リスク

住宅ローン金利

返済額に占める利息額は4割?借入当初は元金が全然減りません…

オリックス銀行から最初の返済予定表が届きました。 貸出金額および金利については概要は以下の通りです。 当初貸出金額…9,600,000円 年利率…1.975% 借入期間…25年 一昨年、融資頂いたジャックス...
販売・管理会社

大手不動産でも不正行為続出!物件囲い込みによる売主側への影響とは

不動産投資にて最終的な投資の成果を確定するのは投資物件の売却後です。購入価格と同じように売却価格も投資の成果に大きな影響を与えます。 また投資家に関わらずそれぞれの事情により所有物件を売却する機会はあると思いますが、特に最近、不動産仲介会...
老朽化

高齢入居者のリスクを軽減する新しい家賃保証保険!

日本の少子高齢化に伴い様々なビジネスが立ち上がっています。不動産業界も少子高齢化社会による影響が大きい業界で、特に人口減少による影響は他の業界以上に大きなインパクトがあります。そんな中、高齢化社会のリスクを軽減できる家賃保証保険に少しずつ注...
税金・確定申告

値崩れリスクを回避しつつ節税効果を高める方法

物件価格は築年数の経過に伴い老朽化が進み、その結果値下がりします。 ですが、ある程度まで物件価格が下がると一定の水準を推移します。それは一般的に物件価格はその土地価格を下回る事が無いため、販売価格の内訳として土地価格に占める割合が高い...
住宅ローン金利

銀行よりも低金利な政府系の金融機関 ~日本政策金融公庫~

低金利な融資先を探す事は利回りの高い物件を探す事と同じ位大切な事です。 日本政策金融公庫とは政府系金融機関であり元々は国民生活金融公庫という名前でした。本来は中小零細企業や個人事業主を対象とした事業支援の役割を果たしています。 なのです...
勉強会

大家さんのコミュニティで空室リスクの不安を共有

空室リスクは全ての大家さんにとって最も大きな不安要素の一つですよね。 「満室経営」を目指すような書籍は書店にも沢山ありますが、投資物件に同じものが無いように空室対策にも一つの正解がある訳ではありません。「空室対策を改善するための方法」や「...
住宅

スマートフォンで鍵を意識しない生活へ

スマートフォンが自宅などの鍵変わりになるサービスが話題になっています。 後付型スマートロックロボットの「Akerun(アケルン)」はドアの内側に取り付けることでスマートフォン内にダウンロードしたアプリでドアの解錠・施錠を行えるシステム...
住宅ローン金利

複雑だけど覚えておきたい!火災保険の契約内容

先日、火災保険の契約内容が加入先の東京海上日動より送られてきたので改めて内容を確認してみました。 保険期間はローンの融資期間と同じ20年分を一括前払いです。 融資を受ける場合は火災保険への加入が必要 保険料の支払いについては一括払...
販売・管理会社

仲介手数料ゼロ物件で今後の不動産はどう変わるか?

一昔前から敷金礼金が不要なゼロゼロ物件が流行ってきています。 引っ越し時の初期費用を下げれるため人気が出るのは当然ですね。 敷金は家賃滞納時や立退き時の修繕費用の担保などトラブル発生のリスクを少しでも下げるための役割もあるため、...
税金・確定申告

2017年7月より地震保険料がまた値上げされます

2014年の7月1日より地震保険の保険料が全国平均で15.5%値上げされました。 またそれ以降の更改や自動継続の場合も値上げの対象に含まれます。 値上げの理由は東日本大震災のような巨大地震を踏まえ、保険料率の算出基準となる「確率...
遊休地の活用

太陽光発電の新規買取契約が制限されます

九州電力が太陽光発電の新規買取契約を九州全域で中断(保留)しました。中断ではあるものの、今のところ買取を再開する予定はありません。 北海道では既に去年4月より受入れが制限されており、その他の電力会社でも一部地域での受入れが中断されてい...
資産運用

元金が2倍になる? ~72の法則~

投資でお金を増やしたい場合、まずは自分の目指したい利益(利回り)の目標をどの辺りに設定するのかが大切になります。 1%~2%程の利益を狙いたいのであれば、それに見合った商品(方法)を検討します。 一方、20%以上の高い利益を得た...
販売・管理会社

値引きマンションで安定収入?

新築マンションの投資物件が徐々に上がってきています。ですが、一方で都心でも売れ残り物件がポツポツ存在します。 しかし販売会社側としては、全ての部屋を売り切る事を前提として新築物件の予算を組むため、なるべく早期に全ての部屋を売り切る必要があ...
住宅ローン金利

変動金利を利用した元利均等返済のリスクを知る

変動金利とは、市場金利の変動により半年に1度、元金と利息の返済率が見直されます。返済額(元金+利息)の見直しは5年に1度でありますが、返済額の上限は1.25倍までとされています。その上で、元利均等返済でローン返済をする場合、返済額(元金+利...
勉強会

斬新なアイデアで入居待ちリスクを軽減する方法

先週末はがんばる家主の会の勉強会に参加させて頂きました。 その中で株式会社ブロッグハウスの空室対策の取組みが面白かったです。新聞や各種メディアでもいろいろ取り上げられているようですよ。 具体的な内容としては、入居者が入居...
住宅ローン金利

元利均等返済と元金均等返済

住宅ローンの返済方法には元利均等返済と元金均等返済があります。 元利均等返済は返済額(現金と利息の合計)が均等になり一定期間(金利が同じ間)返済額が変わらないです。 一方、元金均等返済は返済額のうち「元金」部分が均等になります。...
趣味

日本人の抱える長生きのリスクと具体的な将来への備え方

日本は医療が発達し、環境面も良い事から長寿の国と言われます。 長生きは喜ばしい事ですが、経済的なゆとりが無いと金銭的に厳しくなってしまいます。 老後資金は現役世代が想像している以上に大きな負担になるのです。 日本は世界...
FP備忘録

独学でも絶対に合格できる3級FP技能検定で得られる知識

先日、予定通りファイナンシャルプランナー3級の試験を受験して来ました。僕は大阪での受験で試験会場は大阪大学の豊中キャンパスでした。 そもそもファイナンシャルプランナーとは ファイナンシャルプランナーとは、顧客(相談者)の方のライフプラン...
不動産市場

過去最高の空き家率を更新し続ける日本の不動産市場

今年2014年の7月に発表された全国の空き家率は13.5%で過去最高だそうです。 この数字を見た時、「逆に86.5%は入居者いるんだぁ」と漠然と思いましたが、空き家数にするとおよそ880万戸だそうです。とても多い数ですね。 ...
販売・管理会社

家賃保証制度はどこまで信用できるのか?

「一括借上げの家賃保証」は空室リスクを軽減する夢のような制度です。 「保証」と言う言葉はとても心強いですね。 遠方の投資物件に対して、一括借上げ保証を利用できることを謳う会社もありますが、一括借上げ保証がどこまで信用できるかは事...
住宅ローン金利

ローン返済に伴う保証金の負担と金利設定の基準について

投資用物件の購入時に融資を受ける際、金利(利息+保証料)はとても大きな負担になります。ここでは金利設定の判断基準や利息や保証料によりどれだけ返済総額が大きくなってしまうかを実際のローン返済表をもとに解説します。
空室対策

常識を覆す?家賃滞納・不良物件への考え方

昨日は日本エコシステム主催の不動産セミナーに参加して来ました。 2回目の参加です。 日本エコシステムは太陽光発電の販売会社ですが、それ以外にも大家塾塾長で株式会社アキの代表でもある石黒博章さんと、不動産ブログでも超有名な専業大家...
株式投資

素人でも大丈夫?株式投資と株式優待を上手く活用し少しだけ資産を増やす方法

株式投資は安く買って高く売ることで得られる配当所得の獲得を目指す投資です。 そのためにはチャート分析やファンダメンタル分析と呼ばれる分析を重ね、買い時・売り時を追及するようなイメージです。 株式銘柄を選ぶ基準 ただし僕の周りには「...
空室対策

リスクへの対応方法は「分散」と「軽減」で考える

現在、1戸目の投資用物件を所有している方の中にはいずれ2戸目以降の物件購入も検討することもあると思います。 物件を複数所有することは、資産規模の拡大を進めるだけでは無く、経営全体のリスクを分散させるという意味で大きな効果が期待できます...
スポンサーリンク