時間と金利を見方につければ専門知識が少なくても資産運用ができます

30代~40代くらいの若い世代の方にとって、資産運用における最大の武器は「時間」と良く言われます。そして僕もそう強く思います。
貯金や投資信託などで長期の運用をする時、運用する期間(時間)と金利(または利回り)により成果が大きく変わります。

その金利も「単利」と「複利」という2種類の計算方法に分かれていて期間が長くなればなる程その差は広がります。結論から言うと長期の運用を行う場合「複利」の方がよりお金が溜まります。

単利はずっと同じ元本で利回りを計算します。例えば100万円を5%の利回りで1年後も2年後も元本の100万円に対して5%の利回りが適応されます。
一方、複利は利息を元本にプラスしてその合計に対して利回りを計算します。先ほどの例では2年目は100万円+利回り分の5万円を合計した105万円に対して利回り計算が行われるため、より高い運用効果を期待出来ます。簡単に言うと雪だるま式に利息が元本に加えられていくようなイメージです。

この「単利」と「複利」の違いは長期間になれば本当に本当に大きな差になります。

 単利(円)複利(円)差額(円)
初年度1,000,0001,000,0000
1年後1,050,0001,050,0000
2年後1,100,0001,102,5002,500
3年後1,150,0001,157,6257,625
4年後1,200,0001,215,50615,506
5年後1,250,0001,276,28226,282
10年後1,500,0001,628,895128,895
20年後2,000,0002,653,298653,298
30年後2,500,0004,321,9421,821,942

このような金利計算サイトもインターネットで無料のモノが見つかると思うので試してみても良いと思います。

上の例の場合、最初はほとんど差はありませんが10年経つ頃には双方で10万円以上の差が出てきており、なんと30年後には200万円近くの差が出てしまっています。
まぁ、そもそも今のほとんど金利がゼロの時代に、5%の利回りって言う金融商品はとても優秀でそう簡単には見つかるかと言うと…それはまた別の問題ですが。。。
資産運用にしても住宅ローンなどにしても「金利」と言う言葉を聞くと難しいイメージを持ち勝ちですよね。僕もですよw。。
ただこの単利と複利の違いくらいなら、それ程難しい知識は無い割にはその違いは驚異的ですよね。もし機会があれば今の自分の資産運用がどうなっているのか、また可能であれば一度見直しを検討するのも長期的に考えると有効だと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告