経営

空室対策

賃貸経営の大きなリスク!もしも夜逃げされてしまったら…

不動産投資をする時、空室管理や利回りなどを一生懸命考えますが、万が一、家賃滞納のあげく夜逃げされたとなったら、そのシナリオは一気に崩れるでしょう。 家賃滞納の場合、その期間の賃貸収入はゼロになります。 予め敷金などを数か...
節税方法

会社にばれずに不動産経営するために知っておくべき知識

最近は一般尾会社員でも不動杏投資をすることが増えてきました。 不動産投資を始めると、小規模の場合でも少なからず収入が増えてしまいますよね。 会社ごとに副業規定は異なりますが、やっぱり出来れば会社や同僚には知られたくなかっ...
節税方法

年収400万円でも不動産経営は十分可能!

不動産投資と言う言葉を聞くと株やFXなど、その他の投資より少しインパクトの大きな響きかもしれません。 実際、一昔前は医者や弁護士など、主に富裕層向けの投資だったそうですが、最近では物件購入者の層は少しずつは変わってきているようです。 ...
住宅ローン金利

返済総額を抑えたいなら早期完済の意識が大切です

不動産投資リスクの一つである「変動金利」にもいくつか対策はあります。 金利上昇局面での金利負担増を回避する方法として月々の返済額を増額することが出来ます。 付き合いが浅く、住宅ローン会社に対する信頼が十分でない状態(今の僕で...
住宅

利便性は抜群!カーシェアリングの利点について

日本人(特に若者)の車離れに伴いカーシェアリングが少しずつ流行ってきているようです。 地方のように交通機関があまりさかえていない地域では今も車は必需品として重宝されていますが、都心の場合は基本的に電車やバスのような交通機関で十分に移動...
資産運用

インフレから自分の資産を守るために大切な考え方

インフレとはインフレーションの略称で、モノの値段が継続的に値上がりする(物価が上がる)状態を言います。 対するデフレはデフレーションの略称で、モノの値段が継続的に値下がりする(物価が下がる)状態です。 モノの値段が上昇すれば相対...
空室対策

住宅ローンを活用したヤドカリ投資法で安定した資産形成

不動産経営の中で最もリスクが低い「ヤドカリ投資法」についてまとめました。小規模な物件の購入から始めることが多いため最初は時間が掛かりますがとても堅実な投資方法です。
老朽化対策

液状化現象の仕組みと被害に遭わないための備えについて

投資用物件を購入する際にはさまざまなことを想定して購入判断を行います。 一般的な検討事項としては以下のようなものがあります。 利回りや返済計画などの資金計画 物件(室内や共有部分)の設備や品質 利便性や安全性など...
遊休地の活用

相続税対策は万全ですか?不動産投資で期待できる節税対策について

相続税の対策は金額が大きいためしっかりと対応したい分野です。賃貸経営をしたりタワーマンションを購入することで評価額を大きく削減できます。仕組みや計算方法について解説します。
遊休地の活用

太陽光発電システムのこれから!空きスペースの有効活用する方法!

今日は日本エコシステム主催の太陽光発電のセミナーに参加しました。 太陽光発電は不動産投資と比べても、まだ歴史の浅い分野であるため、以下のように思う人も多いのでは無いでしょうか? 不動産投資と比べるとお金の流れ...
趣味

投資家をするなら是非ともブログは書いて欲しい理由

僕がこのブログを始めて数ヶ月になります。 ちょうど不動産投資を始めた頃に合わせて始めました。 投資に関してはほとんど素人の僕が今までブログを書いていて良かったことやこれから意識したいことを簡単に纏めてみました。 自分の備忘録に...
節税方法

タワーマンションって何が良いの?超高層マンションの魅力について

憧れのタワーマンションの魅力についてまとめてみました。メリットとデメリットを比較した上で価格設定や相続税対策になる仕組みについて解説しています。
節税方法

2015年から相続税が改正?計算方法と仕組みについて徹底解説!

2015年から相続税の基礎控除額が改正されることにより、これまで相続税とは影響のなかった人にも影響が出てきます。相続税の計算方法や細かな仕組みについて分かりやすく解説しています。
空室対策

どちらが良いか?ワンルームマンションとファミリーのマンション

不動産投資物件を探す時、ワンルームマンションとファミリーマンションのどちらが良いかで迷う方も多いかもしれません。 それぞれに一長一短あると思いますが、その違いを簡単にご紹介しようと思います。 ワンルームマンションとファミリーマンショ...
利回り

賃貸経営の基本!表面利回りと実質利回りの違いを正しく理解する

不動産投資の評価指数として「利回り」と言う言葉がよく使われます。 銀行預金で言う「利子」と同じような意味合いで、物件価格から年間で何%回収出来るかと言う指標です。 表面利回りと実質利回り 例えば、物件価格が1,000万円、月々の家...
販売会社

自分にあった賃貸管理システムとの上手い付き合い方

最近の不動産投資ブームの背景の一つとして、物件の所有者(家主)に変わり管理会社が賃貸管理を代行してくれるサービスが挙げられます。 大家業が多様化してきている 昔は賃貸業と言えば入居者の募集から家賃の回収や物件の手入れまで全てをこなしてい...
空室対策

2014年「うめきた」の活性化と関西エリアへの人口流入の期待感を考える

入居率の高いマンションの一番の条件はやはり立地でしょう。 特に単身者の方は自分の職場や最寄り駅までの利便性(移動時間や距離)に対する優先度は高いと思います。 関西には素敵な街が沢山ある 僕は今、関西在住ですが関西の中でも梅田が一番好き...
空室対策

不動産経営の3大リスク?だけど大切なのは前向きな気持ちです!

不動産の経営に限らず何か事業をしたり投資などに挑戦する以上、少なからず何かしらのリスクは伴います。 リスクの定義が変わってきている? リスクとは「ある行動をすることによって危険な目に遭う可能性や損をしてしまう可能性」のことを意味します。...
空室対策

大阪の物件は安い?不動産価格とリスクについての考え方

同じ国内でも地域によって物価は大きく変わります。中でも不動産は地域差がとてもはっきりと出ますよね。 立地や規模にもよりますが平均的に国内で最も物件が高いのはやはり東京です。 大阪はこれからの活性化が見込める? アベノミクスによる物...
スポンサーリンク