老朽化

老朽化

修繕費と資本的支出との違いを理解して効果的な節税対策をしよう

修繕費と資本的支出の違いについて、正しく理解できていますか?これらの違いについては、一見、どちらでも良いような気もしますが、実は経費の計上に仕方に大きな違いが出てきます。
老朽化

エアコン故障時の出費は準備次第で安くできる

不動産経営において大切なことは空室対策により安定した家賃収入を得つつ、その後も満室経営を継続させることです。 それは言い換えると今住んで下さっている入居者に対して少しでも快適な生活を送ってもらえるよう充実した設備を維持することだったり...
老朽化

既存住宅売買瑕疵保険で中古物件でも安心して購入できる

投資用物件を購入する時の基準の一つに新築物件を購入するかそれとも中古物件を購入するかがあります。 中古物件は値段が抑えられるため当然その分、運用利回りは高くなります。その一方、中古物件には物件自体の品質に対するリスクは新築より...
老朽化

手抜き工事されないための塗装仕様書の見方とポイント

外観塗装は美観を良くするため、空室対策や入居率UPに繋がるとイメージされるかもしれませんが、最も重要な役割は雨水が建物内に入り込まないようにすることです。 所有物件を守るために大切なこと もし防水の機能が正しく働いていなかった場合、雨漏...
老朽化

建築中だからこそできる住宅の品質チェック項目

注文住宅を建てる時や中古物件でも気になる住宅を見極める際は施工精度や品質チェックを行う必要があります。 不動産業に精通していない素人では中々どこを見れば良いか難しいと思いますが、 物件の品質を見極める観点はそこまで多くはありません。...
老朽化

どうしても気になる掘り出し物件は住宅診断士に診断依頼を

投資用物件、住居用物件に問わず購入対象の住宅が良い物件かの判断は難しいと思います。 設備や間取り、立地などから良さそうな物件かどうかの判断は出来るかもしれませんが、それ以上に大切なのは悪い物件では無いかどうかです。 住宅診断士の役割...
老朽化

「お願い」から「指導」へ〜空き家対策措置法案の完全施行〜

ここ最近、住宅の空室率の上昇が問題視されており、また加えて空き家問題もより注目されています。 「空き家」とは文字通り誰も住んでおらず、使用されず放置されている建物の事です。現状、明確な判断基準はまだ固まっていませんが、長期間使用された...
老朽化

高齢入居者のリスクを軽減する新しい家賃保証保険!

日本の少子高齢化に伴い様々なビジネスが立ち上がっています。不動産業界も少子高齢化社会による影響が大きい業界で、特に人口減少による影響は他の業界以上に大きなインパクトがあります。そんな中、高齢化社会のリスクを軽減できる家賃保証保険に少しずつ注...
老朽化

メーリングリストで情報共有~ルームエアコンのリコール対応~

先日、メーリングリストで繋がっている「がんばる家主の会」の方からリコールに関するご連絡を頂きました。 具体的な内容としては、ダイキン工業の一部のルームエアコンと空気清浄機に発煙・発火する危険性があるようで、メーカーとしては無償点検や修...
老朽化

入居者としてお借りしていた物件で修繕費が発生しました…

10月の末でお借りしていた賃貸契約のお部屋を退去し、実家に帰ることになりました。築50年のアパートで30㎡ほどの1Kです。家賃45,000円、入居期間は1年6ヵ月で、事前にお支払していた敷金は30,000円です。 敷金は基本的に退去時...
老朽化

退去時にトラブルにならないように知っておきたい 〜敷金返還に伴う国土交通省ガイドライン〜

賃貸契約を解約し住んでいた部屋を明け渡しをする時には基本的には敷金が返還されます。 契約時に支払ったお金とは言えお金が戻ってくるのは嬉しい限りです。 そもそも敷金ってどんなお金なのか? 賃貸住宅を契約する場合、主に以下の2つの言葉...
老朽化

液状化現象の仕組みと被害に遭わないための備えについて

投資用物件を購入する際にはさまざまなことを想定して購入判断を行います。 一般的な検討事項としては以下のようなものがあります。 利回りや返済計画などの資金計画 物件(室内や共有部分)の設備や品質 利便性や安全性など...
老朽化

新耐震基準は安全か?大震災への備えについて

日本は世界の中でも有名な地震大国です。 そのため中古物件の築年数を評価する場合、「新耐震基準」が建てられているかが大きなポイントになります。 旧耐震基準と新耐震基準の違い 耐震基準は、建物が地震の震動に耐え得る能力を定めるもので、...
スポンサーリンク