実は「回し物件」にされているかも…内見があるのに空室が埋まらないその原因は?

実は「回し物件」にされているかも…内見があるのに空室が埋まらないその原因は?

1不動産業界には「回し物件」と呼ばれる物件があります。回し物件とは営業が入居付けしたい本命の物件をより良く見せるため悪い比較対象として利用される物件の事です。一度回し物件として扱われたら中々入居者の獲得も難しくなってしまうのでそうならないように注意が必要です。

空室対策のその先へ 〜不動産経営成功への4ステップ〜

空室対策のその先へ 〜不動産経営成功への4ステップ〜

不動産経営には様々なリスクなどがありますが最も重要なのは空室対策です。そしてその空室対策の先に満室経営があり、満室を維持することが不動産経営の成功に繋がります。今回は満室の状態を維持するために必要となる様々な対策方法をステップごとにご説明したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告