メーリングリストで情報共有~ルームエアコンのリコール対応~

老朽化対策

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 11 秒です。

先日、メーリングリストで繋がっている「」の方からリコールに関するご連絡を頂きました。

具体的な内容としては、ダイキン工業の一部のルームエアコンと空気清浄機に発煙・発火する危険性があるようで、メーカーとしては無償点検や修理の実施を呼びかけているとのこと。

この方が情報を展開された意図としては、各家主ごとに保有物件に設置しているエアコンの確認や入居者さんへのご連絡を促すためであり、コミュニティー()への情報共有も含めて素晴らしい対応だと感心しました。

僕には全然こんな観点が無かったです。。。

だけど、保有している物件がエアコン設置の場合は勿論のこと、それ以外(例えば入居者さんによる設置など)の場合であっても、このような情報発信は入居者さんとの間で強い信頼関係を結べると思います。

そう考えると、このようなリコールの場合、どこまでが責任範囲かは別として、部屋をお貸しすることはとても責任あることでもある訳ですよね。

正直、僕は設置物のメーカーや商品名を明確に把握してなかったので、今回の考え方は大きな気付きになりました。

自主管理であっても管理会社任せでも、事故や危険に発展するような情報には、ある程度敏感である必要がありますし、加えてそのような情報を共有できる繋がり(コミュニティー)の重要性も感じました。

プロフィール

楽待新聞&不動産投資Libraryのコラムニストです。
普段、不動産投資家として考えていることや体験談などを掲載しています。
賃貸経営初心者にも分かりやすい内容を心掛けています。

西本 豪をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
老朽化対策
スポンサーリンク
不動産投資ライフ

コメント