自分に合ったライフプランは賃貸派?購入派?

住宅

住まいについてライフプランを考える時、「賃貸派」か「購入派」の2パターンに分かれることがありますよね。

どちらもビジネスとして成り立っている以上、「どちらが良いか」と言う答えははく「自分にはどちらが向いているか」で判断するしかありません。

片方を推奨する意見があったとしても、それはあくまで「その人にとっては」である場合が多いです。

その場合、判断基準のひとつとなるのは「お金」です。しかし、一生(30歳~80歳までの50年程)で比較した場合、その違いは意外と「それ程は変わらない」と思います。

引っ越しやリフォームの頻度により多少変わりますが、そのようなことが特別多くなければ、ある程度は同じ水準になると思います。

ただし同じ水準と言ってもそれは住居費用の総額であり、月々の支払額は双方で大きく異なります。

賃貸は比較的一定額の出費(家賃)がずっと必要なのに対して、購入の場合は多額(数百万以上)の頭金が必要である一方、住宅ローンの返済が出来れば、それ以降の出費は激減しますよね。
(マンションの場合、管理費や修繕積立費が掛かるためゼロにはなりません)

僕は一昔前までは、「やや(一生)賃貸派」でしたが、最近は購入も十分有りではないかと考えるようになりました。

一般的に賃貸の最大の利点は転勤や家族構成(子供の人数)の変化に伴う引っ越し(住み変え)が容易であることかと思います。

収入が減った場合も賃貸であれば住み替えれば良いだけ。もし転職や起業をしたくなった時も決められたローン返済が無いので気軽(?)に前向きな判断が出来ますよね。

ただ購入も場合も、住まいを変える場合は物件を売却するだけではなく、その物件を貸し出すことで賃貸収入を得ることが出来ます。

「ここに一生住み続ける!」と決めて購入するのではなく「転勤になったら賃貸に出せるように」と考えれば、物件選びのポイントも変わるし、早い段階で不動産投資会社などとも相談することが出来ます。

まぁ、その時点で一切妥協無しの「本当に自分が住みたい物件」からは少し離れてしまいますけどね。

一方、購入側のメリットは結構多いです。

最近の新築では、賃貸物件の設置設備も驚く程高品質になっていますが、やはりグレードを上げ過ぎるとそれは貸主側のコストとなるため、購入物件に比べて見劣りすることもあります。また賃貸物件は築年数によっては耐震強度に問題がある場合もあります。

そして一番のポイントは、今が「史上最低水準の低金利」時代であることや「住宅ローン減税」「すまい給付金」などの増税の影響を緩和するための国を挙げた政策です。

都心では住宅販売戸数も増えてきています。大きな買い物なので無責任なことは言えませんが、賃貸と購入で迷っている方にとっては、今は絶好の購入日和なのかもしれませんね。。……あくまでも迷っているのならですよ。

新耐震基準は安全か?大震災への備えについて
日本は世界の中でも有名な地震大国です。 そのため中古物件の築年数を評価する場合、「新耐震基準」が建てられているかが大きなポイントになります。 旧耐震基準と新耐震基準の違い 耐震基準は、建物が地震の震動に耐え得る能力を定めるもので、...
マイホーム購入の最強の味方!住宅ローン減税とすまい給付金の仕組み
2014年4月より消費税が5%から8%に引き上げられます。 住宅を購入する場合も購入金額が高くなると思われますが、場合によっては得するケースもあります。その主な理由は以下の2つの住宅政策です。 住宅ローン減税 すまい給...

コメント