リスク

住宅ローン金利

頭金は無くて良い?住宅ローン減税を考慮したマイホーム購入時の考え方

マイホームを購入する際、購入時の頭金をどれくらい支払うべきか(準備できるか)は家計によって異なります。 「とりあえず物件価格の30%くらい」などと考える方もいるかもしれませんが、その計算だと安定した返済計画を考える上で余り根拠が無いよ...
株式投資

会社四季報や新聞が読めなくても株式投資で儲けられる仕組みとは?

株式投資の基本的な考え方は、安い時に買って高い時に売ることで得られる売買益を獲得することです。 そしてもう一つ大切なポイントがあります。 それは株式投資で勝ち(儲け)や負け(損失)が確定するのは売却時です。 売却しなければ...
空室対策

空室対策のその先へ 〜不動産経営成功への4ステップ〜

不動産経営には様々なリスクなどがありますが最も重要なのは空室対策です。そしてその空室対策の先に満室経営があり、満室を維持することが不動産経営の成功に繋がります。今回は満室の状態を維持するために必要となる様々な対策方法をステップごとにご説明したいと思います。
住宅ローン金利

賃貸経営者なら絶対に覚えておきたい!スルガ銀行スキームの利用法!

スルガ銀行は不動産投資の世界で最も有名な金融機関です。貸出金利は4.5%と高めですが、融資枠が大きく審査機関も短いため、上手く活用することで保有資産の拡大にとても効果的です。
空室対策

高齢入居者と外国人入居者それぞれのメリット

高齢者の入居者と外国人の入居者について不安に考える大家が多いですが、しっかりと特徴を捉えたらむしろその他の入居者と比べて優良顧客になってくれる場合もあります。 外国人は優良入居者 日本人入居と比較して外国人入居者の方は賃貸について、いろ...
販売会社

騙されていませんか?一括借上げ制度は見えないリスクが沢山あります

去年末、借り上げ賃料の未払い事件を受けて、一括借上げに対する不安感が一層高まってしまいました。 去年、オーナーズスタイル出版した「長期安定経営を実現する 賃貸住宅を建てる本 2015-2016」に一括借上げ契約に対する注意点が分かりや...
老朽化対策

建築中だからこそできる住宅の品質チェック項目

注文住宅を建てる時や中古物件でも気になる住宅を見極める際は施工精度や品質チェックを行う必要があります。 不動産業に精通していない素人では中々どこを見れば良いか難しいと思いますが、 物件の品質を見極める観点はそこまで多くはありません。...
販売会社

他人事では無い…信頼できるパートナー選びの難しさ

去年の後半から今年に掛けて、参加コミュニティのメーリングリストにて姫路の不動産賃貸管理会社と音信不通になっているとの連絡(情報共有)がありました。 その後、全国賃貸情報新聞でも情報が公開されています。 借り上げ賃料未払いのまま音信不...
住宅ローン金利

史上最低の低金利時代?住宅ローンの借り換えポイントを徹底解説!

住宅ローンを借り換えることで返済額に大きな違いが出てきます。特にここ数年は史上最低の低金利時代と言われています。意外と知られていない変動金利の仕組みについても詳しく説明します。
利回り

こんなに沢山ある!物件購入後も利回りを上げる方法とは

投資物件はどの物件をどのタイミング(価格)で購入するかが大切ですが、購入後にもできることは沢山あります。 満室経営の場合、購入時が最も家賃収入があり、それ以降は現状の利回りや入居率をどう維持すれば良いかと考えてしまいますよね。 ...
勉強会

オーバーローンは本当にハイリスクか?物件価格を見極めることが大切です!

昨日は株式会社わひこが主催する不動産投資セミナーに参加させて頂きました。 株式会社わひこは1棟収物件を中心とした不動産経営を支援し、コンサルティング全般を得意とする不動産投資会社です。 またスペシャルゲストとして先日「爆発的にお...
空室対策

24時間ゴミ出しサービスで賃貸マンションを差別化できる!

皆さんは24時間ゴミ出しサービスのマンションに住んだことはありますか? 一見、それ程、大きな価値があるとは思わないかもしれませんが、一度体験してみるとその有り難みは想像以上だということが分かりますよ。 マンションごとに異なるゴミ出し...
販売会社

値上げだけでは無い!参考純率改定で火災保険が値下げするケースも?

今年(平成27年)の10月より保険料率を算出するための参考純率が改定になりました。主なポイントは2点です。 住宅総合保険の参考純率が全国平均で3.5%引き上げになる 長期保険期間が36年から10年までと短縮される 前回...
空室対策

空き家対策措置法案の完全施行で日本の空き家はどう変わるか?

ここ最近、日本では空き家問題がとても深刻化していています。 国土交通省の調査によると平成25年時点での空き家総数は820万戸に上り、全総住宅数の13.5%を占めると言われます。 この数字は年々増加傾向で10年後には20%を超える...
不動産市場

サービス付き高齢者向け住宅は今後普及していくか?

日本の住宅は実は高齢者にとって少し住みづらいと言われています。 築年数が浅い物件であればさまざまな気配りがされていてかなり住みやすいはずですが、築年数が経ったの特に一軒家などではやはり高齢者にとって大変な面も沢山あります。 日本の住...
空室対策

仲介会社危うし…不動産業界を変えるイノベーションが止まらない!

意外かもしれませんが不動産業界ではIT技術を駆使した取り組みがかなり普及してきています。 物件レベルで考えても食器洗い乾燥機やディスポンサーのような精密機械の技術に加え、オートロックや自動施錠機能のような主にセキュリティ分野を...
保険契約

火災保険の契約内容が変わる!契約期間の短縮で実質的な値上げも…

投資用物件に限らず住宅を購入する際には基本的には長期の火災保険に加入する事になります。 もし火災により住宅が損失してしまったとしても銀行側とすれば資金の返済を担保する必要がありますよね。そのためローンを組む前提として火災保険への加入が...
販売会社

平均入居率はどこまで信用できるか?管理会社の選び方のいろいろ

不動産の経営者には自分で物件を管理する自主管理の大家と管理会社と契約して管理を依頼する大家がいます。 僕も管理会社に業務を依頼していますが、普段柔軟な対応ができない会社員とかからすればまさに生命線です。 委託料は毎月の家賃の5%...
投資信託

セゾン投信の信託報酬低減でさらに大きなリターンを期待!

先日、数年前からお世話になっているセゾン投信より信託報酬低減のお知らせが届きました。いやー、嬉しい限りです。 投資信託の運用について、主に2つ必要となるコストが発生します。一つ目は購入時に一度必要となる購入時手数料。そ...
住宅

人口減少以上の脅威?住宅費は削減される方向に向かうかもしれない!

皆さんは将来の生活や老後資金に不安を感じる事はありませんか? 最近ではこのようなネガティブな問い掛けがちょっとしたブーム(?)となっています。 それだけ不安を感じる人が多いんですね。 日本人の抱える長生きのリスク 日本は環境...
FP備忘録

初心者が独学で日本FP協会国内ライセンスのAFPを取得するまで

先日、日本FP協会の国内ライセンスAFPを取得しました。 これまでファイナンシャルプランナーについて勉強しようと思った経緯や試験対策などについて簡単にまとめてみたいと思います。 そもそもファイナンシャルプランナーとは ファイナンシ...
保険契約

何のために加入するか?火災保険による補償範囲を再確認

投資物件を購入する際、金融機関によるローンを利用する場合は、万が一の担保のため、火災保険への加入が前提条件となるのが一般的です。 その理由は建物が全焼などの被害に遭った場合でもちゃんと融資額を回収しなければならないからです。当然と言え...
住宅

家賃の価格は交渉はできる?お部屋探しの流れと注意点について

不動産仲介会社との関わり方から家賃の価格交渉までお部屋探しをする全ての方にとって必見の情報です。
保険契約

火災保険が大幅値上げ!2つの変更点のポイントを解説します

一般的に投資用物件に関わらず、住宅を購入した場合は、ローン返済期間と同じ期間(一般的には35年)、長期の火災保険に加入する事になります。 特に投資用物件の場合は、もし火災により住宅が損失してしまっても銀行側からすれば住宅ローンは返済し...
スポンサーリンク