株式投資について思うこと

株式投資は安く買って高く売ることで得られる配当所得の獲得を目指す投資です。

そのためにその上でチャート分析やファンダメンタル分析を重ね買い時・売り時を追及するようなイメージです。

株式銘柄を選ぶ基準

ただし僕の周りには「会社四季報や日経を隅々まで読んでも株は勝てない」と言う方も何人かいます。

その方達は本格的な投資家やファンドマネージャと言うよりもそれぞれ独自の方法で株式投資を行い、それでもしっかりと結果を出している方達が多いです。

株価が安い銘柄は不景気でも下がりにくい

不景気になった場合、値段が安い株は値段が高い株に比べ極端には下がりにくいです。

またポイントは同じ投資額(例えば100万円)でそれぞれの株を購入した時、安い株は「切り売り」ができます。一単元の数にもよりますが、購入に必要な最低金額が低ければ株価上昇時、気軽に「とりあえず半分だけ売ろう」と考えることができます。

要するに売買時に大型株より小回りが利くんですね。逆に売買に必要な最低金額が大きければ、例え株価が上がったとしても「もう少し上がるんではないか」と思ってしまい対応が遅れてしまうかもしれません。

また最初は誰でも知っている有名企業に対して投資を始めるかと思いますが、慣れてくれば企業が有名無名であることにこだわる必要はありません。有名企業であれば日経にも良く取り上げられるため、どうしてもその情報が株価に反映されてしまいますが、それ程有名でなければ有名企業程、情報が出回っておらず格安株を探しやすいかもしれませんよね。

株式は金融商品なので、儲けは%で考えるそうです。儲けを金額で考えてしまうと、どうしても博打的な考え方になってしまいます。安い株でも少しずつ儲けを出していければ、いつかは大きな儲けを目指せるはずです。

コントロールしやすい銘柄

毎年、同じ時期に上がり・下がりが繰り返される銘柄は予測しやすいため初心者でも買いやすいです。月足でのリズムが明確な銘柄などが含まれます。

また合わせ技として空売り(信用取引)を利用した低リスクな分散投資も可能です。

この方法を理解すれば対象の企業に対して細かい知識を持っていなくてもある程度低いリスクで株式を購入することができます。

会社四季報や新聞が読めなくても株式投資で儲けられる仕組みとは?
株式投資の基本的な考え方は、安い時に買って高い時に売ることで得られる売買益を獲得することです。そしてもう一つ大切なポイントがあります。それは...

注目されるダイバーシティ経営

株式投資で企業選びをする上で基本となる基準は「資金があり利益が財務状況が健全な企業」だと思います。

新しい分野の企業でも良いですし、最近だとダイバーシティなどが注目されています。

ダイバーシティとは組織を構成する社員の違いの事です。

企業全体、もしくは一つの組織で社員の特徴を「性別」、「世代」、「人種・国籍」のみならず「出身地」、「未既婚」、「職歴」などのように考えて活用する事で競争力を高める狙いです。例えば企業の役員が皆、同世代の生え抜き男性社員ばかりであった場合、同じような価値観しか生まれないですよね。

その中に女性や他企業出身者を入れる事で多用性が生まれ議論の幅が広がると言う考えです。

背景としては少子高齢化による人口減少に伴い今まで以上に多用(女性や外国人など)な人材を取り入れる必要が出てきた事です。労働環境の移り変わりや企業間統合・グローバル化も一つの理由と言えますが、ダイバーシティは企業業績にプラスの影響を与えています。

しかし、その一方で方向性を誤ると多用性がゆえに組織の摩擦を生んでしまうリスクもあり、企業側で多用な人材をいかに上手く受け入れていけるかと言う事が重要です。ただ単に女性や外国人を雇用すると言うだけで簡単に業績が上がる訳にはいかないですもんね。。

ですが、投資家目線で考えてみても、ダイバーシティ経営は中長期的な成長基盤であり企業の

耐久性を示す指標の一つと考えられているようです。個人の多様化を認める事はリスクはあるものの企業に大きな希望をもたらしてくれると思います。実際にその効果は株価などにもしっかり反映されています。

個人投資家が各企業のダイバーシティ経営の状況を知るにはアニュアルレポートやCSRレポートを見ることでその活動が確認出来るので、それを一つの投資判断基準としても面白いかもしれませんね。

 資産を増やすには配当所得が欠かせない

全ての所得には税金が課せられます。

それは株主投資のような配当所得も例外ではありません。

「せっかく株式投資で利益が出たのに所得税も取られてしまうのか」と考えてしまいますが、給与所得や事業所得に比べると配当所得はとても低く設定されているため、利益が資産に直結しやすくなります。

株主優待のカラクリを知れば人生が変わる

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告