新しい区分マンションを購入しました!

販売会社

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 38 秒です。

先日、お世話になっている販売会社の営業さんと食事する機会があり、物件を紹介頂きました。

以前から電話で「少し手元資金があるので比較的安め(1,000万円程)の物件が欲しい。」と伝えていたんで、希望に近い新築物件を紹介頂きました。本当は中古物件が欲しかったんですが、この営業さん、「やっぱり若い方は先が長いので、絶対新築ですよ!」っといつも言いくるめられます。。。

食事の後に物件情報を拝見しご説明を受けました。

感想としては梅田駅から少し離れていた(北に徒歩15分程)のが気になりましたが、その分同じ水準の物件より100万円前後安かったです。梅田の中心から近いことはとても良いことですが、やっぱり近ければ近いだけ土地価格が高いため、物件価格も高くなります。

だけど、1Rマンションに住むような単身の若い方は生活圏は自転車で移動することも多いので徒歩15分程なそれ程遠く感じないので、むしろ1,000円でも家賃が下がるのであれば、その方が嬉しいらしいと…また上手い営業トーク聞かされました。

残り戸数がわずかで、どうにか短期間で売りさばきたいとのことで、前向きに値下げの提案をして頂きました。

ちなみに、ここの会社は基本的に入居者を確保した後に販売するポリシーのようです。

要するに最初から家賃収入が見込める状態ってことですね。これって結構普通のことなんですかね?

現地まで連れて行って頂き、結構悩みましたが購入を決めました。「せめて少し前に言ってくれたら、もう少し考えれたのに…」と言いつつ。。。

新築物件なので予算(1,000万前後)は少しオーバーしましたが、個人的にも今の時期でこの価格だったら悪く無いのかなは思いました。

っと言ってもまだ、手付金を支払っただけなのでもう少し手続きに時間が掛かります。

良く「今年を逃すと次のチャンスは10年後ですよ!」っと言われます。その日も言われました(笑)。。

だけどそれは僕も今年に入る前から思っていたことなので、焦って判断したつもりはないけど…

来年以降、物件価格は大きく値上がりすると言われます。もしそうなれば、低価格のうちに購入できた今回の判断も正解だったと思えるのかもしれません。。。

どちらにしてももう少し先の話ですね。

プロフィール

楽待新聞&不動産投資Libraryのコラムニストです。
普段、不動産投資家として考えていることや体験談などを掲載しています。
賃貸経営初心者にも分かりやすい内容を心掛けています。

西本 豪をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
販売会社
スポンサーリンク
不動産投資ライフ

コメント