老朽化

販売会社

賃貸よりも購入がお得?実は安くならない…チラシの情報は嘘ばかり?

賃貸暮らしをしていると定期的にマンション販売のチラシが届きます。基本的には今住んでいるお部屋よりも安くより快適に暮らせるという内容ですが、実際にはさまざまな問題点が隠されています。
不動産市場

やっぱり難易度が高い?投資対象としてのシェアハウスについて考えてみました

今年(2018年)に「かぼちゃの馬車」の問題で話題になったシェアハウスについて調べてみました。投資対象としての面白さや考えられるメリットやデメリットなどをまとめています。
老朽化対策

修繕費と資本的支出との違いを理解して効果的な節税対策をしよう

修繕費と資本的支出の違いについて、正しく理解できていますか?これらの違いについては、一見、どちらでも良いような気もしますが、実は経費の計上に仕方に大きな違いが出てきます。
老朽化対策

設備対策は万全?エアコン故障時の出費は準備次第で安くできる!

不動産経営において大切なことは空室対策により安定した家賃収入を得つつ、その後も満室経営を継続させることです。 それは言い換えると今住んで下さっている入居者に対して少しでも快適な生活を送ってもらえるよう充実した設備を維持することだったり...
空室対策

入居者退去時の対応と必要な支出について

先日、賃貸管理会社から僕の所有する区分マンションの複数の部屋で退去希望者が出てしまったとの連絡が立て続けに入りました。 引っ越しがピークとなる時期は年度が変わる少し前の2月〜3月頃になるので、この時期の退去連絡は正直つらいものです。 ...
利回り

イールドギャップの考え方と自分にあった資産運用

不動産投資用の物件購入を判断する時の指数として表面利回りや実質利回りなどがありますが、同じような指数の一つにイールドギャップと呼ばれるものがあります。 イールドギャップの計算方法はとてもシンプルで金融機関から融資を受けた場合の借入金利...
販売会社

サブリース契約時の減額説明を義務付け

2016年9月より国土交通省が賃貸住宅管理業者登録制度に参加する3735社に対してサブリース契約時の減額説明を義務付けるようルールを改正しました。 家賃が下がる可能性を伝えなければいけない 登録制度に登録する企業はサブリ...
不動産市場

インスペクション説明の義務化で中古物件の不安解消が実現できる?

平成28年5月に宅地建物取引行法の一部を改正する法律案が成立しました。 その結果、宅地建物取引業者に対してインスペクション説明の義務化が課せられるようになりました。 ※2018年4月1日から中古物件を購入する際にインスペクション...
保険契約

意外と広範囲?知らない間に加入している火災保険の補償範囲

年末年始は確定申告などで必要となることもあり様々な契約関連の書類が手元に届きます。 中でも保険の契約内容などは日頃は余り見直しを考えることがないため、せめてこのタイミングだけでも契約内容を把握しておきたいと思い、現在自分が加入している...
確定申告

マイホーム売却に伴う確定申告の要否について調べてみました

用途を問わず物件を売却すると譲渡所得として税金が掛かる可能性があります。売却により利益が発生するかどうかが基準になります。売却時の注意点や確定申告のポイントについてまとめました。
空室対策

空室対策のその先へ 〜不動産経営成功への4ステップ〜

不動産経営には様々なリスクなどがありますが最も重要なのは空室対策です。そしてその空室対策の先に満室経営があり、満室を維持することが不動産経営の成功に繋がります。今回は満室の状態を維持するために必要となる様々な対策方法をステップごとにご説明したいと思います。
保険契約

火災保険が大幅値上げ?主な変更点を徹底解説!

2015年10月より火災保険が値上げされます。 今回は値上げの仕組みやその理由について解説します。 火災保険の値上げのポイントを理解したい人 火災保険が大幅値上げされる 2015年(平成27年)の10...
老朽化対策

どうしても気になる掘り出し物件は住宅診断士に診断依頼を

投資用物件、住居用物件に問わず購入対象の住宅が良い物件かの判断は難しいと思います。 設備や間取り、立地などから良さそうな物件かどうかの判断は出来るかもしれませんが、それ以上に大切なのは悪い物件では無いかどうかです。 住宅診断士の役割...
販売会社

新築マンションは「価格維持」でもそのスペックは下がっているかも…

少ない初期費用でワンルームなどの区分マンションを購入する際、新築か中古かは常に意見が分かれるテーマの一つです。 基本的に中古の方が販売価格が低いので、その結果、利回りは高くなり投資回収のスピードも上がります。 一方、新築の場合は...
確定申告

値崩れリスクを回避しつつ節税効果を高める方法

どんなに新しく高スペックな物件でも築年数が経過するにつれて老朽化が進みます。 その結果、物件価格は少しずつ値下がりしてしまいます。 物件価格が下がる仕組み まず、新築物件の場合は、購入後、すぐに大きな値下がりが起こります。 新築...
住宅

相続税対策に効果的?タワーマンション節税の効果を理解しよう!

タワーマンションの購入は賃貸経営と並んで効果的な節税対策の一つです。タワーマンション節税の仕組みや節税対策の高い部屋の特徴などをまとめています。参考にして頂ければと思います。
空室対策

繁忙期は割高になる?家主目線で考える適切な家賃設定の考え方

モノの値段は需要と供給で決まります。 そのルールは賃貸物件も同じです。 家主としては少しでも高い賃料で部屋を借りて欲しいです。 一方、入居者は少しでも値段を抑えられた条件の良い物件を探します。 今回は賃貸物件の家賃設...
販売会社

売れ残りマンションは買う価値無し?値引き物件で安定収入?

投資用の新築マンションの販売価格が徐々に上がってきています。 その一方で都心でも売れ残り物件もポツポツ存在します。 売れ残っているということは、その時点で人気の無い物件なので投資対象としては微妙なんだと考えるのが普通です。ただし...
販売会社

不動産バブル?東京オリンピックまでの物価上昇で売買益が狙える?

今朝、東京の不動産販売会社から電話がありました。 東京のワンルームマンションにご興味は無いですか! ありません。どこでこの電話番号を入手しましたか? ...
利回り

利回りなんて信用できない?販売会社による数字操作の仕組みとは

不動産投資の話しをする時、最も良く使われる指数の一つに利回りがあります。 ただしそれでも「利回りにこだわり過ぎるな」だったり「利回りの高さだけで物件を選ぶと危険だ」などと言われます。 利回りを信用し過ぎると何が良くないのか? 利回...
老朽化対策

耐震?制震?免震?地震対策の構造形式の違いを解説します!

日本は地震大国と言われています。 これまでも大規模な地震が発生するたびに耐震基準が見直されてきてきました。 1995年に発生した阪神淡路大震災では新建築基準で建てられた建物は被害が少なかったため「新耐震基準の建物は安全だ」と考え...
老朽化対策

液状化現象の仕組みと被害に遭わないための備えについて

液状化現象とは地震の揺れにより地面が液体状になってしまう現象のことです。地下水位が浅く地盤が緩い地域で発生することが多く、建物の資産価値や安全性に大きな影響を与えます。
節税方法

タワーマンションって何が良いの?超高層マンションの魅力について

憧れのタワーマンションの魅力についてまとめてみました。メリットとデメリットを比較した上で価格設定や相続税対策になる仕組みについて解説しています。
住宅

マンションとアパートの違いは?投資物件の構造の違いを徹底比較!

賃貸用物件の購入する際、ワンルームにするか?一棟物件にするか迷うこともあると思います。 同じように物件の構造にもさまざまな違いがあります。 文字を見ただけでは中々イメージしづらいので、それぞれの構造の違いを細かくまとめてみました...
スポンサーリンク