不動産経営

老朽化

液状化現象の仕組みと被害に遭わないための備えについて

投資用物件を購入する際にはさまざまなことを想定して購入判断を行います。 一般的な検討事項としては以下のようなものがあります。 利回りや返済計画などの資金計画 物件(室内や共有部分)の設備や品質 利便性や安全性など...
遊休地の活用

太陽工発電で空きスペースの有効活用

太陽光発電の売電期間は発電量10kW未満と10kW以上で異なります。 10kW未満は10年固定、10kW以上は20年固定です。 ※これは国が投資を促すために定めた法律のようです。 一般的な1パネルの大きさは1m×1.8mで約2...
遊休地の活用

太陽光発電システムのこれから

今日は日本エコシステム主催の太陽光発電のセミナーに参加させて頂きました。 住宅や土地(地面)に太陽光のパネルを設置する事で太陽光のエネルギーを蓄積して、それを売電する仕組みです。 発電した電力量により異なりますが、10年、または...
販売・管理会社

意外と勘違いされている?お客様は神様であると言う思い込みについて

投資用物件を販売会社の営業はとても知識が豊富で沢山アドバイスしてくれます。 月々の返済計画の相談や住宅ローンの手続きなど、とても心強い見方となります。 最初に僕を担当してくれた営業は僕と同世代であったこともあり当初から「長いお付...
税金・確定申告

不動産購入で期待できる相続税対策とは?

不動産投資の利点として相続税対策が挙げられるのはとても有名な話です。 次の世代に財産を残せるのは一部のお金持ちの人たちに限られる話ですが、不動産経営は相続税の対策としてとても大きな効果を発揮します。 不動産投資は相続税対策になる ...
税金・確定申告

2015年より相続税の基礎控除額が改正されます

日本は税金大国と言われています。 働いて給料を貰う(稼ぐ)と所得税や住民税が掛かります。 お金を使うと消費税が掛かります。 使わずに貯めておいても相続税や贈与税が掛かります。 そしてここ数年の間に沢山の税金が増税され...
老朽化

新耐震基準は安全か?大震災への備えについて

日本は世界の中でも有名な地震大国です。 そのため中古物件の築年数を評価する場合、「新耐震基準」が建てられているかが大きなポイントになります。 旧耐震基準と新耐震基準の違い 耐震基準は、建物が地震の震動に耐え得る能力を定めるもので、...
販売・管理会社

近くの物件だけじゃ無い!遠隔からでも不動産投資は出来る!

近年、大手企業の東京進出がとても増えています。 僕の働くIT業界でもここ数年間で大手企業の東京進出が多く、上場企業の多く(80%以上)が東京を中心に拠点を構えています。 地方のエンジニアが次々と首都圏へ転勤・単身赴任して行き、逆...
空室対策

どちらが良いか?ワンルームマンションとファミリーのマンション

不動産投資物件を探す時、ワンルームマンションとファミリーマンションのどちらが良いかで迷う方も多いかもしれません。 それぞれに一長一短あると思いますが、その違いを簡単にご紹介しようと思います。 ワンルームマンションとファミリーマンショ...
利回り

賃貸経営の基本!表面利回りと実質利回りの違いを正しく理解する

不動産投資の評価指数として「利回り」と言う言葉がよく使われます。 銀行預金で言う「利子」と同じような意味合いで、物件価格から年間で何%回収出来るかと言う指標です。 表面利回りと実質利回り 例えば、物件価格が1,000万円、月々の家...
住宅ローン金利

団体信用保険の生命保険の関係性について

投資用マンションを購入する場合、一般的には住宅ローンを組んで購入することになります。 購入者の経済力や購入対象の物件価格によっては一括購入と言うケースもあるかもしれませんが、基本的には住宅ローンに頼らなざる得ないです。 投資用マンシ...
勉強会

どう始めれば良い?不動産投資の最初の一歩

物価上昇が予想される中、不動産投資が注目を浴び続けています。 少ない頭金で始めれるとの事で気になっている方も少しずつ増えているようですが、一体どこから情報を収集すれば良いでしょう。 いきなり販売会社に問い合わせるのは危険 物件を購...
販売・管理会社

自分にあった賃貸管理システムとの上手い付き合い方

最近の不動産投資ブームの背景の一つとして、物件の所有者(家主)に変わり管理会社が賃貸管理を代行してくれるサービスが挙げられます。 大家業が多様化してきている 昔は賃貸業と言えば入居者の募集から家賃の回収や物件の手入れまで全てをこなしてい...
空室対策

安いだけでは選ばれない…入居者の要望はどんどん高くなっていく

戸建の住宅でもマンションでも一昔前と比べてどんどん新しい機能が搭載されてきています。 室内の設備だけで無くエントランスや共有スペースもとても立派で高級感のある造りになっています。 セキュリティが維持できないと選ばれない 住宅の進化...
空室対策

2014年「うめきた」の活性化と関西エリアへの人口流入の期待感を考える

入居率の高いマンションの一番の条件はやはり立地でしょう。 特に単身者の方は自分の職場や最寄り駅までの利便性(移動時間や距離)に対する優先度は高いと思います。 関西には素敵な街が沢山ある 僕は今、関西在住ですが関西の中でも梅田が一番好き...
空室対策

不動産経営の3大リスク?だけど大切なのは前向きな気持ちです!

不動産の経営に限らず何か事業をしたり投資などに挑戦する以上、少なからず何かしらのリスクは伴います。 リスクの定義が変わってきている? リスクとは「ある行動をすることによって危険な目に遭う可能性や損をしてしまう可能性」のことを意味します。...
空室対策

大阪の物件は安い?不動産価格とリスクについての考え方

同じ国内でも地域によって物価は大きく変わります。中でも不動産は地域差がとてもはっきりと出ますよね。 立地や規模にもよりますが平均的に国内で最も物件が高いのはやはり東京です。 大阪はこれからの活性化が見込める? アベノミクスによる物...
スポンサーリンク