利回り

住宅ローン金利

大前提としてローンを組めるかが何よりも大切です

最近では不動産投資にも積極的に融資を始めた金融機関が増えてきています。 ただ、住居用の住宅の購入とは異なり、投資用物件の購入時は融資を受ける側の収入や資産情報だけで融資を判断する訳では無く、対象の物件が想定した通りの運用利回りをしっか...
資産運用

知らない人は損してる?NISA制度の魅力と口座開設後の注意点について

2014年1月からNISA(少額投資非課税制度)が開始されます。本来、株式投資や投資信託で得た収益には配当所得が課せられますが、NISAを利用することで非課税となります。
住宅ローン金利

返済総額を抑えたいなら早期完済の意識が大切です

不動産投資リスクの一つである「変動金利」にもいくつか対策はあります。 金利上昇局面での金利負担増を回避する方法として月々の返済額を増額することが出来ます。 付き合いが浅く、住宅ローン会社に対する信頼が十分でない状態(今の僕で...
利回り

その利回りは本当に正しい?投資額を正しく見極めるための注意点

不動産投資の利回りにはさまざまなものがありますが、一般的に分かりやすい指数として以下の2つの利回りが有名です。 購入した物件の価格から年間で何%回収出来るかを計算する表面利回り 管理費用や修繕積立金などの出費も考慮した実質利...
資産運用

複利効果の魅力!時間と金利を味方につけて投資効率を倍増できる!

若い世代の人にとって資産運用における最大の武器は「時間」だと言われます。 「時間」を十分に活用して正しい金融商品を選択すれば、誰でも必ずお金持ちになれるはずです。 時間は掛かっても少しずつコツコツと資産を増やしたい人 ...
投資信託

投資初心者におすすめの唯一の方法!投資信託をする7つの理由!

投資信託はゆっくりと時間を掛けて複利の効果を最大限に活かすことで誰でも大きな資産を作れます。まだ投資経験の無い初心者にとってのおすすめポイントを中心に投資信託の仕組みや購入時の注意などをまとめました。
投資信託

普通の会社員でも大丈夫!忙しくて時間の無い人の投資信託入門

投資信託とは投資家から少しずつ集めた資産をひとまとめにして、資産運用の専門家であるファンドマネージャが株式・債券・不動産などに対して投資・運用する金融商品の事です。 ファンドと呼ばれることもあります。 その運用成果が投資家それぞ...
老朽化対策

液状化現象の仕組みと被害に遭わないための備えについて

液状化現象とは地震の揺れにより地面が液体状になってしまう現象のことです。地下水位が浅く地盤が緩い地域で発生することが多く、建物の資産価値や安全性に大きな影響を与えます。
遊休地の活用

太陽光発電システムのこれから!空きスペースの有効活用する方法!

今日は日本エコシステム主催の太陽光発電のセミナーに参加しました。 太陽光発電は不動産投資と比べても、まだ歴史の浅い分野であるため、以下のように思う人も多いのでは無いでしょうか? 不動産投資と比べるとお金の流れ...
空室対策

どちらが良いか?ワンルームマンションとファミリーのマンション

不動産投資物件を探す時、ワンルームマンションとファミリーマンションのどちらが良いかで迷う方も多いかもしれません。 それぞれに一長一短あると思いますが、その違いを簡単にご紹介しようと思います。 ワンルームマンションとファミリーマンショ...
利回り

賃貸経営の基本!表面利回りと実質利回りの違いを正しく理解する

不動産投資の評価指数として「利回り」と言う言葉がよく使われます。 銀行預金で言う「利子」と同じような意味合いで、物件価格から年間で何%回収出来るかと言う指標です。 表面利回りと実質利回り 例えば、物件価格が1,000万円、月々の家...
勉強会

どう始めれば良い?不動産投資の最初の一歩

物価上昇が予想される中、不動産投資が注目を浴び続けています。 少ない頭金で始めれるとの事で気になっている方も少しずつ増えているようですが、一体どこから情報を収集すれば良いでしょう。 いきなり販売会社に問い合わせるのは危険 物件を購...
空室対策

安いだけでは選ばれない…入居者の要望はどんどん高くなっていく

戸建の住宅でもマンションでも一昔前と比べてどんどん新しい機能が搭載されてきています。 室内の設備だけで無くエントランスや共有スペースもとても立派で高級感のある造りになっています。 セキュリティが維持できないと選ばれない 住宅の進化...
空室対策

大阪の物件は安い?不動産価格とリスクについての考え方

同じ国内でも地域によって物価は大きく変わります。中でも不動産は地域差がとてもはっきりと出ますよね。 立地や規模にもよりますが平均的に国内で最も物件が高いのはやはり東京です。 大阪はこれからの活性化が見込める? アベノミクスによる物...
スポンサーリンク