2014年から開始されるNISA制度の魅力についてを詳しくまとめてみました

NISA(少額投資非課税制度)が今年2014年1月から開始され、まだ制度が開始されたばかりではありますが現時点で口座開設数はおよそ500万件前後で好スタートしたと言われています。

NISA制度が誕生した背景

株式投資や投資信託などによって得られた運用益や配当金について年間100万円まで非課税にする制度のことです。

導入のきっかけは投資への関心を高める事で家庭の金融資産(貯蓄)を企業(資金供給)へ導こうという狙いです。

ちなみにNISAとはイギリスのISA(個人貯蓄口座)制度を元に作られていています。日本版のISAなのでNISAと呼ぶそうですよ。

NISAを使わないとどうなるのか?

NISA制度が誕生した背景を知るためには「そもそもNISAを使わない場合はどうなるのか?」を考えると分かりやすいと思います。

配当所得にも税金が掛かってしまう

株式投資や投資信託などによって得られた運用益や配当金のことを配当所得と呼びます。

仮に100万円で購入した株式銘柄が150万円で売却できたとしたら10万円の配当所得を得たことになります。

そしてその配当所得に対しては2013年までは一律で10.147%の税金が掛かっていましたが、2014年以降は20.315%の税金が必要ななってしまいます。

  • 2013年12月31日まで…10.147%(所得税+復興特別所得税7.147%、住民税3%)
  • 2014年01月01日以降…20.315%(所得税+復興特別所得税15.315%、住民税5%)

要するにせっかく株式投資や投資信託で儲けたお金に対しても税金として国に納めないといけません。

もし10万円の配当所得があったとしても約2万円程は税金として徴収されてしまう訳です。

NISA口座で儲けたお金には税金が掛からない

一方、NISA口座を開設すると、そこで儲けたお金には税金が係りません。

もし10万円の配当所得があった場合は、そのまま10万円が自分の儲けになる訳です。

この「税金が掛からない仕組み」のことを「非課税」と言います。

NISA制度の特徴

NISAは年間120万円までの投資に対して税金を5年間非課税にする制度のことで簡単な概要は以下の通りです。

NISA制度の概要
年間の非課税枠120万円
非課税期間5年間
投資総額600万円
対象商品株式・投資信託等
非課税対象配当金・売却益等
口座開設の期間2023年開設分まで
口座開設の対象者20歳以上

もう少し補足すると開設できる口座は一人につき一口座のみとなります。

なので複数の金融機関で口座を開設する事は出来ません。

また非課税枠の未使用分を翌年へ繰り越したり、売却したからといって非課税枠の再利用するようなことはできません。

以下の図解を見て頂ければNISAのイメージがよりつきやすくなると思います。

※画像の出典は楽天証券のサイトからです。

NISAにも注意点がある?

基本的に「使っておいて損は無いNISA口座」ですが、注意点として他の口座との損益通算・損失の繰越控除が出来ない事が挙げられてます。

損益通算・損失の繰越控除とは

例えば複数の普通口座がある場合、片方で損失があった場合、もう片方の損益と相殺した金額が課税対象となりますが、NISA口座で損失があった場合は、その他の口座と相殺する事は出来ません。

ここが一概にNISAが必ずしも得をするとは限らないと言われる理由の一つです。

変わり続けるNISA制度

NISA制度は今までにも何度か細かな制度内容が改正されています。

  • 口座開設の金融機関を1年単位で変更可能(2015年1月〜)
  • 年間の非課税額が120万円に増額(2016年1月〜)
  • ジュニアNISAの新設(2016年4月〜)
  • つみたてNISAの新設(2018年1月〜)
  • ロールオーバーの上限額(120万円)の撤廃(2017年の税制改正)

当初は一度どこかの金融機関でNISAの口座を開設するとその後4年間(第一勘定設定期間)は同じ金融機関で運用する必要がありましたが、2015年1月以降は毎年金融機関を変更できるようになりました。

また年間の非課税枠も100万円から120万円に増額されそれに伴い5年間の投資総額も600万円になりました。

さらに2016年4月からは20歳未満の子供を対象とした「ジュニアNISA」が新設され、また2018年1月からはより長期運用に適した「つみたてNISA」が新設されます。

つみたてNISAをきっかけに積立投資を始めよう
2018年1月から積み立て型の少額投資非課税制度「つみたてNISA」が開始されます。また、それに先立ち2017年10月より口座開設が...
NISA口座開設後の注意点と今後の運用ポイントについて
2014年1月からNISA(少額投資非課税制度)が開始されました。まだ制度が開始されたばかりですが少し内容が複雑で毎年のように制度改正もあり投資初心者には難しい制度のようにも思います。この記事ではNISA口座開設後の注意点と今後の運用ポイントについて分かりやすくまとめてみました。

口座開設はどの商品を購入するかで決める

また、金融機関により購入できる商品は異なるので「どこで開設するか」ではなく、「何(どの商品)に使いたいか」を軸にして口座開設を考える方が良いはずです。

NISAはあくまで運用利益に対する税金を優遇(非課税)するものなので、あまりNISA中心に考え過ぎるのではなく、それよりも何にいつどれくらい投資するかと言う従来の考え方の方が大切だと思います。

そもそも、運用利益をしっかり作り出さないと税金が非課税になっても意味無いですもんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告