収益計算

賃貸経営のイールドギャップとは?正しい考え方と自分にあった資産運用

不動産投資用の物件購入を判断する時の指数として表面利回りや実質利回りなどがありますが、同じような指数の一つにイールドギャップと呼ばれるものがあります。 イールドギャップの計算方法はとてもシンプルで金融機関から融資を受けた場合の借入金利...
空室対策

賃貸契約の仲介手数料の仕組みを理解して効果的な賃貸経営を目指そう!

賃貸経営をするには自身の所有物件を入居希望者に提供し、家賃収入を得る必要があります。 自主管理大家の場合、自分で入居者の募集を手掛ける場合もありますが、多くの家主は賃貸仲介会社に入居者の募集を依頼することになります。 そして、賃...
老朽化対策

既存住宅売買瑕疵保険で中古物件でも安心して購入できる

投資用物件を購入する時の基準の一つに新築物件を購入するかそれとも中古物件を購入するかがあります。 中古物件は値段が抑えられるため当然その分、運用利回りは高くなります。その一方、中古物件には物件自体の品質に対するリスクは新築より...
不動産会社

サブリースの注意点!契約時の減額説明が義務付けられます

2016年9月より国土交通省が賃貸住宅管理業者登録制度に参加する3735社に対してサブリース契約時の減額説明を義務付けるようルールを改正しました。 家賃が下がる可能性を伝えなければいけない 登録制度に登録する企業はサブリース契約締結時に...
老朽化対策

意外と広範囲?知らない間に加入している火災保険の補償範囲

年末年始は確定申告などで必要となることもあり様々な契約関連の書類が手元に届きます。 中でも保険の契約内容などは日頃は余り見直しを考えることがないため、せめてこのタイミングだけでも契約内容を把握しておきたいと思い、現在自分が加入している...
確定申告

マイホーム売却に伴う確定申告の要否について調べてみました

用途を問わず物件を売却すると譲渡所得として税金が掛かる可能性があります。売却により利益が発生するかどうかが基準になります。売却時の注意点や確定申告のポイントについてまとめました。
収益計算

賃貸経営における出口戦略の重要性は?物件の売却に関する注意点について

賃貸経営にとって出口戦略はとても重要なポイントの一つです。 賃貸経営における「出口戦略」とは「所有している物件を売却するか?一度、更地にしてから立て直すか?ずっと持ち続けるか?」などを検討し、最も適切な選択を判断することです。 ...
老朽化対策

手抜き工事されないための塗装仕様書の見方とポイント

外観塗装は美観を良くするため、空室対策や入居率UPに繋がるとイメージされるかもしれませんが、最も重要な役割は雨水が建物内に入り込まないようにすることです。 所有物件を守るために大切なこと もし防水の機能が正しく働いていなかった場合、雨漏...
不動産会社

判断基準のポイントはこんなにある!管理会社選びのチェック項目

物件購入後の賃貸経営において賃貸管理会社は大きな影響を与えます。 区分所有の場合は販売会社から紹介されたり同じ系列の賃貸管理会社にそのまま管理を依頼することが多いかもしれませんが、管理の規模が大きくなるとその分賃貸管理会社が経営に与える影...
節税対策

住宅ローン減税とふるさと納税の併用について調べてみました

今年、はじめて「ふるさと納税」に挑戦しました。またその後、家族の事情でマイホームを購入することになり、来年の確定申告時には「住宅ローン減税」を申告することになります。 ここで「「住宅ローン減税」と「ふるさと納税」は併用可能なのか?」と...
住宅全般

社宅制度の節税効果は?住宅手当とどっちが得かを徹底比較!

会社が従業員に対して住居費を負担する場合、お給料に住宅費の一部を支給する住宅手当と会社が直接住宅費の一部を負担する社宅貸与の2パターンに大きく分けられます。 社宅と聞くと社員寮のようにある程度大規模な会社をイメージしますが、賃貸物件を...
節税対策

賃貸経営における法人化のメリットと適切なタイミングは?

賃貸経営で規模を拡大していこうと考えた場合、法人を設立して物件を所有するのか?個人で保有し続けるのか?が一つのポイントになります。 書籍やインターネットでの意見としては以下の2パターンのどちらかになることが多いです。 個人所...
不動産会社

もう我慢の限界?賃貸管理会社の苦悩の日々とは?

先日、賃貸管理会社に勤める友人と会話する機会があり、管理業務の難しさや苦労話を聞くことができました。 普段、賃貸管理会社に業務を委託していると、自分の物件に対してどのような対応がされているのか意識する機会が少ないですが、物件に入居者が...
融資戦略

頭金は無くて良い?住宅ローン減税を考慮したマイホーム購入時の考え方

マイホームを購入する際、購入時の頭金をどれくらい支払うべきか(準備できるか)は家計によって異なります。 「とりあえず物件価格の30%くらい」などと考える方もいるかもしれませんが、その計算だと安定した返済計画を考える上で余り根拠が無いよ...
確定申告

確定申告で税金が戻る?還付申告を提出してきました!

確定申告を申請することで、昨年度の所得額に対して計算した税金を納めることになります。 ですが、もしも会社員としての所得税を支払っており、かつ、不動産所得がマイナスの場合は還付申告を提出することで納め過ぎた税金が戻ってきます。 そもそ...
空室対策

空室が埋まらない?「回し物件」にされているその原因は?

1不動産業界には「回し物件」と呼ばれる物件があります。回し物件とは営業が入居付けしたい本命の物件をより良く見せるため悪い比較対象として利用される物件の事です。一度回し物件として扱われたら中々入居者の獲得も難しくなってしまうのでそうならないように注意が必要です。
老朽化対策

緊急時入居判断による修繕対応は注意が必要です

先日のがんばる家主の会で一般社団法人みどり未来サポートの方から賃貸物の修繕義務等に関する規定が改正するとのお話を伺いました。 みどり未来サポートは相続や事業承継のコンサルティングを中心としたビジネスサポート事業が中心ですが、この日は民...
確定申告

不動産投資の開業届けは必要?提出するメリットをまとめました!

不動産経営に限らず、何か事業を開始する場合は開業届を提出することでさまざまなメリットがあります。 事業を始めると開業届の提出が必要になる 個人事業主として事業所得を得たり、不動産の経営を初めて不動産所得を得る場合、税務署に開業届...
融資戦略

賃貸経営者なら絶対に覚えておきたい!スルガ銀行スキームの利用法!

スルガ銀行は不動産投資の世界で最も有名な金融機関です。貸出金利は4.5%と高めですが、融資枠が大きく審査機関も短いため、上手く活用することで保有資産の拡大にとても効果的です。
節税対策

自宅兼事務所の費用を経費計上して税金負担を軽減する時の注意点

在宅勤務の個人事業主のように自宅の一部を事業所として利用している場合、「どこまでが経費として計上できるのか?」について気になると思います。基本的な考え方についてまとめてみました。
不動産市場

審査基準は適切?外国人と高齢者を積極的に受け入れる逆転の空室対策

賃貸経営を成功させるには「空室対策」が最も重要です。 ただ「空室対策」と聞くと「入居者募集を円滑に進める」と解釈してしまいそうですが、それだけでは十分では内容に思います。 入居者を募集するための適切な審査基準は家主や管理会社によ...
融資戦略

優良顧客向けの最高の融資条件?TIBOR連動の金利とは?

皆さんは「TIBOR連動金利」という言葉を聞いたことはありますか? 賃貸経営をする場合、金融機関から融資を受けて物件を購入します。 変動金利や固定金利など金利の種類を悩むかもしれませんが、同じような金利の種類に「TIBOR連動金...
確定申告

知らない人は損してる?小規模不動産経営でも青色申告は申請できる!

確定申告とは個人の1年間の所得を申告・納税する制度です。確定申告には白色申告制度と青色申告制度の2種類があります。それぞれの違いを理解した上で青色申告制度のメリットについて解説したいと思います。
老朽化対策

建築中だからこそできる住宅の品質チェック項目

注文住宅を建てる時や中古物件でも気になる住宅を見極める際は施工精度や品質チェックを行う必要があります。 不動産業に精通していない素人では中々どこを見れば良いか難しいと思いますが、 物件の品質を見極める観点はそこまで多くはありません。...
タイトルとURLをコピーしました