固定資産税の請求書が届きました

固定資産税の振込請求が届きました。去年購入したおよそ1,400万円の物件(家屋・土地含む)に対して、約5万円です。販売・管理会社が一括で立替納付していたので、販売・管理会社にお支払いする必要があります。
固定資産税は原則、全ての物件が課税対象となります。一方、都市計画税は都市計画法による市街化区域内に建てられた物件が課税対象となります。とは言うものの、関西の中心部として不動産投資として好立地なエリアは基本的に市街化区域なはずなので、基本的には固定資産税、都市計画税共に納税義務が生じます。


koteishisan

固定資産税と都市計画税は、固定資産税評価額を課税標準として計算されます。
固定資産税は課税標準額の1.4%、都市計画税は課税標準額の0.3%です。
また、課税標準額は固定資産税課税台帳に登録されている固定資産税評価額を基準として計算され、一部軽減の特例等が設けられます。
住宅(家屋)の課税標準額については固定資産税と都市計画税で金額の差はありませんが、土地への課税標準額は固定資産税と都市計画税で2倍の差があります。それは土地の課税標準額について、固定資産税では課税標準の1/6であるのに対し、都市計画税では課税標準の1/3であるためです。

固定資産税と都市計画税の標準税率
固定資産税 固定資産税評価額×1.4%
都市計画税 固定資産税評価額×0.3%
小規模住宅用地(土地)の課税標準特例
固定資産税の課税標準 評価額×1/6
都市計画税の課税標準 評価額×1/3

一般的に関西の1Rマンションの場合、固定資産税・都市計画税は6万円~8万円と言われるので、大体こんなモノですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告