好みが分かれるアイテム ~ガスコンロ VS IHクッキングヒーター~

住宅の購入やキッチンをリフォーム時に熱源について悩む方が増えてきています。特に新築物件を検討する場合、今まではガスコンロ一択と言う考え方の人も多かったですが、近年IHクッキングヒーターが普及してきており、中には給湯器と併せて「オール電化」を取り入れるケースもあるようです。
それぞれメリットデメリットを簡単に比較するとこのような内容です。

ガスコンロ

メリット
・調理面でIHより優れている(火力・調理器具の種類など)
・初期費用・修理費用がIHより安い
デメリット
・安全性でIHより劣る(家事・ガス漏れの心配)
・IHよりも手入れが大変

IHクッキングヒーター

メリット
・火を使わないので(小さな子供がいても)ガスより安全
・火力調整や自動保温などの機能が充実
※ガスにも消火機能・タイマー機能搭載機種はあるそうです
・シンプルなので手入れが楽、
・未使用時スペースを有効活用できる(1Rのキッチンは結構狭いので助かります)
デメリット
・調理面でガスに劣る(いろいろ賛否はありますが…)
・一部、調理器具が限定される
・初期費用・修理費用がガスコンロより高い
※その他のランニングコストは大きな差はありません

だけど不動産投資の観点として大切なのはどちらが優れているかではなく、どちらが入居者の方のニーズにマッチしているかですよね。だって家を「借りる側」からすれば「オール電化」なんてあまり意識しないはず。。

そんな中で僕の感覚としては…
料理に一定のこだわりを持つ方の場合は、やはりガスコンロの方が安心されることが多いです。勿論、IHでもハイクラスのものであればガスに負けないくらいの調理品質が期待出来るかもしれませんが、単身者を対象としたワンルームマンションであれば、やはり少し不安に感じる方もいるそうです。

また家事に専念している主婦の方なら手入れの容易さはかなり嬉しいですが、たまにしか料理をしない単身者にとっては、それ程頻繁には手入れをしない人もいるかのしれなせんね。

さらに不動産投資を行う中で修理費用(維持費)が高いことは致命的です。物件の品質を保つことは大切ですが、やはり維持費は抑えるべきです。

ワンルームマンションを保有し、主に単身者を対象としている場合、熱源の問題は結構優先度が低いかもしれません。そもそも男性の場合は、積極的に自炊する人も余り多くないかもしれません。
なので僕の最終的な結論としては「正直、どちらもあまり変わらない」なのですが、単身者やDINKSを対象とした場合、ガスコンロが好まれることが多い気がします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告