金利

住宅ローン金利

不動産融資に積極的な銀行は?賃貸経営4大金融機関の特徴について

賃貸経営の世界で最も有名な金融機関と呼ばれる3つの金融機関「スルガ銀行」「静岡銀行」「オリックス銀行」と、公的機関である「日本政策金融公庫」の特徴について詳しく説明します。
不動産市場

不動産経営で大失敗?自己破産するとどうなるのか調べてみました

自己破産という言葉を良く聞きますが、実際に自己破産をするとどうなるのかイマイチ分からない方も多いと思います。今回は不動産経営を中心とした自己破産について簡単にまとめてみました。
利回り

「かぼちゃの馬車」問題で考える誤った投資物件購入後の対策は?

今話題になっている「かぼちゃの馬車」の問題を受けて「物件の購入後、もしも想定外の自体が起こり正常な不動産経営を継続できない場合、どのような対策があるか?」について考えてみました。
販売会社

「かぼちゃの馬車」問題で考える 〜甘い言葉の罠に騙されない最低限の知識〜

今年(2018年)に話題になった「かぼちゃの馬車」問題をうけて自分の投資判断や被害に遭わないための考え方を見つめ直してみました。今後、賃貸経営を検討している人にも役に立つ情報です。
不動産市場

破綻リスクは誰にでもある 〜住宅ローンで破綻しないための注意点について〜

数年前から賃貸物件の供給戸数がずっと増え続けていましたが、ここ最近は少しずつ減少傾向になってきています。 さらに、今後も着工数は減少傾向になると予想されています。 また賃貸物件に限らず一般の不動産の含め販売価格の少しずつ下降傾向...
利回り

ローン定数(K%)とレバレッジの関係性について

不動産を利用した賃貸経営をする場合、その運用状況を評価する指数に「利回り」があります。 不動産投資の利回りの種類 不動産投資の利回りには次のようなものがあります。 表面利回り(グロス利回り) 表面利回りの計算方法は次の通りで...
勉強会

非公開情報とコンプライアンスについて思うこと 〜情報流出による個人の責任とコミュニティへの影響〜

先日、僕の所属するコミュニティで大切な非公開情報が流出してしまいました。 それは講師の方が勉強会用に作成して下さった資料の一部で、勉強会の参加者がその資料の内容を交渉の材料として使用したことで流出が発覚したそうです。 不...
利回り

イールドギャップの考え方と自分にあった資産運用

不動産投資用の物件購入を判断する時の指数として表面利回りや実質利回りなどがありますが、同じような指数の一つにイールドギャップと呼ばれるものがあります。 イールドギャップの計算方法はとてもシンプルで金融機関から融資を受けた場合の借入金利...
利回り

出口戦略の必要性を考えてみました

投資用物件を所有していると「あなたのマンションお売りください」と書かれたチラシが届いたり、何度も営業電話が掛かってきた時期もありましたが、現時点で売却は全く考えていないためほとんど話は聞かず門前払いの状態です。 出口戦略を考えることの必要...
住宅

賃貸併用住宅への憧れは…

普段は余り賃貸併用住宅の話を伺うことが少ないのでちょっとお話を伺うと「なんとなく楽しそう」と思ってしまいます。 賃貸併用住宅とは自身の所有する賃貸物件に大家と入居者が一緒に住む住宅のことで、「自宅の一部を賃貸として提供し家賃収入を得る...
住宅ローン金利

頭金は無くて良い?住宅ローン減税を考慮したマイホーム購入時の考え方

マイホームを購入する際、購入時の頭金をどれくらい支払うべきか(準備できるか)は家計によって異なります。 「とりあえず物件価格の30%くらい」などと考える方もいるかもしれませんが、その計算だと安定した返済計画を考える上で余り根拠が無いよ...
空室対策

空室対策のその先へ 〜不動産経営成功への4ステップ〜

不動産経営には様々なリスクなどがありますが最も重要なのは空室対策です。そしてその空室対策の先に満室経営があり、満室を維持することが不動産経営の成功に繋がります。今回は満室の状態を維持するために必要となる様々な対策方法をステップごとにご説明したいと思います。
住宅ローン金利

賃貸経営者なら絶対に覚えておきたい!スルガ銀行スキームの利用法!

スルガ銀行は不動産投資の世界で最も有名な金融機関です。貸出金利は4.5%と高めですが、融資枠が大きく審査機関も短いため、上手く活用することで保有資産の拡大にとても効果的です。
節税方法

自宅兼事務所の費用を経費計上し税金負担を軽減する時の注意点

在宅勤務の個人事業主のように自宅の一部を事業所として利用している場合、「どこまでが経費として計上できるのか?」について気になると思います。基本的な考え方についてまとめてみました。
住宅ローン金利

史上最低の低金利時代?住宅ローンの借り換えポイントを徹底解説!

住宅ローンを借り換えることで返済額に大きな違いが出てきます。特にここ数年は史上最低の低金利時代と言われています。意外と知られていない変動金利の仕組みについても詳しく説明します。
確定申告

去年提出した実際の収支内訳書(不動産所得用)を読み返してみました

去年(平成26年分)の確定申告の内容を見返しています。 今回は収支内訳書に記載されている内容を確認してみました。 白色申告に必要となる収支内訳書 収支内訳書は確定申告(白色申告)をする際に確定申告書と一緒に提出する書類です。 ...
住宅

家賃の価格は交渉はできる?お部屋探しの流れと注意点について

不動産仲介会社との関わり方から家賃の価格交渉までお部屋探しをする全ての方にとって必見の情報です。
住宅ローン金利

ボーナスの使い道は繰り上げ返済

今日から7月、2015年も後半ですね。会社員の方は6月~7月に掛けてボーナスが支給される方も多いと思います。 使い道として上位にくるのは毎年電化製品や旅行などが人気のようです。勿論、一番人気は貯金だと思いますが。 僕は纏まったお...
住宅ローン金利

返済額に占める利息額は4割?借入当初は元金が全然減りません…

オリックス銀行から最初の返済予定表が届きました。 貸出金額および金利については概要は以下の通りです。 当初貸出金額…9,600,000円 年利率…1.975% 借入期間…25年 一昨年、融資頂いたジャックス...
住宅ローン金利

銀行よりも低金利な政府系金融機関?日本政策金融公庫の特徴について

銀行よりも低金利で融資をしてくれる金融機関をご存知ですか? 一般的に、不動産投資の貸出金利は2%台〜4%台であることが多いですが、日本政策金融公庫の融資の場合は貸出金利が1%台ととても低金利で借り入れができます。 日本政策金融公庫の...
節税方法

所得水準により節税効果は大きく変わります!

収益物件による不動産投資の利点の一つとして節税効果が挙げられます。例えば、物件価格が1億円(土地5,000万円、建物5,000万円)の築古木造アパートをフルローンで購入し、年間家賃収入が1000万円見込める場合、キャッシュフローはこのように...
確定申告

国税還付金振込通知書が届きました!

先日、税務署より確定申告に伴う還付金振込通知書が届きました。 支払われる金額は約50,000円です。固定資産税がギリギリ支払えるくらいです。 ちなみに今回が初めての確定申告でした。 2014年の年間収支です...
確定申告

確定申告を提出してきました!

今日は確定申告を税務署に提出してきました。不動産所得に伴う白色申告です。今回、税務署へ提出した書類は大きく分けて以下の3種類です。 所得税確定申告書 収支内訳書(不動産所得用) 減価償却資産償却方法の届出書 ...
住宅ローン金利

不動産投資ローンを徹底比較!ジャックスVSオリックス銀行

不動産投資の世界で有名な金融機関であるジャックスとオリックス銀行について違いや特徴を比較してみました。主に適応金利や団体信用生命保険の適応範囲など詳細な内容に違いがありました。
スポンサーリンク