キャピタルロスでもプラス収益が期待できます

昨今の不動産投資は基本的にインカムゲイン(家賃収入)を狙う投資ですよね。場合によってはキャピタルゲイン(売買益)を狙えるかもしれませんが、基本的には家賃収入による利回りで資産運用をするはずです。

https://go1101.com/blog-entry-68.html
売却時の判断基準として損益分岐点と言う指数があり、物件の売却時、「この金額より高値で売却出来れば得、安値で売れたら損」と言う分岐点のことです。

例えば、1,000万円の物件を10年後、500万円で売却することになれば、一見、500万円の売却損(キャピタルロス)になります。しかし、10年の間に500万円以上(勿論、必要経費を差し引いて)収益が確保出来ていたら、結果的にその投資は成功(得を)したことになります。
去年頃から少しずつにではありますが、物件価格も上昇も期待されて(と言うか実際に上がって)いるので、まだ値段が高値を付けていない物件を購入する事が出来れば、多少売却損になったとしても、それ以上の収益を得てプラスのまま、その物件を手放すことが出来ます。

今後はさらに「良い投資物件は手に入りにくい」と言われているので、所有物件を手放す人は余りいないかもしれませんが、もし急な資金が必要になり物件の売却を検討する場合は、トータルで損益分岐点を上回れるかどうかを判断基準と考えてることが多いはずです。

ただ、ローンでの物件購入の場合、返済当初は金利に対する返済割合が多いため元金が中々減らず、結果、損益分岐点が上昇してしまい損してしまうと言うこともあります。また、不動産投資が他の投資を比べ、大きく劣る点として「換金性が悪い」ことも挙げられます。不動産物件の場合、物件価格が高いこともあり、仮に良い物件でも希望する値段での買い手がすぐに見つからないことは少なくありません。その上、必要な手続きなども多いため現金化するのに半年以上掛ることもあるそうです(泣)

なので物件売却時にプラス収益を目指す場合も、直ぐには現金化が出来ない(難しい)ことを十分考慮して、自分の納得のいく価格での売却プランを計画することも大切になります。
購入時には一生懸命探して優良物件に巡り合えたとしても、慌てて換金を進めることで、本来の物件価値より極端な安値で売却してしまっては、それはとても残念な投資になってしまいます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告