駅の乗降人員数をもとに今後の需要を見極めれる?

不動産投資の空室対策として都心への利便性は大切なポイントです。入居者の方がお部屋選びをする際も、駅からの距離は大切な判断基準の一つです。また特急停車駅や乗り換えの利便性が高かったり、複数路線が利用可能なエリアはさらにポイントが高いです。
実際どのエリアが需要を見込めるかの目安としていくつか良い調べ方はあります。例えばRECRUITでは毎年、アンケートによる「住みたい街ランキング」などを発表していたり、不動産会社が公開している需給情報などには入居者が希望する家賃相場や間取りなどをチェックすることもできます。

また鉄道会社なども駅ごとの乗車数などとても有益な情報を提供してくれています。駅ごとの乗車数が分かれば、その地域に対する需要の目安になるでしょう。例えば関西で最も人気が高い沿線の一つである「阪急神戸線」各駅の乗降人員数は以下の通りです。

関西の住みたい街ランキング
2014年版、関西の住みたい街(駅)ランキングが発表されました。 西宮北口と梅田はやはり安定した人気があります。今年は...
全国の住みたい街ランキング!関西1位はやはりあの街!
関西で不動産投資を行う場合は、一般的に人気を集める地域としては「梅田」「難波」もしくは「神戸」などが挙げられる事が多いかもしれません。 ...


阪急神戸線-1日ごとの平均乗降人数(2012年度)
駅名乗降客数順位
梅田駅524,578人1位
中津駅10,723人16位
十三駅73,261人4位
神崎川駅18,869人12位
園田駅34,263人7位
塚口駅52,857人6位
武庫ノ荘駅53,510人5位
西宮北口駅97,187人3位
夙川駅29,874人10位
芦屋川駅17,294人14位
岡本駅32,965人9位
御影駅17,827人13位
六甲駅34,181人8位
王子公園駅21,666人11位
春日野道駅12,170人59位
神戸三宮駅113,367人2位

さらに現状の統計に加え、その地域の「将来性」を予測することも有効な考え方だと思います。
例えば上の表は一昨年の実績なのですが、阪急中津駅が最下位(16位)となっています。ビジネスで利用する人は多いものの特急停車駅に挟まれて、かつ梅田まで徒歩圏内なので…ってこともあるんですかね。だけど今後はうめきたの再開発が進められる中で、近辺でもマンションの建設計画が増えてきていています。近い将来にもう少し順位を上げるかもしれません。
直接、不動産投資とは関係なさそうなデータでも、意外と地域の需要が読み取れる情報はあります。少し視野を広げれば空室リスクに対する考え方も変わるかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告