太陽光発電システムのこれから

遊休地の活用

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 9 秒です。

今日は日本エコシステム主催の太陽光発電のセミナーに参加させて頂きました。

住宅や土地(地面)に太陽光のパネルを設置する事で太陽光のエネルギーを蓄積して、それを売電する仕組みです。

発電した電力量により異なりますが、10年、または20年間、発電した電力を電力会社に売電する事で利益を挙げます。

普段使われていない土地を有効活用でき、投資効果が大きく利回りが10%を超える事も多いです。国からの補助金制度や節税効果もあり、今とても注目されています。

補助金や売電単価共に徐々に条件が悪くなっていますが、まだまだ高い利回りが狙える業界です。

賃貸経営の基本!表面利回りと実質利回りの違いを正しく理解する
不動産投資の評価指数として「利回り」と言う言葉がよく使われます。 銀行預金で言う「利子」と同じような意味合いで、物件価格から年間で何%回収出来るかと言う指標です。 表面利回りと実質利回り 例えば、物件価格が1,000万円、月々の家...

冬季・朝方・夕方など発電量が落ちる低照度の時期でもしっかり電力を生み出せるパネルを選ぶ事で一年を通じて安定した発電量を維持する事が出来れば、空率リスクが無いので不動産投資以上に安定していると考えられます。

人口の減少と空室リスクを考える
よく不動産販売会社の方は「今、日本の世帯数はどんどん増えているのでワンルームマンションは需要増ですよ!」と言われます。 中には他人事のように「地方では人口が減っているが都心では増え続けているので全然問題無い」ような言い方をされる営業さ...

太陽光発電は比較的最近注目を浴びてきたので、まだ余り技術が蓄積されていない施工(パネルを設置する)業者もあると聞きます。

不動産投資と同様、単に利回りだけで判断せず、信頼出来る業者(パネル販売メーカー・施工会社など)を選ぶ事でデットスペース(無駄になっている土地)を有効活用して安定した投資が見込めるので、僕も少し勉強してみたいと思います。

プロフィール

楽待新聞&不動産投資Libraryのコラムニストです。
普段、不動産投資家として考えていることや体験談などを掲載しています。
賃貸経営初心者にも分かりやすい内容を心掛けています。

西本 豪をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
遊休地の活用
スポンサーリンク
不動産投資ライフ

コメント