確定申告

税金・確定申告

青色事業専従者給与を活用して節税効果を高めよう

自分の家族に給与を支払うことによって節税ができるとしたらとても素敵なことだと思いませんか? 個人事業主として収入を得ている場合、専従者給与という制度を活用することで、自分の家族に対して支払った給与に対して、その分を経費として計上し、節...
税金・確定申告

開業届けで記載した住所が変更になった時の対応方法についての備忘録

個人事業主として事業を始めるには開業届けを税務署に提出し、事業を始めることを証明する必要があります。 また、開業届けを提出した後に事業所の住所が変更になると「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」を提出する必要があります。 事...
年金・老後資金

中規模企業共済を活用した効果的な節税方法と退職金制度について

一般的に会社員の場合は定年による退職後には退職金を受け取ることができます。 退職金制度については会社ごとに仕組みが違いますし、そもそも退職金制度が無い会社もありますが、退職金が支給される場合は、一度に数千万円以上の大金を手に入れること...
税金・確定申告

確定申告で不正が発覚する理由と罰則規程について

不動産経営などで売上げが発生した場合、翌年の2月16日から3月15日までのおよそ一ヶ月の間に確定申告を行われなければいけません。 ようやく、今年の確定申告を終えて一息付いている方もいるでしょうし、まだ絶賛対応中の方もいるかもしれません...
老朽化

修繕費と資本的支出との違いを理解して効果的な節税対策をしよう

修繕費と資本的支出の違いについて、正しく理解できていますか?これらの違いについては、一見、どちらでも良いような気もしますが、実は経費の計上に仕方に大きな違いが出てきます。
趣味

会社設立に伴う所得の変化とこれからの取組みについて

法人の個人事業主と比べて税金や社会保険の仕組みが少し複雑な印象があります。それぞれの収入の違いについて簡単にまとめてみました。これから法人化を検討している個人事業主の方にも少しでも参考になればと思います。
契約

意外と広範囲?知らない間に加入している火災保険の補償範囲

年末年始は確定申告などで必要となることもあり様々な契約関連の書類が手元に届きます。 中でも保険の契約内容などは日頃は余り見直しを考えることがない(少なくとも僕はできない)ため、せめてこのタイミングだけでも契約内容を把握しておきたいと思...
税金・確定申告

マイホーム売却に伴う確定申告の要否について調べてみました

去年、家族での引っ越しに伴いマイホームを売却する事になりました。 マイホームと言っても購入は30年以上も前で購入したのは両親です。 マイホーム売却時の注意点は? そもそも両親が購入した時も既に中古物件であり、それに加え阪神大震災の...
ふるさと納税

住宅ローン減税とふるさと納税の併用について調べてみました

今年、はじめて「ふるさと納税」に挑戦しました。またその後、家族の事情でマイホームを購入することになり、来年の確定申告時には「住宅ローン減税」を申告することになります。 ここで「「住宅ローン減税」と「ふるさと納税」は併用可能なのか?」と...
税金・確定申告

個人事業主から法人化へ ~税金面での違いについて~

賃貸経営をしている場合、ある程度の規模になってくると、個人事業主として経営するか、法人を設立して会社として活動するか、いろいろ迷うことが増えてきます。 僕は現在、個人事業主として不動産業をしているのですが、法人化にも興味を持っています...
住宅ローン金利

頭金は無くて良い?住宅ローン減税を考慮したマイホーム購入時の考え方

マイホームを購入する際、購入時の頭金をどれくらい支払うべきか(準備できるか)は家計によって異なります。 「とりあえず物件価格の30%くらい」などと考える方もいるかもしれませんが、その計算だと安定した返済計画を考える上で余り根拠が無いよ...
税金・確定申告

確定申告で税金が戻る?還付申告を提出してきました!

確定申告を申請することで、昨年度の所得額に対して計算した税金を納めることになります。 ですが、もしも所得がマイナスの場合は還付申告を提出することによって納め過ぎた税金が戻ってきます。 そもそも還付申告とは 僕は会社員として企業から...
税金・確定申告

出さなくても良い?不動産投資で開業届けを提出するメリットは?

不動産経営に問わず、事業を開始する際は開業届を提出することでさまざまなメリットがあります。 事業を始めると開業届の提出が必要になる 個人事業主として事業所得を得たり、不動産の経営を初めて不動産所得を得る場合、税務署に開業届を提出すること...
税金・確定申告

自宅兼事務所の費用を経費計上し税金負担を軽減する時の注意点

在宅勤務の個人事業主のように自宅の一部を事業所として利用している場合、「どこまでが経費として計上できるのか?」について気になると思います。基本的な考え方についてまとめてみました。
税金・確定申告

知らない人は損してる?小規模な不動産経営でも青色申告は申請できる!

確定申告とは個人の1年間の所得を申告・納税する制度です。確定申告には白色申告制度と青色申告制度の2種類があります。それぞれの違いを理解した上で青色申告制度のメリットについて解説したいと思います。
税金・確定申告

マイナンバーカードを作成しました ~申請情報の登録まで~

来年から確定申告でe-Taxを使いたいと考えています。そのために今、マイナンバーの作成に取り掛かっています。 e-Taxとは確定申告にてこれまで郵送(または持参)で行っていた関連書類の提出をパソコン(インターネット)経由で行えるシステ...
ふるさと納税

ふるさと納税で所得税と住民税が控除される仕組みを知ろう

ふるさと納税を利用すると寄付した金額のうち2,000円を超える部分について所得税と住民税が還付・控除されます。 ただし年間で納税する全ての所得税と住民税が免除される訳ではありません。 目安としては年収400万円なら40,000円~5...
ふるさと納税

もはや知らないと損!ふるさと納税の魅力とは?

ふるさと納税とは地方間格差や過疎などによる税収の減少に悩む自治体に対しての格差是正を推進するための新構想として、2008年、第1次安倍政権のときに創設された自治体への寄附金制度です。 もう少し細かく言うと個人が2,000円を超える寄附...
税金・確定申告

【実績値公開】去年提出した確定申告書を読み返してみました

前回の収支内訳書に続き、今回は2015年に提出した(2014年度)の確定申告書をもとに内容を振り返ります。 確定申告書の見方 全ての項目を振り返るのはかなり内容が増えてしまうため、左上から順番に金額が記載されている項目を中心に備忘録とし...
税金・確定申告

【実績値公開】去年提出した収支内訳書(不動産所得用)を読み返してみました

去年(平成26年分)の確定申告の内容を見返しています。 今回は収支内訳書に記載されている内容を確認してみました。 白色申告に必要となる収支内訳書 収支内訳書は確定申告(白色申告)をする際に確定申告書と一緒に提出する書類です。 ...
税金・確定申告

【実績値公開】一昨年の源泉徴収票を読み返してみました

新年と言う事で少し気が早いですが、確定申告の準備をしないとなぁ…と思いつつ去年の申告内容を見返していました。 去年は不動産会社の方に作成して頂いたので正直余り理解できていなかったのです。 ※今回は確定申告については記載致しません...
税金・確定申告

その相談相手は正しいですか?全ての税理士が相続税のプロでは無い

税理士が行う業務の中でも相続税に関する土地や不動産の評価額の算出は難しいです。 現金や株式証券と異なり土地の評価方法はかなり複雑なので、税理士であれば誰でも大丈夫な訳ではありません。 税理士にも苦手分野はある そもそも税理士の資格...
税金・確定申告

マイナンバー制度で副業がばれてしまう? ~確定申告の仕組みについて~

最近、マイナンバーの導入によって給与所得以外の収入(いわゆる副業)が勤め先の会社にばれる(ばれやすくなる)のでは無いかとの不安があちこちで見受けれます。 そもそもマイナンバーとは全国民に対して割り当てられる12桁の個人番号の事です。 ...
税金・確定申告

住宅取得で贈与税を非課税にできる?

住宅購入のタイミングは人によりそれぞれですが、購入に伴い親族の方から資金を援助してもらう事は結構あるかもしれません。自分は援助してもらうつもりじゃ無くても、親としてはわが子のために住宅購入用の資金を準備してくれている事もあるそうです。 ...
スポンサーリンク