管理費

節税方法

青色事業専従者給与を活用して節税効果を高めよう!

青色事業専従者給与を活用することで家族に支払う給与を経費として計上し、売上を削減することが可能です。適応条件や注意点を中心に制度の有効な活用方法を解説します。
不動産市場

やっぱり難易度が高い?投資対象としてのシェアハウスについて考えてみました

今年(2018年)に「かぼちゃの馬車」の問題で話題になったシェアハウスについて調べてみました。投資対象としての面白さや考えられるメリットやデメリットなどをまとめています。
資産運用

つみたてNISAをきっかけに積立投資を始めよう

2018年1月から積み立て型の少額投資非課税制度「つみたてNISA」が開始されます。また、それに先立ち2017年10月より口座開設が可能になりました。 そもそもNISAとは たまにNISAのことを金融商品だと勘違いしている方がい...
空室対策

家賃設定と仲介手数料の重要性

今年の4月から5月頃に掛けて退去の問い合わせが立て続けに入りました。 引っ越しがピークとなる時期は年度が変わる少し前の2月〜3月頃になるので、この時期の退去連絡は正直つらいものです。 基本的に物件はワンルームマンションなので一件...
節税方法

自宅兼事務所の費用を経費計上し税金負担を軽減する時の注意点

在宅勤務の個人事業主のように自宅の一部を事業所として利用している場合、「どこまでが経費として計上できるのか?」について気になると思います。基本的な考え方についてまとめてみました。
空室対策

高齢入居者と外国人入居者それぞれのメリット

高齢者の入居者と外国人の入居者について不安に考える大家が多いですが、しっかりと特徴を捉えたらむしろその他の入居者と比べて優良顧客になってくれる場合もあります。 外国人は優良入居者 日本人入居と比較して外国人入居者の方は賃貸について、いろ...
確定申告

去年提出した実際の収支内訳書(不動産所得用)を読み返してみました

去年(平成26年分)の確定申告の内容を見返しています。 今回は収支内訳書に記載されている内容を確認してみました。 白色申告に必要となる収支内訳書 収支内訳書は確定申告(白色申告)をする際に確定申告書と一緒に提出する書類です。 ...
住宅

マイホーム借上げ制度で未使用住宅を有効活用できます

会社員など現役(定年前)の世代の住宅選びにとって、「立地」は最も重要な要素の一つです。ですが、定年後は今と違う環境で落ち着いた暮らしをしたい方も多いですよね。 マイホーム借上げ制度利用の流れ 老後、新しい別の環境でずっと暮らす場合は古い...
節税方法

マイナンバー制度で副業がばれてしまう? ~確定申告の仕組みについて~

最近、マイナンバーの導入によって給与所得以外の収入(いわゆる副業)が勤め先の会社にばれる(ばれやすくなる)のでは無いかとの不安があちこちで見受けれます。 そもそもマイナンバーとは全国民に対して割り当てられる12桁の個人番号の事です。 ...
老朽化対策

高齢入居者のリスクを軽減する新しい家賃保証保険!

日本の少子高齢化に伴い様々なビジネスが立ち上がっています。不動産業界も少子高齢化社会による影響が大きい業界で、特に人口減少による影響は他の業界以上に大きなインパクトがあります。そんな中、高齢化社会のリスクを軽減できる家賃保証保険に少しずつ注...
節税方法

所得水準により節税効果は大きく変わります!

収益物件による不動産投資の利点の一つとして節税効果が挙げられます。例えば、物件価格が1億円(土地5,000万円、建物5,000万円)の築古木造アパートをフルローンで購入し、年間家賃収入が1000万円見込める場合、キャッシュフローはこのように...
住宅

相続税対策に効果的?タワーマンション節税の効果を理解しよう!

タワーマンションの購入は賃貸経営と並んで効果的な節税対策の一つです。タワーマンション節税の仕組みや節税対策の高い部屋の特徴などをまとめています。参考にして頂ければと思います。
空室対策

新規募集よりも退去者防止の方が大切で効果的な訳

不動産経営をする家主は誰もが空室を減らし満室経営を継続したと考えているはずです。 もし空室が発生してしまうとその空室を埋めるためにいろいろと試行錯誤をすると思います。空室を埋めるために全神経を「どうやったら新しい入居者を獲得できるか?...
販売会社

マンション管理費の使われ方について纏めてみました

先日、所有物件の管理会社による通常総会(管理事務の報告会)に参加させて頂きました。 マンション管理の適正化の推進に関する法律(第77条)に基づく管理状況の説会らしいです。 平日ということもあり参加者は少なかったですが、その分丁寧...
確定申告

国税還付金振込通知書が届きました!

先日、税務署より確定申告に伴う還付金振込通知書が届きました。 支払われる金額は約50,000円です。固定資産税がギリギリ支払えるくらいです。 ちなみに今回が初めての確定申告でした。 2014年の年間収支です...
確定申告

確定申告を提出してきました!

今日は確定申告を税務署に提出してきました。不動産所得に伴う白色申告です。今回、税務署へ提出した書類は大きく分けて以下の3種類です。 所得税確定申告書 収支内訳書(不動産所得用) 減価償却資産償却方法の届出書 ...
住宅

マンション価格の高騰と割安マンションの見極め方

ここ最近、新築マンションの販売価格の推移が上がり続けています。 主な理由は「東日本大震災の復興需要」と「東京オリンピックの開催決定」に伴う急激な需要増。 つまり「人手と建築資材が不足している」ことが原因です。需要増が続くと資材業...
空室対策

投資用物件購入前に最低限やっておきたい周辺環境調査のインターネット活用術

物件を購入する前にその地域について事前調査したいと思うことは多いと思いますが、WikipediaやGoogleMAPのようなメジャーなツールを利用してインターネットによる現状把握が可能です。 意外と簡単な方法なので高度なインターネット...
FP備忘録

FP試験を受ける上で必要となるタックスプランニングの基礎知識

タックスプランニングは主に所得税のしくみが中心になります。 所得税の計算の基本的な流れを把握し所得税が課されない非課税所得、総合課税および分離課税の計算方法、申告から納税までについての一連の流れを理解する必要があります。 所...
住宅

自分に合ったライフプランは賃貸派?購入派?

住まいについてライフプランを考える時、「賃貸派」か「購入派」の2パターンに分かれることがありますよね。 どちらもビジネスとして成り立っている以上、「どちらが良いか」と言う答えははく「自分にはどちらが向いているか」で判断するしかありませ...
節税方法

その節税対策は大丈夫?いつか無くなる節税効果の仕組みを理解しよう

不動産投資のメリットの一つとして「節税の効果がある」ということが良く紹介されます。 今回は不動産投資をすることによって得られる節税効果について内容を確認してみたいと思います。 不動産投資による節税効果 節税効果とは本来個人が支払う...
節税方法

不動産投資の経費計上として最も高額な減価償却費について

不動産所得を計算する上で必要経費の計上はとても大きな役割を果たします。 また必要経費として計上できる項目の中でも減価償却費はもっとも大きな割合を占める項目の一つです。 減価償却の仕組みを理解することで物件ごとの経費計上の仕方だけ...
利回り

その利回りは本当に正しい?投資額を正しく見極めるための注意点

不動産投資の利回りにはさまざまなものがありますが、一般的に分かりやすい指数として以下の2つの利回りが有名です。 購入した物件の価格から年間で何%回収出来るかを計算する表面利回り 管理費用や修繕積立金などの出費も考慮した実質利...
住宅

利便性は抜群!カーシェアリングの利点について

日本人(特に若者)の車離れに伴いカーシェアリングが少しずつ流行ってきているようです。 地方のように交通機関があまりさかえていない地域では今も車は必需品として重宝されていますが、都心の場合は基本的に電車やバスのような交通機関で十分に移動...
スポンサーリンク