嬉しいアフターサービスの仕組み!物件購入後の情報展開

販売会社

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 16 秒です。

不動産投資は物件を購入したらそれでおしまいではありません。確かに充実した賃貸管理システムが備わっているので、オーナーは物件の管理を意識せず、趣味や本業に集中できます。

それでも、たまには自分の所有物件やその地域を気にかけることは大切です。多くの販売会社は「購入後のアフターサービスを大切にしております」と謳っているように、管理会社がしっかり管理しているかを少しは把握しておくべきです。

自分にあった賃貸管理システムとの上手い付き合い方
最近の不動産投資ブームの背景の一つとして、物件の所有者(家主)に変わり管理会社が賃貸管理を代行してくれるサービスが挙げられます。 大家業が多様化してきている 昔は賃貸業と言えば入居者の募集から家賃の回収や物件の手入れまで全てをこなしてい...

僕もたまにですが、ちょっとした用事で近くに行く機会があれば、自分の所有物件に足を運ぶことがあります。

その地域周辺を軽く散歩してみたり、清掃が十分にされていたりなど。。

ほとんど気休めかもしれませんが、それでも確認するのとしないのでは気持ち的にも少し違うはずです。

ただやはり、定期的にそのようなことをしても限界はありますよね。

一体、管理会社とはどのような仕事をしているのでしょうか。

比較的大きな管理会社の場合は物件所有者に向けて定期的に地域の情報誌などを展開しているところもあります。

内容としては修繕工事実施の報告や地域のイベント情報、ちょっとしたコラムなどさまざまです。

ただこのようなサービスも結局は物件の販売価格や管理料金から支出されていると考える「そんなところにコストをかけるのであれば費用を抑えてくれ」とも言われるかもしれませんが…ただ所有者が所有物件の状況を把握し続けるのは中々難しく、このように定期的情報発信があれば、「ちゃんとやってくれてるんだ。」と少し安心出来ます。

どちらが良いかは人それぞれですが、少しでも管理会社から情報を提供してくれるのは個人的には良いことだと思います。

プロフィール

楽待新聞&不動産投資Libraryのコラムニストをしています。
普段、不動産投資家として考えていることや体験談などを掲載しています。
これから不動産投資を始めたい方や、賃貸経営初心者の方に対して、分かりやすい内容を心掛けています。

西本 豪をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
販売会社
スポンサーリンク
不動産投資ライフ

コメント