確定申告

確定申告

開業届けで記載した住所が変更になった時の対応方法についての備忘録

開業届けを提出した後に事業所の住所が変更になると「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」を提出する必要があります。今回は資料の取得方法や記載のポイントについて解説します。
確定申告

確定申告で不正が発覚する理由と罰則規程について

不動産経営などで売上げが発生した場合、翌年の2月16日から3月15日までのおよそ一ヶ月の間に確定申告を行われなければいけません。 ようやく、今年の確定申告を終えて一息付いている方もいるでしょうし、今も絶賛対応中の方もいるかもしれません...
確定申告

マイホーム売却に伴う確定申告の要否について調べてみました

去年、家族での引っ越しに伴いマイホームを売却する事になりました。 マイホームと言っても購入は30年以上も前で購入したのは僕の両親です。 マイホーム売却時の注意点は? そもそも両親が購入した時も既に中古物件であり、それに加え阪神大震...
確定申告

確定申告で税金が戻る?還付申告を提出してきました!

確定申告を申請することで、昨年度の所得額に対して計算した税金を納めることになります。 ですが、もしも会社員としての所得税を支払っており、かつ、不動産所得がマイナスの場合は還付申告を提出することで納め過ぎた税金が戻ってきます。 そもそ...
確定申告

出した方が良い?不動産投資で開業届けを提出するメリットは?

不動産経営に問わず、事業を開始する際は開業届を提出することでさまざまなメリットがあります。 事業を始めると開業届の提出が必要になる 個人事業主として事業所得を得たり、不動産の経営を初めて不動産所得を得る場合、税務署に開業届を提出すること...
確定申告

知らない人は損してる?小規模不動産経営でも青色申告は申請できる!

確定申告とは個人の1年間の所得を申告・納税する制度です。確定申告には白色申告制度と青色申告制度の2種類があります。それぞれの違いを理解した上で青色申告制度のメリットについて解説したいと思います。
確定申告

去年提出した実際の資料をもとに確定申告書の見方を徹底解説します!

僕が2015年に提出した実際の確定申告書をもとに、それぞれの記載内容を一つ一つ説明します。具体的な金額が記載されているので、未経験の方にも見やすい内容になっています。
確定申告

去年提出した実際の収支内訳書(不動産所得用)を読み返してみました

去年(平成26年分)の確定申告の内容を見返しています。 今回は収支内訳書に記載されている内容を確認してみました。 白色申告に必要となる収支内訳書 収支内訳書は確定申告(白色申告)をする際に確定申告書と一緒に提出する書類です。 ...
確定申告

源泉徴収票を読み返してみました〜実績値をもとに解説します〜

新年と言う事で少し気が早いですが、確定申告の準備をしないとなぁ…と思いつつ去年の申告内容を見返していました。 去年は不動産会社の方に作成して頂いたので正直余り理解できていなかったのです。 ※今回は確定申告については記載致しません...
確定申告

相続税還付で払い過ぎた税金が返ってくる!

相続税還付とは既に申請した相続税について、後々払い過ぎ(の可能性がある)と分かった場合、申告期限後から5年以内であれば、その分を過大納税として還付請求できる仕組です。 土地の評価は難しい 遺産相続の資産対象となるのは現金や株式証券など様...
確定申告

意外と大きな負担になる?不動産取得税の仕組みについて解説します

不動産投資にはさまざまな初期費用が必要になりますが不動産取得税も負担が大きくなる初期費用の一つです。今回は不動産取得税の計算方法や軽減措置の仕組みについて初心者でも分かるように丁寧に解説しています。
確定申告

値崩れリスクを回避しつつ節税効果を高める方法

どんなに新しく高スペックな物件でも築年数が経過するにつれて老朽化が進みます。 その結果、物件価格は少しずつ値下がりしてしまいます。 物件価格が下がる仕組み まず、新築物件の場合は、購入後、すぐに大きな値下がりが起こります。 新築...
確定申告

国税還付金振込通知書が届きました!

先日、税務署より確定申告に伴う還付金振込通知書が届きました。 支払われる金額は約50,000円です。固定資産税がギリギリ支払えるくらいです。 ちなみに今回が初めての確定申告でした。 2014年の年間収支です...
確定申告

確定申告を提出してきました!

今日は確定申告を税務署に提出してきました。不動産所得に伴う白色申告です。今回、税務署へ提出した書類は大きく分けて以下の3種類です。 所得税確定申告書 収支内訳書(不動産所得用) 減価償却資産償却方法の届出書 ...
スポンサーリンク