ドル・コスト平均法による購入時期分散のメリット

ドル・コスト平均法とは金融商品(株式や投資信託など)の購入方法で、購入資金を分割して一定金額を定期的に継続して投資する方法です。要は「一度で購入するのではなく購入時期を分散してリスクを減らす」と言う考え方です。とても難しそうな名前の割には考え方自体はシンプルです。

一定の金額で継続的に購入するので高値の時は購入数量が少なってしまいますが、逆に安値の時は多めに購入することが出来ます。一番の利点は高値であるタイミングで一度に全額投資してしまうリスクを避けれることです。価格が下がった場合のみならず、上がったときにも買うと言うことになります。安値の時と高値の時を見分けられる人は、高いと思う時は購入しなければ良いのですが、全ての人がそれを出来る訳ではありません。もっと言うと、一般の方ではそれが出来ない方の方が多いはずです。

もし「この株は短期間で絶対急上昇する!」と自信を持って言えるのであれば、購入時期の分散はせっかく安値で買えるのにそのチャンスを逃してしまうことに…その場合は逆効果になってしまうのですぐにでもその株を購入する方が良いかもしれません。
だけどミンナそれがいつなのかが分からないから困っている訳ですもんね。それで失敗してしまっている人も沢山いるのかもしれません。

もちろん、迷っている間にその株価が急上昇してしまう事もあるかもしれませんが、それは結果論です。迷っていたのであれば後から悔やむことは無いですよね。
長期投資でリスクを軽減し、安定した収益を得るという考え方なので「ローリスク・ローリターン」に近づく運用方法で、毎月積立の投資信託などで採用されることが多いです。また、分散して購入する場合、毎月の購入時に手数料が掛かる場合は無駄な出費が掛かることになりますが、投資信託にはノーロード(購入時手数料がゼロ)の商品などもあるため、そちらを選べばこの問題は意識しないで済みます。

投資初心者の方からしてみれば、大きな金額を一括で投資するのは不安ですよね。
「今月買うか来月買うか…」で悩んでいる間に疲れてしまい購入を諦める方も多いはずです。。。ですが、それを分散購入することで「今月も少し買う、来月も少し買う」と最初の一歩だけ踏み出せば後は運用状況を定期的に確認するくらいです。
投資をする以上、リスクは必ず付いてくるので、所詮気休めかもしれませんが、リスクを少しでも軽減出来るのであれば、そのその気休めが投資初心者の方には少しだけ心強い見方(?)になるのではないでしょうか。

長期の投資信託などでも良く言われる事ですが、一般的に基準価格が下がった場合、心配になったり解約したくなります。ですが、購入の分散投資をしていればむしろ「低い基準価格なので同じ積立額で沢山購入できた♪」とポジティブに考える事が出来ます。余り感情面ばかり心配し過ぎても論旨的で無いかもしれませんが、長期投資では、こうした安心した精神状態を保ち続ける事も成功の秘訣なのかなと感じます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告