペクション確認の義務化で中古物件の不安解消を目指す

平成28年5月に宅地建物取引行法の一部改正が成立し、宅地建物取引業者に対してインスペクションの義務化が課せられるようになりました。 宅建業者に対するインスペクション確認の義務化 媒介契約締結時に現場調査のためのインスペクションのあっせん...
保険契約

意外と広範囲?知らない間に加入している火災保険の補償範囲

年末年始は確定申告などで必要となることもあり様々な契約関連の書類が手元に届きます。 中でも保険の契約内容などは日頃は余り見直しを考えることがない(少なくとも僕はできない)ため、せめてこのタイミングだけでも契約内容を把握しておきたいと思...
利回り

出口戦略の必要性を考えてみました

投資用物件を所有していると「あなたのマンションお売りください」と書かれたチラシが届いたり、何度も営業電話が掛かってきた時期もありましたが、現時点で売却は全く考えていないためほとんど話は聞かず門前払いの状態です。 出口戦略を考えることの必要...
スポンサーリンク