減価償却

節税方法

青色事業専従者給与を活用して節税効果を高めよう!

青色事業専従者給与を活用することで家族に支払う給与を経費として計上し、売上を削減することが可能です。適応条件や注意点を中心に制度の有効な活用方法を解説します。
2019.02.02
住宅ローン金利

デッドクロスの仕組みとは?問題点と回避策を徹底解説!

不動産経営や会社経営をしていると「黒字倒産」をいう言葉を聞くことがあります。 黒字倒産とは帳簿上はしっかりと利益を獲得できているはずなのに、実際の現金が手元に無く、借入金の返済や税金の支払いができなくなることです。 賃貸経営で黒...
2019.04.23
確定申告

脱税は必ずバレる?確定申告で不正が発覚する理由と罰則規程について

不動産経営などで売上げが発生した場合、翌年の2月16日から3月15日までのおよそ一ヶ月の間に確定申告を行われなければいけません。 ようやく、今年の確定申告を終えて一息付いている方もいるでしょうし、今も絶賛対応中の方もいるかもしれません...
2019.11.17
老朽化対策

修繕費と資本的支出との違いを理解して効果的な節税対策をしよう

修繕費と資本的支出の違いについて、正しく理解できていますか?これらの違いについては、一見、どちらでも良いような気もしますが、実は経費の計上に仕方に大きな違いが出てきます。
2019.02.02
不動産市場

破綻リスクは誰にでもある 〜住宅ローンで破綻しないための注意点について〜

数年前から賃貸物件の供給戸数がずっと増え続けていましたが、ここ最近は少しずつ減少傾向になってきています。 さらに、今後も着工数は減少傾向になると予想されています。 また賃貸物件に限らず一般の不動産の含め販売価格の少しずつ下降傾向...
2018.07.09
確定申告

マイホーム売却に伴う確定申告の要否について調べてみました

用途を問わず物件を売却すると譲渡所得として税金が掛かる可能性があります。売却により利益が発生するかどうかが基準になります。売却時の注意点や確定申告のポイントについてまとめました。
利回り

出口戦略の重要性!投資の成果を左右する重要なポイントについて

不動産投資が「成功だったか?」「失敗だったか?」を評価するには「いくらで売却できたか?」が重要はポイントになります。 もし物件を保有している間、空室率も低く十分なキャッシュフローが実現できていたとしても、売却価格が想定以上に低ければ、...
2019.08.25
確定申告

確定申告で税金が戻る?還付申告を提出してきました!

確定申告を申請することで、昨年度の所得額に対して計算した税金を納めることになります。 ですが、もしも会社員としての所得税を支払っており、かつ、不動産所得がマイナスの場合は還付申告を提出することで納め過ぎた税金が戻ってきます。 そもそ...
2019.11.23
節税方法

自宅兼事務所の費用を経費計上して税金負担を軽減する時の注意点

在宅勤務の個人事業主のように自宅の一部を事業所として利用している場合、「どこまでが経費として計上できるのか?」について気になると思います。基本的な考え方についてまとめてみました。
確定申告

知らない人は損してる?小規模不動産経営でも青色申告は申請できる!

確定申告とは個人の1年間の所得を申告・納税する制度です。確定申告には白色申告制度と青色申告制度の2種類があります。それぞれの違いを理解した上で青色申告制度のメリットについて解説したいと思います。
2018.09.13
確定申告

収支内訳書(不動産所得用)を読み返してみました【2014年分】

去年(平成26年分)の確定申告の内容を見返しています。 今回は収支内訳書に記載されている内容を確認してみました。 白色申告に必要となる収支内訳書 収支内訳書は確定申告(白色申告)をする際に確定申告書と一緒に提出する書類です...
2019.04.07
確定申告

値崩れリスクを回避しつつ節税効果を高める方法

どんなに新しく高スペックな物件でも築年数が経過するにつれて老朽化が進みます。 その結果、物件価格は少しずつ値下がりしてしまいます。 物件価格が下がる仕組み まず、新築物件の場合は、購入後、すぐに大きな値下がりが起こります。 新築...
2018.09.16
節税方法

所得水準により節税効果は大きく変わります!

収益物件による不動産投資の利点の一つとして節税効果が挙げられます。例えば、物件価格が1億円(土地5,000万円、建物5,000万円)の築古木造アパートをフルローンで購入し、年間家賃収入が1000万円見込める場合、キャッシュフローはこのように...
2016.04.14
確定申告

国税還付金振込通知書が届きました!

先日、税務署より確定申告に伴う還付金振込通知書が届きました。 支払われる金額は約50,000円です。固定資産税がギリギリ支払えるくらいです。 ちなみに今回が初めての確定申告でした。 2014年の年間収支です...
2018.09.14
確定申告

確定申告を提出してきました!

今日は確定申告を税務署に提出してきました。不動産所得に伴う白色申告です。今回、税務署へ提出した書類は大きく分けて以下の3種類です。 所得税確定申告書 収支内訳書(不動産所得用) 減価償却資産償却方法の届出書 ...
2018.09.13
不動産市場

本当に大丈夫?空室率が伸び続ける日本の不動産市場

日本の空き家率が年々増え続けています。 過去最高の空き家率を更新 総務省が5年ごとに実施している住宅や土地に関する調査では日本の空き家率が継続的に伸び続けていることが分かります。 直近の2014年7月に発表された調査結果の内容は以...
2019.03.14
FP備忘録

FP試験を受ける上で必要となる不動産の基礎知識

不動産の分野では不動産登記の仕組みつかみ不動産の価格を整理する必要があります。 また建築基準法を中心にその他の法令を理解し、各種税金についてもしっかり把握しなければいけません。 不動産の見方 不動産とは「土地およびその定義物のこと...
2019.03.14
FP備忘録

タックスプランニングの理解でFP試験は楽しくなる!出題範囲を徹底解説

タックスプランニングと聞くととても難しいイメージがあります。 タックス(tax)は税金、プランニング(planning)は計画や企画立案という意味です。 税金については少し複雑で覚えることが多いのも事実です。ですが、必要となる範...
2019.11.23
節税方法

賃貸経営のマイナス収支で課税対象額を削減する仕組みとは?

不動産投資により赤字収益(家賃収入より必要経費の方が多いこと)になった場合、課税対象額を削減することができます。 例えば、以下の記事の場合、年収が400万円の既婚者の場合、課税対象額は152万円になり、課税される所得税は54,500円...
2019.11.10
節税方法

中古物件の減価償却費の計算方法と売買戦略の注意点について

賃貸経営の経費計上において、減価償却費はもっとも大きなボリュームを占めます。 また「(建物部分の)購入価格」や「法定耐用年数」をもとに算出するため、「○年後に○万円の減価償却費を計上できる」ということを、高い精度で見込むことができます...
2019.08.25
節税方法

その節税対策は大丈夫?いつか無くなる節税効果の仕組みを理解しよう

不動産投資のメリットの一つとして「節税の効果がある」ということが良く紹介されます。 今回は不動産投資をすることによって得られる節税効果について内容を確認してみたいと思います。 不動産投資による節税効果 節税効果とは本来個人...
2019.11.23
節税方法

不動産投資の経費計上として最も高額な減価償却費について

不動産所得を計算する上で必要経費の計上はとても大きな役割を果たします。 また必要経費として計上できる項目の中でも減価償却費はもっとも大きな割合を占める項目の一つです。 減価償却の仕組みを理解することで物件ごとの経費計上の仕方だけ...
2019.11.23
節税方法

普通徴収と特別徴収?会社にばれずに家賃収入を得るための方法は?

賃貸収入を得て不労所得を稼ぎたいと考える人は多いと思います。最近では一般の会社員が不動産投資で成功し、セミリタイア生活(早期退職)する話題も珍しくなくなってきました。 とても夢のある話ですね。 その一方で「勤め先の会社に自分が賃...
2019.11.10
資産運用

インフレの仕組みとは?貯金するより借金が有利になる理由

あなたは「インフレ」という言葉の意味を説明できますか? 日本はこれからインフレに向かおうとしています。インフレになると僕たちの生活にどんな影響が出てくるのか?またどのような工夫をすればより快適に暮らせるのかをまとめてみました。 デフ...
2019.11.23
タイトルとURLをコピーしました