住宅ローン金利

手付金倍返しとは?

物件を購入する場合、「手付金」が必要になります。 通常、最低でも物件価格の10%を支払いますが、手付金は単なる頭金ではなくその金額には少しだけ意味があり、その後、契約を見直しすることになった場合の基準となります。 物件購入を決めて契約を...
節税方法

会社にばれずに不動産経営するために知っておくべき知識

最近は一般尾会社員でも不動杏投資をすることが増えてきました。 不動産投資を始めると、小規模の場合でも少なからず収入が増えてしまいますよね。 会社ごとに副業規定は異なりますが、やっぱり出来れば会社や同僚には知られたくなかっ...
節税方法

年収400万円でも不動産経営は十分可能!

不動産投資と言う言葉を聞くと株やFXなど、その他の投資より少しインパクトの大きな響きかもしれません。 実際、一昔前は医者や弁護士など、主に富裕層向けの投資だったそうですが、最近では物件購入者の層は少しずつは変わってきているようです。 ...
住宅ローン金利

大前提としてローンを組めるかが何よりも大切です

最近では不動産投資にも積極的に融資を始めた金融機関が増えてきています。 ただ、住居用の住宅の購入とは異なり、投資用物件の購入時は融資を受ける側の収入や資産情報だけで融資を判断する訳では無く、対象の物件が想定した通りの運用利回りをしっか...
資産運用

NISA口座開設後の注意点と今後の運用ポイントについて

2014年1月からNISA(少額投資非課税制度)が開始されました。まだ制度が開始されたばかりですが少し内容が複雑で毎年のように制度改正もあり投資初心者には難しい制度のようにも思います。この記事ではNISA口座開設後の注意点と今後の運用ポイントについて分かりやすくまとめてみました。
住宅

理想の住まいはライフスタイルによって変わります

僕は子供の頃から自分の家を持つことに憧れていました。なので買うお金も無いのに住宅雑やインターネットを見ている時はとてもウキウキです。 20代前半では立地は都心から離れていても良いので、自分で設計から携わった新築の広い一軒やに住みたいと...
住宅ローン金利

返済総額を抑えたいなら早期完済の意識が大切です

不動産投資リスクの一つである「変動金利」にもいくつか対策はあります。 金利上昇局面での金利負担増を回避する方法として月々の返済額を増額することが出来ます。 付き合いが浅く、住宅ローン会社に対する信頼が十分でない状態(今の僕で...
資産運用

資産を積み立てるためには分配金は不要です

投資信託には通常年に1回の「決算日」が設けられていて、利益の一部を分配金として保有者に支払います。 中には「毎月分配型ファンド」もあり一ヶ月の運用利益の一部を還元する場合もあります。 ただ、複利で運用する長期投資を考えた場合、こ...
利回り

その利回りは本当に正しい?投資額を正しく見極めるための注意点

不動産投資の利回りにはさまざまなものがありますが、一般的に分かりやすい指数として以下の2つの利回りが有名です。 購入した物件の価格から年間で何%回収出来るかを計算する表面利回り 管理費用や修繕積立金などの出費も考慮した実質利...
資産運用

初心者にこそオススメ!ドル・コスト平均法による購入時期分散のメリット

ドル・コスト平均法とは金融商品(株式や投資信託など)の購入方法で、購入資金を分割して一定金額を定期的に継続して投資する方法です。 要は「一度で購入するのではなく購入時期を分散してリスクを減らす」と言う考え方です。とても難しそうな名前の...
資産運用

時間と金利を見方につければ専門知識が無くても資産運用ができます

30代~40代くらいの若い世代の方にとって、資産運用における最大の武器は「時間」と良く言われます。そして僕もそう強く思います。 貯金や投資信託などで長期の運用をする時、運用する期間(時間)と金利(または利回り)により成果が大きく変わり...
住宅ローン金利

インフレになると「貯金する」より「借金」が有利になる理由

現在、日本経済はアベノミクスによりインフレを目指していて、それに伴い物価も上昇傾向です。物価が上がれば相対的にお金の価値は下がります。 もし1年後に物価が2%上がれば、100万円の現金は2%目減りして、98万円分の価値になります。要す...
住宅

利便性は抜群!カーシェアリングの利点について

日本人(特に若者)の車離れに伴いカーシェアリングが少しずつ流行ってきているようです。 地方のように交通機関があまりさかえていない地域では今も車は必需品として重宝されていますが、都心の場合は基本的に電車やバスのような交通機関で十分に移動...
住宅ローン金利

住宅ローンの金利負担を計算して返済総額に与える影響を理解しよう

住宅ローン返済の金利は不動産投資の3大リスクとも言われます。住宅ローンは、住宅の建築費や人件費が高額なため購入代金の一括払いが難しい場合に利用します。 ※普通、ほとんどの方がそうですよね。 皆様は住宅ローン返済のシュミレーシ...
投資信託

投資信託は究極の資産運用法!安定を重視した積立投資の魅力!

投資信託はゆっくりと時間を掛けて複利の効果を最大限に活かすことで誰でも大きな資産を作れます。まだ投資経験の無い初心者にとってのおすすめポイントを中心に投資信託の仕組みや購入時の注意などをまとめました。
投資信託

普通の会社員でも大丈夫!忙しくて時間の無い人の投資信託

投資信託とは投資家から集めたお金をまとめて、専門家が株式・債券・不動産などに投資・運用する商品の事です。 その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配され、投資信託ごとに集めた資金をどのような対象に投資するかを方針に基づき...
資産運用

インフレから自分の資産を守るために大切な考え方

インフレとはインフレーションの略称で、モノの値段が継続的に値上がりする(物価が上がる)状態を言います。 対するデフレはデフレーションの略称で、モノの値段が継続的に値下がりする(物価が下がる)状態です。 モノの値段が上昇すれば相対...
空室対策

住宅ローンを活用したヤドカリ投資法で安定した資産形成

不動産経営の中で最もリスクが低い「ヤドカリ投資法」についてまとめました。小規模な物件の購入から始めることが多いため最初は時間が掛かりますがとても堅実な投資方法です。
老後資金

老後資金はいくら必要?将来に備えるめお金の話

「人は一生でいくらお金が掛かるか」とか良く言われます。 学歴や業種により一概には言えません新入社員としてどこかの会社に入社してから定年までの約40年間働いた場合、平均的には2億円~3億円程のお金を稼ぐと言われます。 ゆとりある老後を...
趣味

投資?消費?浪費?3種類のお金の使い方について

昨日はサントラストは主催、篠原充彦さんのマネーセンス向上のセミナーに参加してきました。 篠原充彦は元々は吉本芸人で、その後FPを勉強して事務所を設立されたそうです。 セミナーでは、「お金を稼ぐ能力」より「お金を持ち続ける...
節税方法

給与明細書は難しく無い?実際の数字をもとにその計算方法を徹底解説してみました

給与明細書は基本給や残業代の他にも社会保険料や税金などの項目から構成されています。少し複雑なイメージを持ってしまうかもしれませんが、それぞれの言葉の意味を交えて初心者の方でも理解できるよう実際の数字をもとにシンプルに解説します。
住宅

不動産投資と時代の移り変わりについて

ここ20年程で不動産投資に関する考え方が少しずつ変わってきています。 1980年代後半頃から1990年にかけてはバブル経済により物件価格が高額になって行きました。 「半年後、この物件はいくらになりますか?」と言うのが当時の購入検...
老朽化対策

液状化現象の仕組みと被害に遭わないための備えについて

投資用物件を購入する際にはさまざまなことを想定して購入判断を行います。 一般的な検討事項としては以下のようなものがあります。 利回りや返済計画などの資金計画 物件(室内や共有部分)の設備や品質 利便性や安全性など...
遊休地の活用

相続税対策は万全ですか?不動産投資で期待できる節税対策について

相続税の対策は金額が大きいためしっかりと対応したい分野です。賃貸経営をしたりタワーマンションを購入することで評価額を大きく削減できます。仕組みや計算方法について解説します。
スポンサーリンク