Airbnbを利用した宿泊マッチングサービスで不動産収益が倍増になる?

最近、話題になっているサービスで(エアビーエヌビー)と言う宿泊マッチングサービスがあります。ホテルや旅館などの営業用宿泊施設とは異なり、個人の保有物件を宿泊施設として貸し出す新しいビジネスとして注目されています。

サービス内容としては空室物件を所有する提供者(物件所有者)と宿泊場所を探している旅行者をつなぐインターネット上のプラットフォームでスマートフォンなどでも利用可能で、収益源としては物件の提供者と宿泊者のそれぞれからの手数料(数%)が運営側へと支払われます。

お互いに全く面識の無い状態から宿泊契約を結ぶため不安要素も少しありますが、過去の利用実績などから利用者間の相互確認(レビュー)や損害補償などもあるため、当事者同士のトラブル数も軽減できるような工夫されています。

このようなサービスが日本で普及してきている背景としては、宿泊施設の供給不足が挙げられます。日本では人口減少に伴う空室率が問題視されており、一見矛盾しているような印象を受けますが、去年1年間での日本への海外旅行者は1,000万人を大きく超えており、年々増加傾向です。さらに東京オリンピックの開催も後押しする形で、2020年頃にはさらに2倍~3倍以上来日者を呼び込む計画(観光庁の訪日旅行促進事業)です。にも関わらず、現時点で東京など都心の宿泊ホテルなどではかなり高い稼働率が続いているため、今後も旅行客数が急増し続けると、既存の宿泊施設だけでは対応できなくなってしまうのです。

ビジネスホテルなどはどこも同じような形をしていて面白味に掛けると考える旅行者など遊び心を持っている人からすれば、少し面白いかもしれませんね。

しかし実は問題もあり、法律面や規制面では課題が山積みです。。。通常、ホテルや旅館などの宿泊施設を運営する場合、自治体の営業許可が義務付けられ、それに伴い旅館業法の定めに従う必要があります。ですが、防災・火災設備の要件など結構厳しめのルールが科せられますが、サービス運営()側としては営業許可の取得有無などを把握していないため施設運営側の自己責任となり、過去には旅館業法違反で逮捕者も出た事もあるそうです。

今後も条例が強化される可能性もありますし、マンションの場合、管理組合の規約なども考慮する必要もあるかもしれませんね。
とは言うもののビジネスとしてチャンスだと考える意見は多く、長期間入居すると言う条件ではあまり相応しく無く(例えば少し立地が悪いとか)空室が続いてしまっているような部屋でもやり方次第で一発逆転(?)も可能かもしれませんし、マッチングが上手く働けば、多少稼働率が低くなっても収益的にはかなり高いパフォーマンスを見込めます。

ある程度の稼働率(例えば20日/月とか)を維持するためには運用面でも精神面でも少し負担が大きそうにも思えます。また、通常の不動産経営の場合、条件が良く空室率が低い賃貸では平常時は特に何か特別を対応する必要は少ないですが、宿泊マッチングサービスにおいては、宿泊予約や退室など常に何かが発生します。さらに海外の方(外国人)を対象とするのであれば、英語などその国ごとに多言語での対応も必要になります。なので、もし管理会社などに業務委託する場合は、従来の不動産経営と比較しても管理会社への依存割合は一段と増えるため、管理会社の存在がAirbnbを成功するか失敗するかに大きく影響を与えます。

不透明な部分もあり、個人的にも「そんなに上手く行くのかなぁ。。」と思ったりもしますが、今後、特に2020年に向けて普及していくと思うので、ちょっと注目したい市場ですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告