手付金倍返しとは?

物件を購入する場合、「手付金」が必要になります。
通常、最低でも物件価格の10%を支払いますが、手付金は単なる頭金ではなくその金額には少しだけ意味があり、その後、契約を見直しすることになった場合の基準となります。
物件購入を決めて契約を進める上で、さまざまな都合で「やっぱり購入を止めたい」と思った場合、解約をすることになりますよね。多くの場合、買い手側の自己都合で契約をキャンセルするため、「手付け放棄」となり支払った手付金は返ってきません。ここまではなんとなく予想出来ますよね。

一方、売り手側の都合で「申し訳ないですが、解約させて下さい。。」ってことも時々あります。「なんて失礼な話だ!」と思うかもしれませんが、その場合は「手付金倍返し」となり、預かっている手付金を返還し、さらに同額の支払いを行われます。要するに支払ったお金が倍になって返ってくることになります。

では何故、売り手側が「解約させて欲しい」と言出だすかと言えば「買い手側の返済能力や経済力に問題が見つかる」と言うこともあるかもしれませんが、一番の理由としては、対象の物件をもっと高値で購入してくれるお客さんが見つかったり、もう少し時間が経てば物件価格自体が高騰し高値で物件を販売出来ると判断した場合です。

最初の買い手の方との信頼が壊れるかもしれないし、手付金を2倍にして返還しないといけないにも関わらず、それ以上の利益が考えられる時は、そのような話しもあるそうです。
確かに今の時期は不動産価格も短い期間で大きく値段が変わることもあるから仕方ないと言えば………いや、けどやっぱり失礼に気もします。

このような話を聞くと、途中で契約が白紙になれば損失を受けるのは買い手側ですよね。その期間で別の物件を探していたら購入出来ていたかもしれません。
なのでそれを防ぐ一つの方法としては最初に支払う手付金を少し多めに設定することです。多めに支払えば売り手側もその倍額を支払わないといけないですからね。
それに当然ですが手付金は物件購入の頭金として売買代金の一部として割り当てられます。無理をする必要はありませんが逆に考えれば…手付金を5万円や10万円しか支払わなかった場合、このようなリスクは増えると言う訳です。

販売会社の中には「頭金0円でも購入可能!」と謳うところもありますが、最低限の手付金は検討した方が良いかもしれませんね。
※頭金0円でも基本的に手付金は必要となりますし、その他販売手数料などが掛かることが多いはずです。

手付け金の放棄や倍返しのルールは販売会社ごとに異なったり、買い手との間で特約や例外がある場合もあり全てが上記に当てはまる訳ではありません。またそれぞれにそれが有効な手付解除期間などがありますので、契約書を確認する時、販売会社の営業さんに聞いてみても良いかもしれません。

契約の数だけ顧客(買い手)がいるので、若干ケース・バイ・ケースな部分もありますが、覚えておいて損は無いですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告