不動産投資による赤字で課税対象額を削減できる

節税方法

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 27 秒です。

不動産投資により赤字収益(家賃収入より必要経費の方が多いこと)になった場合、課税対象額を削減することができます。

例えば、以下の記事の場合、年収が400万円の既婚者の場合、課税対象額は152万円になり、課税される所得税は54,500円となりました。

給与所得の課税対象額と所得税の計算方法についてどこよりも詳しく解説します
所得税算出の基準となる課税対象額についてどこよりも詳しく説明します。給与所得と課税対象額の違いや各種控除額の計算方法を踏まえ誰でも簡単に所得税の仕組みが分かる内容になっています。
年収が400万円の既婚者の場合
kojo1
超過累進税率による所得税の速算表
課税対象額税率控除額
~195万円以下5%0円
195万円超~330万円以下10%97,500円
330万円超~695万円以下20%427,500円
695万円超~900万円以下23%636,000円
900万円超~1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円超~40%2,796,000円
  • 課税対象額×税率-控除額=所得税

その上で、不動産投資を行い下のような運用をしたとします。

  • 家賃収入:60万円(12ヶ月×5万円)
  • 必要経費:160万円
    • ※ローン金利:30万円、減価償却費:70万円、雑費:60万円
  • 家賃収入-必要経費=不動産投資による損益
    • 60万円(12ヶ月×5万円)-160万円=100万円の赤字

その場合、上のグラフはこのように変化し、課税対象額が52万円にまで減ります。

kojo2

その結果、所得税の計算もこのように変わります。

  • 不動産による控除前
    • 152万円×10%-97,500円=54,500円
  • 不動産による控除後
    • 52万円×5%-0円=2,600円

これが「不動産をすれば節税効果が期待出来る」と言われることの大まかなイメージです。

今回は計算を分かりやすくするため、かなり大雑把な数字をもとに計算していますが、会社員や公務員はこのような考え方で、本業収入から不動産投資の赤字分を差引き損益通算を行うのです。

不動産投資による赤字は、減価償却費やローン金利の変動(減少)でいつかは黒字に変わり、節税効果は一時的なものとなります。

だけど、どのようなカラクリで節税効果が期待できるのかが分かれば、不動産投資への謎(不信感?)も少しは解消されるのではないでしょうか。

その節税対策は大丈夫?いつか無くなる節税効果の仕組みを理解しよう
不動産投資のメリットの一つとして「節税の効果がある」ということが良く紹介されます。 今回は不動産投資をすることによって得られる節税効果について内容を確認してみたいと思います。 不動産投資による節税効果 節税効果とは本来個人が支払う...
プロフィール

楽待新聞&不動産投資Libraryのコラムニストをしています。
普段、不動産投資家として考えていることや体験談などを掲載しています。
これから不動産投資を始めたい方や、賃貸経営初心者の方に対して、分かりやすい内容を心掛けています。

西本 豪をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
節税方法
スポンサーリンク
不動産投資ライフ

コメント