インフレとデフレの違いは?自分の資産を守るための考え方について

資産運用

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 3 秒です。

皆さんはインフレという言葉をご存知ですか?

日本はこれからインフレに向かおうとしています。インフレになると僕たちの生活にどんな影響が出てくるのか?またどのような工夫をすればより快適に暮らせるのかをまとめてみました。

スポンサーリンク

デフレ時代からインフレ時代へ

インフレやデフレと聞くととても難しいイメージですが、簡単に説明すると以下のような意味になります。

  • インフレ(インフレーション)
    • モノの値段が継続的に値上がりする(物価が上がる)状態
  • デフレ(デフレーション)
    • モノの値段が継続的に値下がりする(物価が下がる)状態

モノの値段が上昇すれば相対的にお金の価値は下がってしまいます。例えば今まで100円で購入できていたものが1年後に200円になってしまえば、100円玉の価値は1年後50円分の価値になってしまう訳です。

日本はもともとインフレだった

1990年までの日本はインフレ時代でした。

高度経済成長に伴い人口は増え続け、給与もどんどん上がっていきました。そうすると皆の消費意欲が上がり、結果的に物価、不動産、株価なども連動して上がっていきました。この時代はコツコツと貯金をするよりも株や不動産をどんどん購入した人がどんどんお金持ちになっていきました。

バブル崩壊後にデフレ時代に突入

やがて1990年頃にバブルが崩壊し、日本のデフレ時代が始まりました。

物価が下がり相対的にお金の価値が上がるため、投資などをせずにコツコツと貯金していた人が資産を増やす一方、株や不動産をたくさん保有していた人は資産を大きく目減りさせてしまいました。

2012年以降は再びインフレに

2012年からはアベノミクスにより再びインフレに向かおうとしています。

2012年以降、インフレを目指すために、主に以下のような政策が実施されました。

  • 2012年12月
    • 第2次安倍政権が誕生
  • 2013年1月
    • 日銀が「物価安定の目標」を消費者物価の前年比上昇率2%と定める
  • 2013年3月
    • 量的・質的金融緩和を実施
  • 2014年10月
    • 追加の金融緩和を実施

これらの政策により株価はどんどん上昇し、不動産の販売価格も過去最高レベルになりました。

過去のインフレとの違いは?

バブル崩壊前の日本は長い期間ずっとインフレでしたが、2012年以降のインフレと比較すると以下のような違いがあります。

  • バブル崩壊前のインフレ
    • 通貨高(円高)で高金利→物価も上がるけど貯金しているとお金が増える
  • 2012年以降のインフレ
    • 通貨安(円安)で低金利→物価は上がるけど貯金してもお金は増えない

つまり、昔のインフレ時代ではコツコツと貯金していればしっかりとお金が溜まっていましたが、今の時代は定期預金、普通預金に関わらず貯金しても全然利子が付かないので、何か別の対策が必要になります。

スポンサーリンク

インフレの対抗する3つの対策

 

このインフレのリスクを避けるためには主に3つの対策が考えられます。

  1. 所得を上げる
  2. 金利を上げる
  3. インフレに強い資産を持つ

今後、所得は上がるのか?

インフレへの対策として、まずは「自分の所得を上げる」ことが考えられます。

仮にモノの値段が2倍になっても、自分のお給料もそれに伴って上がっていけば何も問題ありません。ですが、現実問題としてはお給料が上がっている実感を持てているのは経営者や大企業の社員のような一部の人達に限定されてしまっています。全ての人が同じように収入を増やすことは残念ながら現実的には難しいです。

金利はこれからも上がらない?

それでは「金利を上げる」ことは可能でしょうか?

結論から言うと、金利を上げることは所得を上げる以上に難しいです。

現在、日本の金利は限りなくゼロです。仮に1,000万円を銀行の預金に預けたとしても、金利がほぼゼロなので、お金もほとんど増えません。

また住宅ローン金利が低水準をずっと維持していることからも分かるように、今後も金融機関の預金金利が上がる可能性はほとんど考えられません。

このままでは所得を上げることもできず、銀行の金利も当てにならないため、インフレになればなる程、生活が厳しくなっていくことになってしまいます。

何か対策を打つ必要が出てきます。

インフレに強い資産形成とは?

銀行の金利が期待できないのであれば、自分でインフレに強い金融資産を見つける必要が出てきます。

具体的には以下のような金融資産がインフレに強いと言われます。

  • 株式
  • 不動産
  • 投資信託

実際に2012年以降、株も不動産もどんどんと値段を上げ続けています。また投資信託は万人にっってとてもオススメな金融商品です。投資信託を強くオススメする理由はこちらの記事で詳しく解説していますので、もし興味があれば、是非読んで頂ければと思います。

インフレ時代の正しい資産運用は?

 

アベノミクス以降、日本は少しずつインフレの方向に向かっています。

デフレの時は物価が下がり続けてしまうため、お金を持つ事が一番安全で「CASH IS KING」と言われていましたが、これからはその逆になります。

リスクを避けたいがために投資を一切せず預貯金だけでお金を貯める事が、結果的にリスクに繋がってしまう時代です。

政策がどこまで実現できるは分かりませんが、インフレによりお金の価値の目減りを回避するためにもお金以外の資産を運用することが大切です。

プロフィール

楽待新聞&不動産投資Libraryのコラムニストをしています。
普段、不動産投資家として考えていることや体験談などを掲載しています。
これから不動産投資を始めたい方や、賃貸経営初心者の方に対して、分かりやすい内容を心掛けています。

西本 豪をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
資産運用
スポンサーリンク
不動産投資ライフ

コメント