固定資産税と都市計画税の概要と計算方法について

先日、固定資産税および都市計画税の納付通知書(振込請求)が届きました。

去年購入したおよそ1,400万円の物件(家屋・土地含む)に対して、約5万円です。

購入前に販売会社が一括で立替納付していたので、初年度に限り販売会社に対して支払うおとになります。

固定資産税と都市計画税

不動産を取得すると固定資産税と都市計画税を支払う必要があります。

固定資産税とは1月1日において固定資産(土地、家屋、償却資産)を所有しているものに対して市町村が課税する税金です。

一方、都市計画税は都市計画事業または土地計画整理事業に要する費用に充てるため原則として市街化区域内の土地及び家屋の所有者に対して市町村が課税する税金です。

納税義務者は原則として市街化区域における土地、家屋の所有者で課税標準は固定資産課税台帳登録価格(固定資産税評価額)となります。

なお、住宅用地については課税標準の特例により軽減処置があります。

固定資産税と都市計画税の計算方法のもととなるのが固定資産税評価額です。

固定資産税評価額とは

固定資産税、都市計画税、不動産取得税、登録免許税等の算出基礎となる価格です。

また路線価のない地域では固定資産税評価額に倍率を乗ずることで相続税評価額とします。

決定機関は市町村(東京23区については東京都)で実施時期については3年毎に固定資産評価基準によって1月1日現在の価格評価を行います。

おおむね公示価格の70%が目安となります。

また公示価格とは「地下公示法」に基づく一般の土地取引価格の指標となる価格です。

決定機関は国土交通省(土地鑑定委員会)で実施時期については毎年1月1日時点の価格を3月下旬頃に発表されます。

固定資産税と都市計画税の計算方法

固定資産税は原則、全ての物件が課税対象となります。

一方、都市計画税は都市計画法による市街化区域内に建てられた物件が課税対象となります。

とは言うものの、関西の中心部として不動産投資として好立地なエリアは基本的に市街化区域なはずなので、基本的には固定資産税、都市計画税共に納税義務が生じます。

区分固定資産税都市計画税
土地課税標準額232,000円465,000円
家屋課税標準額2,644,000円2,644,000円
合計課税標準額2,976,000円3,109,000円
税額40,200円9,300円
請求金額49,500円

固定資産税の計算方法

固定資産税の合計課税標準額の計算方法は次の通りです。

  • 232,000円+2,644,000円=2,976,000円

固定資産税の税額の計算方法は次の通りです。

  • 2,976,000円✕1.4%=40,200円

都市計画税の計算方法

都市計画税の合計課税標準額の計算方法は次の通りです。

  • 465,000円+2,644,000円=3,109,000円

税額の計算方法は次の通りです。

  • 3,109,000円✕0.3%=9,300円

固定資産税と都市計画税の請求金額

固定資産税と都市計画税の請求金額は以下の通りです。

  • 40,200円+9,300円=49,500円

固定資産税と都市計画税は、固定資産税評価額を課税標準として計算されます。

固定資産税は課税標準額の1.4%、都市計画税は課税標準額の0.3%です。

固定資産税と都市計画税の標準税率
固定資産税固定資産税評価額✕1.4%
都市計画税固定資産税評価額✕0.3%

また、課税標準額は固定資産税課税台帳に登録されている固定資産税評価額を基準として計算され、一部軽減の特例等が設けられます。

住宅(家屋)の課税標準額については固定資産税と都市計画税で金額の差はありませんが、土地への課税標準額は固定資産税と都市計画税で2倍の差があります。

それは土地の課税標準額について、固定資産税では課税標準の1/6であるのに対し、都市計画税では課税標準の1/3であるためです。

小規模住宅用地(土地)の課税標準特例
固定資産税の課税標準評価額✕1/6
都市計画税の課税標準評価額✕1/3

一般的に関西の1Rマンションの場合、固定資産税・都市計画税は6万円~8万円と言われるので、大体こんなモノですね。

まとまった資金を準備する必要がある

固定資産税と都市計画税の納付通知書は毎年5月頃に郵送で送られてきます。

また当然のことですがマイホームも含め、複数の物件を所有している場合は全ての物件の納付通知書がほぼ同じタイミングにて送られてくることになります。

所有物件が1件や2件であればともかく、物件数が増えてくると年に一度を言えどもかなりの負担間になってきます。

なのでこの時期にはしっかりとまとまった資金を準備しなければいけないので注意する必要があります。

FP試験を受ける上で必要となる不動産の基礎知識
不動産の分野では不動産登記の仕組みつかみ不動産の価格を整理する必要があります。 また建築基準法を中心にその他の法令を理解し、各...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告