課税対象額と所得税の計算

不動産投資のセミナーや説明会で税金に関する話になることは意外と多いです。
そんな中で、先日参加させて頂いた日生アドバンズ主催の説明会がとても分かりやすかったです。

所得税は個人の1年間(1/1~12/31)に得た所得に対して課税される税金です。ただし一まとめに「所得」と言っても家族構成や生命保険の加入状況により、所得税の計算対象となる「課税対象額」が変わります。
例えば、年収が400万円の既婚者の方であればこのようになります。

年収が400万円の既婚者の場合
kojo1

上の例では、年収が400万円でも、そこから非課税額を差引いた結果、所得税を課税される課税対象額は152万円になっています。

給与収入の総額 - 各種控除額 = 課税対象額
⇒ 400万円 - (134万円+30万円+38万円+38万円+8万円) = 152万円
…と言うふうになります。半分以下になりました。意外と少ないですね。そしてこの課税対象額をもとに下の表の計算方法に従い所得税を算出することになります。

所得税の速算表

課税総所得金額税率控除額
~195万円以下5%0円
195万円超~330万円以下10%97,500円
330万円超~695万円以下20%427,500円
695万円超~900万円以下23%636,000円
900万円超~1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円超~40%2,796,000円

課税対象額が152万円の場合、「195万円超~330万円以下」となるためこのような計算方法になります。
課税対象額 × 税率 - 控除額 = 所得税
⇒ 152万円 × 10% - 97,500円 = 54.500円

細かい部分は個人ごとに変わるため、かなり概算ではありますが、イメージは掴めると思います。ちなみに僕の収入も同様の水準ですが、社会保険証控除額がもう少し高かったり、逆に結婚していないため配偶者控除が無かったりと一致しない部分も多いです。また上のグラフには含まれていませんが、扶養控除や医療費控除など他にも控除の種類は沢山あります。
※平成25年~49年までの間は復興特別所得税として所得税額の2.1%が追加課税されます。

法改正などにより、税率や計算方法が微妙に変わることもありますが、そこまで難しくは無いので、一度自分の所得税やそのもととなる課税対象額などを計算してみては如何でしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
Facebook
課税対象額と所得税の計算
この記事をお届けした
不動産投資ライフの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告