退去

空室対策

退去連絡から新規入居者獲得までの流れ

昨日のコラム「繁忙期を過ぎた後に退去者が出でしまいました…」で賃貸管理会社から退去希望の連絡があったことをお話をしましたが、今回はその後、新しい入居者が決まるまでの流れをお話したいと思います。 次の入居者は意外にもすぐに見つかる 3月に...
空室対策

家主としての一番の恐怖?繁忙期後に退去者が出でしまいました…

先日、所有マンションの賃貸管理を委託している管理会社から電話がありました。 普段、賃貸管理会社から電話が掛かってくることはほとんど無いため若干戸惑いながら電話にでましたが…嫌な予感が的中です。 「退去希望の連絡があった」とのこと...
不動産市場

やっぱり難易度が高い?投資対象としてのシェアハウスについて考えてみました

今年(2018年)に「かぼちゃの馬車」の問題で話題になったシェアハウスについて調べてみました。投資対象としての面白さや考えられるメリットやデメリットなどをまとめています。
老朽化

修繕費と資本的支出との違いを理解して効果的な節税対策をしよう

修繕費と資本的支出の違いについて、正しく理解できていますか?これらの違いについては、一見、どちらでも良いような気もしますが、実は経費の計上に仕方に大きな違いが出てきます。
老朽化

エアコン故障時の出費は準備次第で安くできる

不動産経営において大切なことは空室対策により安定した家賃収入を得つつ、その後も満室経営を継続させることです。 それは言い換えると今住んで下さっている入居者に対して少しでも快適な生活を送ってもらえるよう充実した設備を維持することだったり...
契約

内装修繕工事の明細書をもとに入居者の入れ替わりに必要となる費用を纏めてみました

今年度は4月以降になってから入居者の方の退去が立て続けに発生し、次の入居者募集に掛けて賃貸管理会社にいろいろ対応してもらっていました。 退去の時期が後2月程早ければ、入居者獲得にもほとんど苦労せずに済んだのですが、今回はタイミング的に...
空室対策

家賃設定と仲介手数料の重要性

今年の4月から5月頃に掛けて退去の問い合わせが立て続けに入りました。 引っ越しがピークとなる時期は年度が変わる少し前の2月〜3月頃になるので、この時期の退去連絡は正直つらいものです。 基本的に物件はワンルームマンションなので一件...
空室対策

退去者発生時の対応手続きと必要となる費用について

先日、賃貸管理会社から僕の所有する区分マンションの一室にて退去希望者が出てしまったとの連絡がありました。 賃貸管理会社からの電話は僕の中で最も出たく無い電話の一つです。普段、この時期に賃貸管理会社から電話が掛かってくることはほとんど無...
販売・管理会社

判断基準のポイントはこんなにある ~賃貸管理会社選びのチェックシート~

物件購入後の賃貸経営において賃貸管理会社は大きな影響を与えます。 区分所有の場合は販売会社から紹介されたり同じ系列の賃貸管理会社にそのまま管理を依頼することが多いかもしれませんが、管理の規模が大きくなるとその分賃貸管理会社が経営に与える影...
住宅

住宅手当と社宅制度の節税効果について

会社が従業員に対して住居費を負担する場合、お給料に住宅費の一部を支給する住宅手当と会社が直接住宅費の一部を負担する社宅貸与の2パターンに大きく分けられます。 社宅と聞くと社員寮のようにある程度大規模な会社をイメージしますが、賃貸物件を...
空室対策

空室対策のその先へ 〜不動産経営成功への4ステップ〜

不動産経営には様々なリスクなどがありますが最も重要なのは空室対策です。そしてその空室対策の先に満室経営があり、満室を維持することが不動産経営の成功に繋がります。今回は満室の状態を維持するために必要となる様々な対策方法をステップごとにご説明したいと思います。
空室対策

高齢入居者と外国人入居者それぞれのメリット

高齢者の入居者と外国人の入居者について不安に考える大家が多いですが、しっかりと特徴を捉えたらむしろその他の入居者と比べて優良顧客になってくれる場合もあります。 外国人は優良入居者 日本人入居と比較して外国人入居者の方は賃貸について、いろ...
販売・管理会社

騙されていませんか?一括借上げ制度は見えないリスクが沢山あります

去年末、借り上げ賃料の未払い事件を受けて、一括借上げに対する不安感が一層高まってしまいました。 去年、オーナーズスタイル出版した「長期安定経営を実現する 賃貸住宅を建てる本 2015-2016」に一括借上げ契約に対する注意点が分かりや...
住宅

マイホーム借上げ制度で未使用住宅を有効活用できます

会社員など現役(定年前)の世代の住宅選びにとって、「立地」は最も重要な要素の一つです。ですが、定年後は今と違う環境で落ち着いた暮らしをしたい方も多いですよね。 マイホーム借上げ制度利用の流れ 老後、新しい別の環境でずっと暮らす場合は古い...
契約

何のために加入するか?火災保険による補償範囲を再確認

投資物件を購入する際、金融機関によるローンを利用する場合は、万が一の担保のため、火災保険への加入が前提条件となるのが一般的です。 その理由は建物が全焼などの被害に遭った場合でもちゃんと融資額を回収しなければならないからです。当然と言え...
空室対策

生活保護の住宅扶助の基準見直しで家主への影響は?

2015年7月1日より生活保護受給者へ対する住宅扶助の基準が見直され、支給上限額が削減されます。 住宅扶助とは生活保護受給者が住居にかかる費用を負担するための経済的援助で、7月以降の新規受給者は新基準が適用され、すでに住宅扶助を受給し...
空室対策

新規募集よりも退去者防止の方が大切で効果的な訳

不動産経営をする家主は誰もが空室を減らし満室経営を継続したと考えているはずです。 もし空室が発生してしまうとその空室を埋めるためにいろいろと試行錯誤をすると思います。空室を埋めるために全神経を「どうやったら新しい入居者を獲得できるか?...
老朽化

入居者としてお借りしていた物件で修繕費が発生しました…

10月の末でお借りしていた賃貸契約のお部屋を退去し、実家に帰ることになりました。築50年のアパートで30㎡ほどの1Kです。家賃45,000円、入居期間は1年6ヵ月で、事前にお支払していた敷金は30,000円です。 敷金は基本的に退去時...
住宅

引っ越し代金の価格交渉は可能? ~訪問見積もりお願いしました~

今月末で今、賃貸契約でお借りしているお部屋を退去することになり、そのため、今日は引越しの訪問見積もりをお願いしました。 引越し業者は今回のお部屋を仲介して頂いた広島屋不動産の紹介でブレックスにお願いしました。不動産会社に紹介頂くと少し...
勉強会

斬新なアイデアで入居待ちリスクを軽減する方法

先週末はがんばる家主の会の勉強会に参加させて頂きました。 その中で株式会社ブロッグハウスの空室対策の取組みが面白かったです。新聞や各種メディアでもいろいろ取り上げられているようですよ。 具体的な内容としては、入居者が入居...
老朽化

退去時にトラブルにならないように知っておきたい 〜敷金返還に伴う国土交通省ガイドライン〜

賃貸契約を解約し住んでいた部屋を明け渡しをする時には基本的には敷金が返還されます。 契約時に支払ったお金とは言えお金が戻ってくるのは嬉しい限りです。 そもそも敷金ってどんなお金なのか? 賃貸住宅を契約する場合、主に以下の2つの言葉...
住宅

お部屋探し初心者でも絶対抑えておきたい7つの超重要ポイント!

初めてお部屋探しをする人でも分かりやすいように気を付けることやポイントなどをまとめました。また不動産仲介会社との関わり方から家賃の価格交渉までお部屋探しをする全ての方にとって必見の情報です。
空室対策

賃貸経営の大きなリスク!もしも夜逃げされてしまったら…

不動産投資をする時、空室管理や利回りなどを一生懸命考えますが、万が一、家賃滞納のあげく夜逃げされたとなったら、そのシナリオは一気に崩れるでしょう。 家賃滞納の場合、その期間の賃貸収入はゼロになります。 予め敷金などを数か...
空室対策

どちらが良いか?ワンルームマンションとファミリーのマンション

不動産投資物件を探す時、ワンルームマンションとファミリーマンションのどちらが良いかで迷う方も多いかもしれません。 それぞれに一長一短あると思いますが、その違いを簡単にご紹介しようと思います。 ワンルームマンションとファミリーマンショ...
スポンサーリンク