マイナンバー制度で副業がばれてしまう? ~確定申告の仕組みについて~

最近、マイナンバーの導入によって給与所得以外の収入(いわゆる副業)が勤め先の会社にばれる(ばれやすくなる)のでは無いかとの不安があちこちで見受けれます。

そもそもマイナンバーとは全国民に対して割り当てられる12桁の個人番号の事です。マイナンバー導入の目的は行政関連で行われるさまざまな手続きの効率化のためで主に社会保障、税金、災害対策に対して情報を一元管理するような仕組みです。
インターネットでもさまざまな情報が公開されていますが、そもそもマイナンバーの導入以前に、まずは従来の税金(納税)の仕組みについて理解しない事には話が分かりづらいと思います。

どうして会社にばれてしまうのか

それではそもそも何故、自分が副業(副収入を得ている)事が会社にばれてしまうのか…結論から言うとそれは「住民税」が原因である事が多いと言われます。ですが住民税と一言で言ってもイマイチ良く分からないような…似たような言葉に所得税と呼ばれるものもありますし、一体、住民税とは何なのか…
ちなみにこの他にも自ら話してしまったり、SNSを経由して情報が洩れる場合もありますが、そこについては割愛します。その辺は各自で頑張って下さい。

納税については「源泉徴収」、「年末調整」、「」…などなど謎の用語が沢山出てきて難しいですよね。なので、まずは税金を納める上で最も関連性の高い(と僕が勝手に思っている)確定申告についてお話したいと思います。

そもそも確定申告とは

確定申告とは(前年分の)1年間の収入に対して支払うべき所得税及び住民税の金額を確定させる手続きの事です。前年分の収入に対してその翌年2月16日~3月15日までの一ヵ月間で確定申告を行い所得税を納付しなければなりません。ちなみにこのタイミングではまだ住民税は納付しません。後ほどご説明しますが住民税を納付するのはもう少しだけ後の事です。

勿論、個人事業主の方や副収入を行っている方は確定申告が必要になりますが、会社員の給料分については基本的に会社側が変わりに所得税を納めてくれているので気にする必要がありません。(だってもし全ての会社員がそれぞれに確定申告したら税務署も大変ですもんね。)

なので月々のお給料明細を確認すると所得税が自動で差し引かれている(源泉徴収)はずです。ですがサラリーマン大家については会社から支払われるお給料とは別に家賃収入があります。なのでその分については自分で申告する必要がある訳なんですね。
確定申告には青色申告と白色申告とがありますが、記載事項としては家賃による不動産取得の金額で、その内訳としては総収入額から管理費や仲介手数料などの必要経費を差し引いた金額となります。青色申告と白色申告の違いとしては控除額優遇制度の有無や、求められる記載情報の精度や帳簿書類の保管期間の違いなどがありますが、確定申告の目的としては同じです。

このように所得税に関しては確定申告と併せて税務署に支払う事になります。ところが住民税については少し違います。確定申告の情報を元に納める住民税の金額を算出する事には変わりないのですが、住民税は各市町村(市役所)に支払うため事になります。
なので流れとしては確定申告を行う事で税務署から市区町村(市役所)に対して自動的に住民税の金額が通知される仕組みです。

そしてここで最も重要となるのは住民税の支払方法です。
確定申告を行う際、住民税の支払方法については「特別徴収」か「普通徴収」を選択する事になるのですが、特別徴収を選択してしまうと本業としての会社員の給料に上乗せした分が会社に通知されてしまいます。なので会社の経理担当としては「この人、お給料のわりに住民税が高いなぁ?」と違和感を持たれてしまう訳です。これはヤバい…

一方、普通徴収を選択すると副業による上乗せ分については会社には通知されずに自宅に届きますので、住民税によって経理担当が違和感を持つ事は無い訳なんですね。

要するに会社に副業分の収入をばれないようにするためには確定申告の際に普通徴収を選択する事が大前提となります。

ここまでのお話はマイナンバーが導入される以前のお話になりますが、まずは所得税と住民税の仕組みが整理されるとマイナンバーに対する理解もしやすくなると思います。今後も会社にばれずに不動産経営を行うためのポイントを少しずつ掲載したいと思います。


この記事は2015年11月04日に日刊不動産投資Libraryにて転載させていただきました。

マイナンバー制度で副業がばれてしまう? ~確定申告の仕組みについて~ 不動産投資ライフ☆初心者向け投資日記

http://f-library.com/daily/6303/in-the-mynumber/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告