【実績値公開】2015年の返済明細表

住宅ローン金利

投資用物件の住宅ローンでお世話になっているジャックスから今年一年間の返済明細表が届きました。
まだ返済が始まって二年目ですが、簡単な概要としては以下の通りです。

・借入額は11,100,000円
・返済期間は20年0ヵ月
・合算利率は0.197% ※利率:0.091%、保証料率:0.106%


JACCS

投資用物件のローンを組む場合は団体信用保険への加入も必要になるので、やっぱり一般の住宅ローンより1%程高くなってしまいます。
返済額は月々6万円弱ですが、内訳としては元本が4万円弱なのに対して、それ以外に「」「保証料」とで約1万円ずつの内訳です。言葉は違いますが要するに返済額の1/3は利子って事ですね。

受託ローン(元利均等返済)の性質上、ローンを組んでから初期の頃はどうしても利子に占める割合が多きいとは言え年間、70万円以上返済しているにも関わらず、元本は45万円程しか返済されていないと言うこの現実はやはり辛いです。。
来年はできれば少しでも繰上げ返済をしたいなぁっと漠然と思います。

団体信用保険の生命保険の関係性について
投資用マンションを購入する場合、一般的には住宅ローンを組んで購入することになります。 購入者の経済力や購入対象の物件価格によっては一括購入と言うケースもあるかもしれませんが、基本的には住宅ローンに頼らなざる得ないです。 投資用マンシ...
繰り上げ返済の仕組みを徹底解説!返済総額の大幅削減に繋がります!
繰り上げ返済をすることは返済総額を減らす上でとても大きな効果があります。元利均等返済の仕組みを理解しつつ繰り上げ返済の効果的なタイミングや注意点などについてまとめました。
繰上げ返済の仕組みとそのメリット 〜想像以上に大きいその効果を撤退解説〜
不動産経営を行う際、可能な限り返済総額を軽減したいものですよね。 勿論、生活費や子供の教育費などをしっかりと確保する事は大前提ですが、もし手元に余裕のある資金があれば、ローンの繰上げ返済を活用し少しでも返済総額を減らせれるよう...

コメント