税金対策

節税方法

青色事業専従者給与を活用して節税効果を高めよう!

青色事業専従者給与を活用することで家族に支払う給与を経費として計上し、売上を削減することが可能です。適応条件や注意点を中心に制度の有効な活用方法を解説します。
確定申告

開業届けで記載した住所が変更になった時の対応方法についての備忘録

開業届けを提出した後に事業所の住所が変更になると「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」を提出する必要があります。今回は資料の取得方法や記載のポイントについて解説します。
確定申告

確定申告で不正が発覚する理由と罰則規程について

不動産経営などで売上げが発生した場合、翌年の2月16日から3月15日までのおよそ一ヶ月の間に確定申告を行われなければいけません。 ようやく、今年の確定申告を終えて一息付いている方もいるでしょうし、今も絶賛対応中の方もいるかもしれません...
確定申告

マイホーム売却に伴う確定申告の要否について調べてみました

去年、家族での引っ越しに伴いマイホームを売却する事になりました。 マイホームと言っても購入は30年以上も前で購入したのは僕の両親です。 マイホーム売却時の注意点は? そもそも両親が購入した時も既に中古物件であり、それに加え阪神大震...
節税方法

個人事業主から法人化へ ~税金面での違いについて~

賃貸経営をしている場合、ある程度の規模になってくると、個人事業主として経営するか、法人を設立して会社として活動するか、いろいろ迷うことが増えてきます。 僕は現在、個人事業主として不動産業をしているのですが、法人化にも興味を持っています...
確定申告

確定申告で税金が戻る?還付申告を提出してきました!

確定申告を申請することで、昨年度の所得額に対して計算した税金を納めることになります。 ですが、もしも会社員としての所得税を支払っており、かつ、不動産所得がマイナスの場合は還付申告を提出することで納め過ぎた税金が戻ってきます。 そもそ...
確定申告

出した方が良い?不動産投資で開業届けを提出するメリットは?

不動産経営に問わず、事業を開始する際は開業届を提出することでさまざまなメリットがあります。 事業を始めると開業届の提出が必要になる 個人事業主として事業所得を得たり、不動産の経営を初めて不動産所得を得る場合、税務署に開業届を提出すること...
節税方法

自宅兼事務所の費用を経費計上し税金負担を軽減する時の注意点

在宅勤務の個人事業主のように自宅の一部を事業所として利用している場合、「どこまでが経費として計上できるのか?」について気になると思います。基本的な考え方についてまとめてみました。
確定申告

知らない人は損してる?小規模不動産経営でも青色申告は申請できる!

確定申告とは個人の1年間の所得を申告・納税する制度です。確定申告には白色申告制度と青色申告制度の2種類があります。それぞれの違いを理解した上で青色申告制度のメリットについて解説したいと思います。
節税方法

マイナンバーカードを作成しました ~申請情報の登録まで~

来年から確定申告でe-Taxを使いたいと考えています。そのために今、マイナンバーの作成に取り掛かっています。 e-Taxとは確定申告にてこれまで郵送(または持参)で行っていた関連書類の提出をパソコン(インターネット)経由で行えるシステ...
確定申告

去年提出した実際の資料をもとに確定申告書の見方を徹底解説します!

僕が2015年に提出した実際の確定申告書をもとに、それぞれの記載内容を一つ一つ説明します。具体的な金額が記載されているので、未経験の方にも見やすい内容になっています。
確定申告

去年提出した実際の収支内訳書(不動産所得用)を読み返してみました

去年(平成26年分)の確定申告の内容を見返しています。 今回は収支内訳書に記載されている内容を確認してみました。 白色申告に必要となる収支内訳書 収支内訳書は確定申告(白色申告)をする際に確定申告書と一緒に提出する書類です。 ...
確定申告

源泉徴収票を読み返してみました〜実績値をもとに解説します〜

新年と言う事で少し気が早いですが、確定申告の準備をしないとなぁ…と思いつつ去年の申告内容を見返していました。 去年は不動産会社の方に作成して頂いたので正直余り理解できていなかったのです。 ※今回は確定申告については記載致しません...
節税方法

その相談相手は正しいですか?全ての税理士が相続税のプロでは無い

税理士が行う業務の中でも相続税に関する土地や不動産の評価額の算出は難しいです。 現金や株式証券と異なり土地の評価方法はかなり複雑なので、税理士であれば誰でも大丈夫な訳ではありません。 税理士にも苦手分野はある そもそも税理士の資格...
確定申告

相続税還付で払い過ぎた税金が返ってくる!

相続税還付とは既に申請した相続税について、後々払い過ぎ(の可能性がある)と分かった場合、申告期限後から5年以内であれば、その分を過大納税として還付請求できる仕組です。 土地の評価は難しい 遺産相続の資産対象となるのは現金や株式証券など様...
節税方法

その相続対策は本当に必要か?自分に合った無理の無い節税法

今年、平成27年1月1日より相続税が増税されました。またそれ以上に注目を集めているのは基礎控除額の縮小で去年までと比べて大きく削減されています。 (改正前)5,000万円+1,000万円×相続人の数 (改正後)3,000万円...
節税方法

マイナンバー制度で副業がばれてしまう? ~確定申告の仕組みについて~

最近、マイナンバーの導入によって給与所得以外の収入(いわゆる副業)が勤め先の会社にばれる(ばれやすくなる)のでは無いかとの不安があちこちで見受けれます。 そもそもマイナンバーとは全国民に対して割り当てられる12桁の個人番号の事です。 ...
確定申告

意外と大きな負担になる?不動産取得税の仕組みについて解説します

不動産投資にはさまざまな初期費用が必要になりますが不動産取得税も負担が大きくなる初期費用の一つです。今回は不動産取得税の計算方法や軽減措置の仕組みについて初心者でも分かるように丁寧に解説しています。
節税方法

住宅取得で贈与税を非課税にできる?

住宅購入のタイミングは人によりそれぞれですが、購入に伴い親族の方から資金を援助してもらう事は結構あるかもしれません。自分は援助してもらうつもりじゃ無くても、親としてはわが子のために住宅購入用の資金を準備してくれている事もあるそうです。 ...
確定申告

値崩れリスクを回避しつつ節税効果を高める方法

どんなに新しく高スペックな物件でも築年数が経過するにつれて老朽化が進みます。 その結果、物件価格は少しずつ値下がりしてしまいます。 物件価格が下がる仕組み まず、新築物件の場合は、購入後、すぐに大きな値下がりが起こります。 新築...
節税方法

所得水準により節税効果は大きく変わります!

収益物件による不動産投資の利点の一つとして節税効果が挙げられます。例えば、物件価格が1億円(土地5,000万円、建物5,000万円)の築古木造アパートをフルローンで購入し、年間家賃収入が1000万円見込める場合、キャッシュフローはこのように...
確定申告

国税還付金振込通知書が届きました!

先日、税務署より確定申告に伴う還付金振込通知書が届きました。 支払われる金額は約50,000円です。固定資産税がギリギリ支払えるくらいです。 ちなみに今回が初めての確定申告でした。 2014年の年間収支です...
確定申告

確定申告を提出してきました!

今日は確定申告を税務署に提出してきました。不動産所得に伴う白色申告です。今回、税務署へ提出した書類は大きく分けて以下の3種類です。 所得税確定申告書 収支内訳書(不動産所得用) 減価償却資産償却方法の届出書 ...
節税方法

大家さんのためのお役立ちインターネットサイト☆彡

不動産経営には幅広い情報を手に入れるため、人との繋がりが大切と言われますよね。皆さんはオーナーズ・スタイルの運営する「大家さんの会」と言うインターネットサイトをご存知でしょうか。 一言で言うと不動産経営に特化したSNSのような...
スポンサーリンク