空室対策

空室対策

リスクへの対応方法は「分散」と「軽減」で考える

現在、1戸目の投資用物件を所有している方の中にはいずれ2戸目以降の物件購入も検討することもあると思います。 物件を複数所有することは、資産規模の拡大を進めるだけでは無く、経営全体のリスクを分散させるという意味で大きな効果が期待できます...
空室対策

人口の減少と空室リスクを考える

よく不動産販売会社の方は「今、日本の世帯数はどんどん増えているのでワンルームマンションは需要増ですよ!」と言われます。 中には他人事のように「地方では人口が減っているが都心では増え続けているので全然問題無い」ような言い方をされる営業さ...
空室対策

駅の乗降人員数をもとに今後の需要を見極めれる?

不動産投資の空室対策としてもっとも大切は項目の一つが都心へのアクセスと利便性です。 ※画像は阪急電鉄の「駅別乗降人員」からです。 住みたい街ランキングから考える人気の地域 入居者がお部屋選びをする際、都心への移動時間や駅か...
空室対策

地域で異なる借上げシステムの重要性の違い

東京の投資用マンションには多くの販売会社で空室リスクを軽減するための借上げシステムが用意されています。 一方、関西では借上げシステムが充実している販売会社もありますが、余り充実していないところや、システム自体はあっても、それが1年~2...
空室対策

賃貸経営の大きなリスク!もしも夜逃げされてしまったら…

不動産投資をする時、空室管理や利回りなどを一生懸命考えますが、万が一、家賃滞納のあげく夜逃げされたとなったら、そのシナリオは一気に崩れるでしょう。 家賃滞納の場合、その期間の賃貸収入はゼロになります。 予め敷金などを数か...
空室対策

立地と価格のバランスは?賃貸需給の見極めが大切です

不動産投資の空室リスクを考える時、人気の高い立地を探すことが大切です。 例えば「好立地」とは以下のような条件が挙げられます。 ・都心からの位置や最寄り駅からの距離が近いこと。 ※最寄駅も一つでは無く、複数路線が交わればより良いです...
空室対策

ヤドカリ投資法を徹底解説!住宅ローンを活用した安定した資産形成

不動産経営の中で最もリスクが低い「ヤドカリ投資法」についてまとめました。小規模な物件の購入から始めることが多いため最初は時間が掛かりますがとても堅実な投資方法です。
空室対策

どちらが良いか?ワンルームマンションとファミリーのマンション

不動産投資物件を探す時、ワンルームマンションとファミリーマンションのどちらが良いかで迷う方も多いかもしれません。 それぞれに一長一短あると思いますが、その違いを簡単にご紹介しようと思います。 ワンルームマンションとファミリーマンショ...
空室対策

安いだけでは選ばれない…入居者の要望はどんどん高くなっていく

戸建の住宅でもマンションでも一昔前と比べてどんどん新しい機能が搭載されてきています。 室内の設備だけで無くエントランスや共有スペースもとても立派で高級感のある造りになっています。 セキュリティが維持できないと選ばれない 住宅の進化...
空室対策

2014年「うめきた」の活性化と関西エリアへの人口流入の期待感を考える

入居率の高いマンションの一番の条件はやはり立地でしょう。 特に単身者の方は自分の職場や最寄り駅までの利便性(移動時間や距離)に対する優先度は高いと思います。 関西には素敵な街が沢山ある 僕は今、関西在住ですが関西の中でも梅田が一番好き...
空室対策

不動産経営の3大リスク?だけど大切なのは前向きな気持ちです!

不動産の経営に限らず何か事業をしたり投資などに挑戦する以上、少なからず何かしらのリスクは伴います。 リスクの定義が変わってきている? リスクとは「ある行動をすることによって危険な目に遭う可能性や損をしてしまう可能性」のことを意味します。...
空室対策

大阪の物件は安い?不動産価格とリスクについての考え方

同じ国内でも地域によって物価は大きく変わります。中でも不動産は地域差がとてもはっきりと出ますよね。 立地や規模にもよりますが平均的に国内で最も物件が高いのはやはり東京です。 大阪はこれからの活性化が見込める? アベノミクスによる物...
スポンサーリンク