次世代ポストを活用して入居者の確保に結びつけよう

空室対策

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 23 秒です。

現代社会においてネット通販は生活に無くてはならない存在になってきています。

ですが、Amazonや楽天などのネット通販が普及している、一方、受取人不在による再配達の増加が問題になっています。

特にワンルームなどに住んでいる単身者世帯の場合は、本人が留守中の場合、受取人が不在となってしまうため、配達員の方の負担が増えますし、受取人側のストレスにもなるはずです。

スポンサーリンク

従来のポストはサイズが小さい?

その大きな原因はマンションに設置されているポストのサイズが、配達される箱やメール便のサイズよりも小さいため、物理的に投函出来ないことです。

ちなみに住環境メーカーのナスタの調査によるとメール便の65%はポストのサイズが小さいため、投函出来ずに再配送になってしまうそうです。

そこで、その対策としてAmazonと日本郵政とナスタの3社共同のコラボレーション企画として集合住宅用の次世代ポストとして「D-ALL」を開発しました。

スポンサーリンク

次世代ポストは高機能

ポストのサイズは大容量なものから狭い通路でも設置可能な薄型タイプなどがあり、ポストの出し入れ仕方も前入前出タイプと前入後出タイプの2タイプがあります。

大きさ以外の機能面としても、以下のような嬉しいポイントがあります。

  • 盗難防止
  • 静音対策
  • 急落防止機能
  • 防滴仕様

さらに鍵のタイプもダイアル錠やプッシュボタン式のものなどさまざまです。

ただでさえ、Amazonなどの宅配物の箱は必要以上に大きいことがあるため、ポストのサイズが大きくなることはとても喜ばしいことです。

再配達を減らす事で配達業務の効率化(配達員の負荷軽減)のみならず、受け取りまでの期間が短くなるため、宅配業者にとっても受取人にとっても良い事ばかりです。

スポンサーリンク

日本郵便も採用を後押し

日本郵便としても、この次世代ポストの普及に大きく期待を寄せていて、来年2016年3月末までに日本郵便の推奨する製品を設置した場合、1戸辺り500円の手数料が支払われるそうです。

本体の最安価格が10,000円台からであることを考えると若干せこい感じもしますが、賃貸物件所有者の家主に対しては意外と大きなアピールポイントになると思います。

ちなみに、「D-ALL」はあくまでポストなので、対応出来るのはメール便の受け口としてです。

それ以上の宅配便については別途宅配ボックスが必要ですね。

それでも実用性(品質面)は勿論の事、デザインも素敵なのでエントランスの見栄えも良くなり印象もかなり変わると思います。

費用対効果はしっかりと考えないといけませんが、雰囲気が変われば入居者確保にも繋がるかもしれませんね。

プロフィール

楽待新聞&不動産投資Libraryのコラムニストです。
普段、不動産投資家として考えていることや体験談などを掲載しています。
賃貸経営初心者にも分かりやすい内容を心掛けています。

西本 豪をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
空室対策
スポンサーリンク
不動産投資ライフ

コメント