利回り

利回り

「かぼちゃの馬車」問題で考える誤った投資物件購入後の対策は?

今話題になっている「かぼちゃの馬車」の問題を受けて「物件の購入後、もしも想定外の自体が起こり正常な不動産経営を継続できない場合、どのような対策があるか?」について考えてみました。
利回り

ローン定数(K%)とレバレッジの関係性について

不動産を利用した賃貸経営をする場合、その運用状況を評価する指数に「利回り」があります。 不動産投資の利回りの種類 不動産投資の利回りには次のようなものがあります。 表面利回り(グロス利回り) 表面利回りの計算方法は次の通りです。 ...
利回り

イールドギャップの考え方と自分にあった資産運用

不動産投資用の物件購入を判断する時の指数として表面利回りや実質利回りなどがありますが、同じような指数の一つにイールドギャップと呼ばれるものがあります。 イールドギャップの計算方法はとてもシンプルで金融機関から融資を受けた場合の借入金利...
利回り

出口戦略の重要性!投資の成果を左右する重要なポイントについて

不動産投資が「成功だったか?」「失敗だったか?」を評価するには「いくらで売却できたか?」が重要はポイントになります。 もし物件を保有している間、空室率も低く十分なキャッシュフローが実現できていたとしても、売却価格が想定以上に低ければ、...
利回り

こんなに沢山ある!物件購入後も利回りを上げる方法とは

投資物件はどの物件をどのタイミング(価格)で購入するかが大切ですが、購入後にもできることは沢山あります。 満室経営の場合、購入時が最も家賃収入があり、それ以降は現状の利回りや入居率をどう維持すれば良いかと考えてしまいますよね。 ...
利回り

収益還元法は難しくない?直接還元法とDCF法の違いについて

投資用物件の売買価格が「割高なのか?」「割安なのか?」を判断するのは少し難しいですよね。 普段の生活で買い慣れている商品であれば「いつもより安いかな?」とか「先月から値上げされてしまった」などと、比較的簡単に売買価格を評価できますが、...
利回り

キャピタルロスでも収益増なら売却も有効な選択肢の一つです

昨今の不動産投資はインカムゲイン(家賃収入)を積み重ねるのが一般的です。 一部、例外的にキャピタルゲイン(売買益)を狙える物件もありますが、基本的には家賃収入による利回りで資産運用をするはずです 不動産投資では売買益は重要で...
利回り

利回りなんて信用できない?販売会社による数字操作の仕組みとは

不動産投資の話しをする時、最も良く使われる指数の一つに利回りがあります。 ただしそれでも「利回りにこだわり過ぎるな」だったり「利回りの高さだけで物件を選ぶと危険だ」などと言われます。 利回りを信用し過ぎると何が良くないのか? 利回...
利回り

その利回りは本当に正しい?投資額を正しく見極めるための注意点

不動産投資の利回りにはさまざまなものがありますが、一般的に分かりやすい指数として以下の2つの利回りが有名です。 購入した物件の価格から年間で何%回収出来るかを計算する表面利回り 管理費用や修繕積立金などの出費も考慮した実質利...
利回り

賃貸経営の基本!表面利回りと実質利回りの計算方法を徹底解説!

賃貸経営でもっとも有名な評価指数は「利回り」です。 普段、株式投資や投資信託をしている人ならイメージしやすいですが、全く投資をしない人にとっては余り馴染みの無い言葉ですね。 利回りとは「物件の購入価格から年間で何%回収出来るか?...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました