インフレから自分の資産を守るために大切な考え方

資産運用

インフレとはインフレーションの略称で、モノの値段が継続的に値上がりする(物価が上がる)状態を言います。

対するデフレはデフレーションの略称で、モノの値段が継続的に値下がりする(物価が下がる)状態です。

モノの値段が上昇すれば相対的にお金の価値は下がってしまいますよね。

例えば今まで100円で購入できていたものが1年後に200円になってしまえば、100円玉の価値は1年後50円分の価値になってしまう訳です。

スポンサーリンク

インフレの対抗する2つの対策

このインフレのリスクを避けるためには主に2つの対策が考えられます。

  • 所得を上げる
  • 金利を上げる

インフレへの対策として、まずは「自分の所得を上げる」ことが考えられます。仮にモノの値段が2倍になっても、自分のお給料もそれに伴って上がっていけば何も問題ありません。

ですが、現実問題としてはお給料が上がっている実感を持てているのは経営者や大企業の社員のような一部の人達に限定されてしまっています。中には順調に収入が増えて続けている人もいるかもしれませんが、全ての人が同じように収入を増やすのは現実的にかなり難しいです。

それでは「金利を上げる」ことは可能でしょうか?

結論から言うと、金利を上げることは所得を上げる以上に難しいことです。

現在、日本の金利は限りなくゼロです。仮に1,000万円を銀行の預金に預けたとしても、金利がほぼゼロなので、お金もほとんど増えません。

また住宅ローン金利が低水準をずっと維持していることからも分かるように、今後も銀行などの預金金利が上がる可能性はほとんど考えられません。

このままでは所得を上げることもできず、銀行の金利も当てにならないため、インフレになればなる程、生活が厳しくなっていくことが容易に想像できてしまいます。

スポンサーリンク

インフレに強い資産形成は

銀行の金利が期待できないのであれば、自分でインフレに強い金融資産を見つける必要が出てきます。

具体的には以下のような金融資産がインフレに強いと言われます。

  • 株式
  • 不動産
  • 投資信託

中でも投資信託は万人にとってオススメの金融商品だと思います。

資産運用の最初の一歩は何が良い?投資信託がオススメな3つの理由
投資信託はゆっくりと時間を掛けて複利の効果を最大限に活かすことで誰でも大きな資産を作れます。まだ投資経験の無い初心者にとってのおすすめポイントを中心に投資信託の仕組みや購入時の注意などをまとめました。
スポンサーリンク

日本はインフレに向かっている

日本はアベノミクス以降、少しずつインフレの方向に向かっています。

デフレの時は物価が下がり続けてしまうため、お金を持つ事が一番安全で「CASH IS KING」と呼ばれていましたが、今後はその逆になります。

リスクを避けたいがために投資を一切せず預貯金だけでお金を貯める事が、結果的にリスクに繋がってしまう時代になってきています。

政策がどこまで実現出来るかは分かりませんが、インフレによりお金の価値の目減りを回避するためにもお金をそれ以外のモノに買えて運用する事はこれからとても有効になるはずです。

コメント