インフレになると「貯金する」より「借金」が有利になる理由

住宅ローン金利

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 59 秒です。

現在、日本経済はアベノミクスによりインフレを目指していて、それに伴い物価も上昇傾向です。物価が上がれば相対的にお金の価値は下がります。

もし1年後に物価が2%上がれば、100万円の現金は2%目減りして、98万円分の価値になります。要するに2%のインフレが続けば、現金の価値は2%ずつ減っていく事になります。

インフレから自分の資産を守るために大切な考え方
インフレとはインフレーションの略称で、モノの値段が継続的に値上がりする(物価が上がる)状態を言います。 対するデフレはデフレーションの略称で、モノの値段が継続的に値下がりする(物価が下がる)状態です。 モノの値段が上昇すれば相対...

 

リスクを取りたくないは通用しない?

そもそも「2%物価上昇なんて実現できるのか?」と考えると信憑性があるかは微妙ですが…

ただし、仮に実現できると考えると(ほぼゼロである今の金利で)貯金をして100万円を1年後も100万円のままにしている事は、結果的にお金を減らす事になります。「リスクはとりたくないから投資はしないよ」が通じなくなるかもしれません。

今までは貯金による資産形成は「資産を減らさない」と言えましたが、今後は「間違いなく資産は減るが最小限にする」とも言えます。失う事を恐れ過ぎても少しずつ失ってしまうのです。

こう言ったインフレへ有効な対策の一つとして、意外かもしれませんが「借金」と言われます。

めちゃくちゃ極端な話をすると…物価が2倍になったら、お給料も2倍。現金の価値は今の1/2、つまり200万円借金してたとしたらそれは100万円の借金と同じ重みになります。
※ここだけを鵜呑みにして借金してはいけません。

200万円で車を購入したら、400万円の価値と考えられるからです。勿論、減価償却を考えると車の値段も下がりますが。

 

投資本来のリスクも忘れずに…

とは言うものの、借金をすれば利子を払う必要があり、インフレになったからと言ってその分金利も膨れ上がれば結局リスクが高くなります。だけど逆にインフレになった後だと、金利が上がりローンを組みにくい(審査落ち易い)事もあります。

「貯めてから買う」ではその頃にはインフレになってしまっているかもね。。。

また同じインフレでもその背景にはいろいろな要因があります。例えば円安によるインフレであれば外貨を持つもの有効かもしれません。

インフレの事だけを対策するのは、本来の投資リスクを軽視してしまう事になりかねません。ただどのような経済状況になっても、やはり分散投資はリスクを軽減すると考えられます。
「何でも良いから分散!」と言うのは意味はありませんが、しっかりリスクを理解(容認)出来るのであれば「100%現金主義」と言う人も5%でも10%でも良いので、資産を少しでも分散すると(良いか悪いかはともかくとして)少し価値観が変わるかもしれません。

不動産経営の3大リスク?だけど大切なのは前向きな気持ちです!
不動産の経営に限らず何か事業をしたり投資などに挑戦する以上、少なからず何かしらのリスクは伴います。 リスクの定義が変わってきている? リスクとは「ある行動をすることによって危険な目に遭う可能性や損をしてしまう可能性」のことを意味します。...
プロフィール

楽待新聞&不動産投資Libraryのコラムニストをしています。
普段、不動産投資家として考えていることや体験談などを掲載しています。
これから不動産投資を始めたい方や、賃貸経営初心者の方に対して、分かりやすい内容を心掛けています。

西本 豪をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
住宅ローン金利
スポンサーリンク
不動産投資ライフ

コメント