満室

空室対策

入居者の入れ替わり通じて感じたことと

賃貸管理会社から電話を受ける時はいつも嫌な予感がします。 賃貸経営をしていても、基本的に賃貸管理会社から連絡があることは少なく、基本的には連絡を受けた場合は退去希望の連絡であることが多いからです。 一年の中でも特に2月〜3月頃の...
老朽化対策

設備対策は万全?エアコン故障時の出費は準備次第で安くできる!

不動産経営において大切なことは空室対策により安定した家賃収入を得つつ、その後も満室経営を継続させることです。 それは言い換えると今住んで下さっている入居者に対して少しでも快適な生活を送ってもらえるよう充実した設備を維持することだったり...
利回り

ローン定数(K%)とレバレッジの関係性について

不動産を利用した賃貸経営をする場合、その運用状況を評価する指数に「利回り」があります。 不動産投資の利回りの種類 不動産投資の利回りには次のようなものがあります。 表面利回り(グロス利回り) 表面利回りの計算方法は次の通りです。 ...
空室対策

家賃設定と仲介手数料の重要性

今年の4月から5月頃に掛けて退去の問い合わせが立て続けに入りました。 引っ越しがピークとなる時期は年度が変わる少し前の2月〜3月頃になるので、この時期の退去連絡は正直つらいものです。 基本的に物件はワンルームマンションなので一件...
利回り

イールドギャップの考え方と自分にあった資産運用

不動産投資用の物件購入を判断する時の指数として表面利回りや実質利回りなどがありますが、同じような指数の一つにイールドギャップと呼ばれるものがあります。 イールドギャップの計算方法はとてもシンプルで金融機関から融資を受けた場合の借入金利...
空室対策

空室対策のその先へ 〜不動産経営成功への4ステップ〜

不動産経営には様々なリスクなどがありますが最も重要なのは空室対策です。そしてその空室対策の先に満室経営があり、満室を維持することが不動産経営の成功に繋がります。今回は満室の状態を維持するために必要となる様々な対策方法をステップごとにご説明したいと思います。
利回り

こんなに沢山ある!物件購入後も利回りを上げる方法とは

投資物件はどの物件をどのタイミング(価格)で購入するかが大切ですが、購入後にもできることは沢山あります。 満室経営の場合、購入時が最も家賃収入があり、それ以降は現状の利回りや入居率をどう維持すれば良いかと考えてしまいますよね。 ...
販売会社

平均入居率はどこまで信用できるか?管理会社の選び方のいろいろ

不動産の経営者には自分で物件を管理する自主管理の大家と管理会社と契約して管理を依頼する大家がいます。 僕も管理会社に業務を依頼していますが、普段柔軟な対応ができない会社員とかからすればまさに生命線です。 委託料は毎月の家賃の5%...
勉強会

大家さんのコミュニティで空室リスクの不安を共有

空室リスクは全ての大家さんにとって最も大きな不安要素の一つです。 「満室経営」を目指すような書籍は書店にも沢山ありますが、投資物件に同じものが無いように空室対策にも一つの正解がある訳ではありません。 「空室対策を改善するための方...
空室対策

新規募集よりも退去者防止の方が大切で効果的な訳

不動産経営をする家主は誰もが空室を減らし満室経営を継続したと考えているはずです。 もし空室が発生してしまうとその空室を埋めるためにいろいろと試行錯誤をすると思います。空室を埋めるために全神経を「どうやったら新しい入居者を獲得できるか?...
利回り

賃貸経営の基本!表面利回りと実質利回りの計算方法を徹底解説!

賃貸経営でもっとも有名な評価指数は「利回り」です。 普段、株式投資や投資信託をしている人ならイメージしやすいですが、全く投資をしない人にとっては余り馴染みの無い言葉ですね。 利回りとは「物件の購入価格から年間で何%回収出来るか?...
空室対策

不動産投資はリスクが高い?不安を安心に変える考え方について

投資や起業など、今までやったことが無いことにチャレンジするには勇気がいります。 未知の世界に一歩踏み出す場合、分からないことが多過ぎて不安になります。 その理由の一つは不確実な要素が増えてくるからだと思います。 不確実な要...
スポンサーリンク